アウトライナー

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲7年(2013年)
07月03日 15:13
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
この描出は「素描」です。
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

Roam Research を触ってみてもう一つ感じたのは,やっぱりアウトライナーウィキキメラ的に共存させたような司組システム)なので,単純に保守性は低そう。それは遅い一因かもしれない。そこでデライトのような最小高機能主義必要

=}{*}

アウトライナー階層構造の限界を越える手段の一つが Scrapbox なのだと思う。確かに,情報ネットワーク構造をよく活かせるように設計されているが,意識的に情報整理することには向いていない。実際,アウトライナー併用しているという人が散見される。

=}{*}

今回の調査では,最初に WorkFlowy,次に Dynalist を試した。いわゆるアウトライナーだ。存在は把握していたが,内容は察しがついたので触っていなかった。実際,想像の域は出ていなかった。というのも,私は Org-Mode 等を使い込んでいた時期があり,アウトライナーの利点欠点は知り尽くしていた。

=}{*}

昔はアウトライン プロセッサーとかアイデア プロセッサーとかいまいち呼称も一定せず野暮ったかったのだが,ここ数年でようやく普通に「アウトライナー」という表現が通じるようになってきた感覚がある。これも認知度を反映しているんだろうな。

=}{*}

デルンデライトを「アウトライナー」として見ると,「輪郭」という概念を独立した情報単位として扱っているのが際立ってくるというか,もはや変態的とすら感じるな。

=}{*}

デライトの「はじめに」ページ,一見さんに読ませるにはちょっと重いので,簡潔な導入部と解説部に分けて,アウトライナーマインドマップとの違い,ザナドゥ計画WinFS の失敗を踏まえていることまで盛り込もうとしているのだが,自分で笑えてくるな。ここまで軽常カジュアル)な侍いサービス)にはまず書かれない内容。

=}{*}

アウトライナーとかマインドマップ関係で検索してみると,「自分の知識整理するために十分な道具が無い」と感じている人は少なからず存在することが分かる。彼らにデライト認知してもらうために何が必要か,ということ。

=}{*}

アウトライナーマインドマップの限界は,実質的に木構造であったこと。人間の記憶画表(グラフ)構造でなければ十分に表現出来ないので,一面的にしか扱えなかった。これを可能にしたのが輪郭画表を扱えるデルン

=}{*}

頭の中をアウトライナーのように編集出来たら良いのに,というが実現してしまっている。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha