反応

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲9年(2015年)
02月02日 22:32
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
この描出は「素描」です。
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

デライト宣伝再開をしたところで,まともに集客出来るとは限らないわけだが,その点で少し希望になっているのは,デライトの初期反応の良さ。そもそも効果が無ければ宣伝停止していない。ちょっとまずいな,と思うくらい食いつきが良かった。

=}{*}

=}{*}

今日は雑務でもう時間が取れそうにないが,明日は K#9-D657 さんに頂いたご要望や K#9-EDD2 さんの不具合報告対応したい。反応を貰って一番有り難いのは,やはり優先順位が見えてくること。自分だけの思い込みに気付くというか。

=}{*}

……とはいえ,デライトはそもそも「予想以上に良い反応品質が追いついていない」という理由宣伝停止している状態なので,意外とあっさり受け入れられるかもしれないし,御託を並べる前にさっさと品質改善しろという話ではある。

=}{*}

でも,こんなこっそりやっている奇天烈アカウントにもちょくちょく反応があるのは嬉しい。みなさん,ありがとうございます。

=}{*}

昔から翻訳語造りに取り組んでいるが,いまいちピンと来てもらえてないなと感じていて,これが典型的な反応だと思う。「あ」と「あい」を並べても大差ないように感じる。理論上半分。何度読み書きし,類例がどれだけあるかまで考えないと分からないチリツモ問題。これを「不可感差」と呼んでいる。

https://twitter.com/angel_p_57/status/1278902164472033280

=}{*}

たぶん,私は世界でも有数奇妙な生き方をしている人間なのだが,ここまで来ると,「こんなやばい奴がいるよ〜」とかネタにして笑うことも出来ない。RT しては取り消されるとか,微妙な反応の数々からリアル恐怖が伝わってくる。

=}{*}

デライト宣伝中止したのは,想像以上に最初の反応が良かったのと,その反応に耐えられる品質に達していなかったことが大きい。デライトはウケるサービスではあるのだと思う。

=}{*}

『100日後に死ぬワニ』への反応でも,日本社会GAFAM 的なものを生み出さない理由がよく分かるな……。とにかく,誰かが一人で「得をする」感じが大嫌いなんだよな……。みんなで苦労したい日本人。どうしたものか。

=}{*}

=}{*}

膨大な希哲館訳語を収録した『希哲辞典』ではあるが,正直言うと,これでどういう反応を得られるのか,まったく予測が付かない。12年以上翻訳語の蓄積を続けてきて,この手のサイトを作らなかった理由は簡単な話で「反響が無いから」だった。これは希哲館訳語に限らず,翻訳語系のサイトは一般に人気が無く,10年以上前にあった似た趣旨のサイトは全て廃れた。

=}{*}

なぜ翻訳語作家が難しいのかといえば,私の過去の希哲館訳語系の投稿を見れば分かるだろう。これだけ日本文化にとって重要で,知的価値の疑いようのない仕事であるにもかかわらず,反応限定的なものでしかない。こんなことをこれから何十年でも続けようと思える日本人は,絶滅危惧種並みに稀少なのである。精神性の問題。

=}{*}
出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha