スコープ解決演算子

描主宇田川浩行K#F85E
上描き希哲7年(2013年)
10月11日 16:44
下描き希哲7年(2013年)
10月11日 16:41
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

「::」のこと。


::test_var;

とするとグローバル スコープにおける test_var を明示することが出来る。

この描出は「素描」です。

一覧

=}{*}

この手の言語の問題として,スコープ解決演算子が無いので,グローバルに(Emacs Lisp の場合は無接頭子で)あれこれ追加するのは避けたい。局所変数などで簡単な名前を使うと,グローバルにある同名客体(オブジェクト)の参照手段が無くなる。μSνS ではこれを ae 客体とその略記法 @(シールド)で解決している。Emacs Lisp ではどうするべきかという問題があった。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha