仕事

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲9年(2015年)
02月24日 00:06
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
この描出は「素描」です。
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

小さく始めて大きく育てる,とはよく言うが,小さく始められる仕事成長性にも低い限界があることが殆ど。例えば,アルバイトで月10万円を稼ぐのは誰にでもすぐ出来るが,それが1億円にはならない。ブログで月10万円稼ぐのはそう難しいことではないが,1円の利益も出せず消えるサービスは五万とある。

=}{*}

単純な話,情技(IT)起業以上に稼げる仕事は無いと思う。だから,そんなにが欲しいなら起業すれば,と思う。成功すれば YouTuber の数百倍は稼げるんじゃ。

=}{*}

京アニ放火事件とか台風15号の頃にも思ったのだが,被災(害)者やその関係者ではない人が災害関連の情報に接し過ぎるのもあまり良くない。繊細な人ほど気分が暗くなるし,その憂鬱日本にとっての損害になる。忘れるのではなく,被災者の為にも元気仕事をして寄付なりした方がいい。

=}{*}

簡単に言ってしまえば,何らかの個人知識管理サービスを使って,これまでの人類には不可能だった仕事を成し遂げることが出来れば,それは間接知能増幅実現したと言える。

=}{*}

SNS で物事が単純化される理由の一つには,「みんな疲れている」というのがあると思う。毎日,くたくたになって仕事から帰ってきて,新しいものや重いものなんて見ていられない。結局「いつもの軽いもの」が良い,ということになってしまう。

=}{*}

さっきも書いたように,日本人は変わったことを一番にやるのは苦手で,外国人が乱暴に切り開いた道を丁寧に舗装していくような仕事得意。ただ,情技(IT)の世界ではそれだと二流から抜け出せない。いま人工知能仮想通貨と言っている時点でちょっと筋悪。

=}{*}

日本の情技(IT)企業は良くも悪くも泥臭いのが特徴かもしれない。アイデア一つで突き抜けるようなものは乏しいが,仕事を選ばないし粘り強い

=}{*}

あえて最近話題の言葉を借りて言ってしまえば,「民度」の高い国民は全体として情技(IT)に向いていない。情技ほど野蛮仕事もないし,野獣の方が有利な世界だ。別に私も品の良い人間ではないし。

=}{*}

デライト開発がいかに恵まれた仕事か,胸に刻まないと駄目だな……。

=}{*}

全て自分で製品基礎研究企画設計実装運用まで出来て,論組(プログラミング)言語応司(OS)から何から自製,それも GAFAM 越えを狙える分野で,なんて仕事は世界を見回しても希哲社にしかなかった……のだが,門外漢には伝えようもなく,という人生を送っています。

=}{*}

でも,他のサービスを見ていると,当たり前だがみんな頑張っているので自分ももっと頑張らなければ,という気になる。他人の仕事を見るって大事なことだな。

=}{*}

SNS では好きなものしか見ないようにするのが精神衛生的には一番なのだが,そこで仕事だの情報収集だの義務的な使い方をするとどうしても胸糞悪い情報にも触れるし,さらに政治が絡んでくると狂ってくる。やはり SNS の上の仕組みが必要なんだろうな。

=}{*}

情技(IT)の仕事を始めようとした時,まずカタカナ英語問題視したのもこういう性格から来ていて,つまりこの「言語潔癖症」が希哲館訳語原点でもあったような気がする。

=}{*}

いま思うと,「希哲館」って無茶苦茶な命名だったな……。もう命名は私の仕事の一つになっているが,これが最初にして最大の命名だ。

=}{*}

昔から私はこの「理解者」というのに非常に強い警戒感を抱いてきた。希哲館事業のような人知を越えた仕事とそれをやっている人間のことなんて,ちょっと話を聞いて理解出来るわけもないし,理解したつもりでいるとしたら,それはほぼ誤解だ。

=}{*}

で,こうやって倦怠感仕事が進まなくなり,やがて本当の窮地がやってきてまたやる気になる。基本的に私の人生はこれの繰り返し

=}{*}

しかし,もう一つ希哲館訳語を振り返ってみて痛感するのが,日本語改良するものでありながら,これほど日本人離れした仕事もないな,ということ。膨大な翻訳語を一人で勝手に創り,勝手に使い続けることが出来る日本人というのは,少なくとも私が知っている日本人像からはかけ離れている。だからこそ続ける意義がある。

=}{*}

何をするにも他人の顔色をうかがってしまうような性格だと,こういう仕事はまず出来ない。がやめろと言ってもやる,という私のような人間がまともかどうかはともかく。

=}{*}

なぜ翻訳語作家が難しいのかといえば,私の過去の希哲館訳語系の投稿を見れば分かるだろう。これだけ日本文化にとって重要で,知的価値の疑いようのない仕事であるにもかかわらず,反応限定的なものでしかない。こんなことをこれから何十年でも続けようと思える日本人は,絶滅危惧種並みに稀少なのである。精神性の問題。

=}{*}

=}{*}

最近よくいう「技術的負債」も,一人歩きとは言われているが,柔品(ソフトウェア)開発というものがいかに繊細仕事かあまりにも理解されていないので,一人歩きしているくらいが丁度いいのかもしれない。漠然とでもまずは危機感を持て,という意味で。

=}{*}

計画通りに行くことを期待してはいけないのだが,人間,目標を立てて追い込まれなければ仕事をしないので,計画は立てざるをえない。そこに辛さがある。

=}{*}

楽しい仕事,というのは無くはないが,大した仕事ではない。

=}{*}

さえ注ぎ込めば良い柔品ソフトウェア)が出来るなら,大企業プロジェクト成功しているはずなので,一人で普通に働いて稼げる程度の優位に立つことは出来ない。時間だけがあなたの仕事差別化するのだ。

=}{*}

実は,今日は午前中前縁フロントエンド)の整理を一段落させて,夕方までに後縁バックエンド)と擦り合せして,後は細部を整えて今頃はデライト再公開,というのが理想だったのだが,まで眠気疲労感でまともに仕事が進まなかった。自分の体力を見誤った。

=}{*}

日本の情技(IT)産業を救い,世界の頂点を目指そうという仕事なのだからそりゃそうなんだが……そうなんだが……もうちょっとな……。

=}{*}

といっても,使う言語を選べる立場で仕事出来る人間なんてほとんどいないからな……。

=}{*}

くどいようだが,仕事が順調であるということ以上に精神を安定させるものはない。

=}{*}

仕事が順調であるということは精神衛生上とても大切なことなんだなと思う。売れない芸能人がおかしな犯罪に手を出したりする気持ちも全く分からないではない。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha