「客体指向」

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲8年(2014年)
01月02日 01:48
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

「object-oriented」に対する宇田川の訳語。

この描出は「素描」です。
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

一覧

=}{*}

単体の項目だけで面白い希哲館訳語と,組み合わせに意味がある希哲館訳語がある。例えば,オブジェクト指向を「客体指向」,クラスを「類型」,プロトタイプを「原型」,インスタンスを「個体」などとしているが,これらは全て既存の言葉を使った翻訳語で,組み合わせの妙に価値がある。

=}{*}

ちなみにこれは造語性のある希哲館訳語に限った数。「省割」(ショートカット)とか「道手」(メソッド)のように面白いのだけが希哲館訳語ではない。例えばオブジェクト指向を「客体指向」と訳すとか,一見地味なものはさらに無数にある。

=}{*}

類型クラス)の道手メソッド)は,「道手でなければならないもの」と「道手の組み合せの省割ショートカット)に過ぎないもの」があって,それを区別することで類型の見通しをよくし,機能拡張しやすくしよう,というのが C++客体(オブジェクト)指向という理解

=}{*}

C++客体(オブジェクト)指向は,類型クラス)にとって本質的な機能のみを道手メソッド)として実装し,類型に対する便宜上の機能は補助函数拡張していく,というものだと思うのだが,C++ 以外の客体指向に不慣れ過ぎて似たようなことを他の言語でどう実現しているのか分からない。

=}{*}

=}{*}

これは昔も同じことを言った記憶があるのだが,我々が客体(オブジェクト)指向を上手く説明出来ないのは,客体指向の全体像を掴めるほど客体指向から離れていないからなのだと思う。次のパラダイムに移行して振り返ってみた時,初めて客体指向ってああいうものだったよね,と語れるようになるのだろう。

=}{*}

客体(オブジェクト)指向がなぜ有効なのか,上手い説明は見聞きしたことがないし,自分でも上手く言語化出来ずにいる。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha