SNS

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲7年(2013年)
07月08日 16:13
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
この描出は「素描」です。

広告

一覧

=}{*}

結局,SNS の問題って情報蓄積に向いていない,というところにあって,そうなると情報発信の主たる引煽インセンティブ)が「いかに瞬間的に注目されるか」になってしまう。

=}{*}

=}{*}

SNS が普及する前は「いかにもっと高度な情報蓄積を可能にするか」という問題意識があった気がするのだが,SNS の爆風でほとんど吹き飛んだ感がある。昔のネット用語でいう「脊髄反射」にあらゆるネットサービスが特化しはじめた。

=}{*}

=}{*}

これに SNS が絡んで地獄絵図に,というのが世界の現状なのだろうな……。

=}{*}

国家元首SNS で特定国民ブロックしていいのか,という議論が高まっているので,今日の一日一文は「民営化する政府」かな。

=}{*}

でも,結局 SNS ってバーチャルな世界で,嫌な人間をリムーブブロックしたところでその人が消えるわけではない。結局どこかで争うことになる。

=}{*}

中立」を意識した文章なんか書いてもほとんど読まれないのは,やはり SNS のせいなんだろうな。100%自分好みの言説だけに浸っていられる媒体があるのに,そこから出ようとする人は少ない。

=}{*}

SNS の外で希望を持ち続けるというのは大変なことだ。私も,ここまでデルン開発が順調でなかったら降伏していたかもしれない。

=}{*}

ともに「情報蓄積」を重視するブリキデルンは,ちょうど SNS 普及期を挟んで登場している。その点でデルンは有利だと思う。ちょうど多くの人がネット情報発信することに慣れて,SNS に物足りなさや構造的な問題を感じ始めている頃。

=}{*}

デルンSNS に対する一つの明確な優位性は,情報密度にある。個々の情報を縦横無尽に結び付けることが出来る。これは世界初の意味符号化方式である知番(knumber)が可能にしていることで,今のところ希哲社専売特許

=}{*}

デルン個人の情報発信媒体としては SNS の陰に隠れるようになってしまったウィキブログに代わって CMS新形態を提示出来るか,という戦いだな。

=}{*}

私がなぜ SNS に依存せず,独自の技術と立場で情報発信をしているのかといえば,SNS の構造上,一定以上の複雑さを持った情報を共有したり,クラスタの垣根を越えた交流が難しいから。SNS での発信力を追求すると,どうしても特定の層向けに,単純化した言説を発信することになってしまう。これが社会分断の原因になっている。そこからの脱却が必要。

=}{*}

希哲館事業に私がここまで自信を持っている理由の核心的な部分が,意外に伝わっていなかったことは反省する必要があるな。SNS から KNS(knowledge networking service)へ,という理論的技術的基礎を持っていることが,今後の世界秩序の形成を主導する鍵になる,ということは少なくとも理屈では完璧に説明できること。

=}{*}

というより,バランスの取れた言説なんてものが求められなくなったのかもしれない。SNS を使っていると,自分好みの言説に浸っていればいい気がしてしまうから。

=}{*}

SNSKNS の最大の違いは,関心の広さの違いかもしれない。SNS では,どうしても関心を狭くしないと「仲間」に受け入れてもらえないが,KNS ではいかに関心を広げて,世界のあらゆることを把握するか,ということに価値が生まれる。

=}{*}

もう一つ最近気付いたのは,私のように SNS の外に活動拠点を置いている「ネット民」は,もはや宇宙人みたいな存在なんだな,ということ。「SNS 外知的生命体」みたいな。

=}{*}

見ての通り,私には基本的に月庭デルン)があるので,例えば Mastodon 捌き(サーバー)が潰れようと大した問題ではないし,SNS ウケを狙わなくても月庭に情報を蓄積出来て月庭に握接(アクセス)が集まっていれば良い,という考え方が出来る。私にとってはずっとこれが日常だったのだが,実は凄く大きなことなのだと最近気付いた。

=}{*}

=}{*}

とはいっても,SNS から距離を取る,というのは簡単な話ではない。私のようにポスト SNS 的な構想を持って独自技術で対抗出来る人間が世界にどれだけいるか。多く見積もっても3桁いかないだろう。

=}{*}

SNS閉鎖性社会にもたらす弊害を予測出来なかったのだとしたら,少なくともこれからの哲学政治を語る資格はないな。

=}{*}

SNS における「好きな情報源を選べる」利点と弊害の問題。本当は政治家が取り組まなければならないような重大な社会問題なのだが,その政治家が SNS を利用している時代なので……。

=}{*}

こういう,「理性よりも感情に訴える言説」が優位になってしまう仕組みを変えないといけない,というのが KNS(knowledge networking service )の問題意識だ。

=}{*}

「自分の心地良い世界を作れる」って,少数派が自分の居場所を見つける,とかなら素晴らしいことのように聞こえるが,その規模が大きくなっていくと結構こわいことだよな。そこで「知る義務」なのかもしれない。

=}{*}

今日の一日一文は,「SNS こわっ」と最近よく感じることについて書く予定でおります。

=}{*}

そういや,私はデルンの実用化に成功した7年前から基本的にはデルン上で活動していて,SNSリアルタイム検索などで傍観してきたのだが,SNS 上の対立が異様に見える理由って,たぶんこのせいなんだな。「クラスタ」の中から世界を見ていると,どうしても自分に都合の良い情報しか見えなくなる。

=}{*}

今の世界ではインターネット政治にも多大な影響を与えるわけだが,SNS では知性理性より感情が先立ってしまうので,このままでは衆愚政治の蔓延は避けられない。そこでインターネットに知性を,という課題がある。

=}{*}

SNS喧騒にかき消されない集積地ネット上に築き上げ,反知性主義から人類知を守護すること。それが希哲館の使命であり,デルンが可能にすることだ。

=}{*}

これが SNS から KNS(knowledge networking service)へ,という言葉の意味であり,多少の想像力があればインターネット文化を変え,社会を変える可能性を感じられるだろう。

=}{*}

顕示欲駆動SNS から,知識欲駆動KNS(knowledge networking service)への転換を果す。これは希哲館公約だ。

=}{*}

デルンには,SNS 的な「目立つ言動をすれば目立てる」交鳴(コミュニケーション)ではなく「よく考えた者が目立つ」交鳴の可能性を感じる。そしてこれは今後のインターネット文化において決定的な意味を持つ。

=}{*}

それはたぶん,「人脈作り」みたいなことをほぼしなかったのも大きいと思う。私はとにかく表面的な人間関係が嫌いなので,人と薄っぺらい付き合い方をしない。それは SNS みたいなところでも一緒で,表面的なフォロワーに興味がないので表面的な人気取りもしないし,ここまで曝け出した自分を見てくれている人のことはある程度信頼出来る。

=}{*}

希哲社ネットサービス構想は全体として「KNWS」(ヌース,knowledge networking service)と呼んできた。これは「SNS」(センス)に対するヌース(知性)という洒落でもあったのだが,多くの人には説明しても分かりにくいと思うので「KNS」に戻すことにした。デライト軽常(カジュアル)性を意識するようになってこういう部分も変わりつつある。

=}{*}

SNS の良いところは,感情を共有出来るところだ。それがそのまま悪いところにもなる。善意も悪意も拡がる。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha