重要

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲8年(2014年)
07月07日 16:00
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
この描出は「素描」です。
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

アイコン制作1px単位で調整を続ける作業なのでやたら時間かかるなと思うけど,単に見た目綺麗になるとか直感性向上するということ以上に,用者体験UX)を共通化するということがデライトにとって重要な気がする。ただでさえ難解なのに共通言語が無いというのは問題だった。説明もしやすくなる。

=}{*}

いま,ほとんど全ての政治家言論人保守リベラルか,あるいは日和見という立場不毛政治論争を続けてしまっている。希哲館明快に全く新しい場所を目指しているので,政治的表明を恐れる必要がない。これはデライトにとって重要なことでもある。

=}{*}

これは,知能増幅(IA)技術がなぜ重要なのか,ということに負けず劣らず伝えるのが難しい問題。

=}{*}

セレンディピティという言葉が流行ったが,発見というのはしばしば「思いもよらぬこと」なので,「その時は重要だと思った」情報だけが残されていくだけでは知的蓄積にとって十分ではない。だからツイストのような手法が重要になってくる。

=}{*}

SNS政治にも不可欠なものになっているわけで,SNS を変えるということが世界に与える印迫インパクト)は計り知れない。そういう意味では,アメリカの大統領選挙よりも,KNS の方が今後の世界情勢にとって重要かもしれない。

=}{*}

平成バブル崩壊という現象の本当の問題は,工業化の次,脱工業化を見据えた産業政策が不十分だったことにある。バブルというのは,弾けること自体より弾けた後に何が残るかが重要。極端な話,得るものがあればどんどん膨らませて弾けさせればいい。

=}{*}

情報遠近感がなぜ重要なのかといえば,というのは動物にとって生存有利なように行動最適化するものだから。それも可能な限り省力化して。要は,優先順位を付ける必要がある。

=}{*}

Roam Research も表面上はウィキのようにページ名輪結リンク)を張るのだが,実は各ページが名前から独立した識別子を持っていて,実際にはこの識別子が埋め込まれている。なのでページ名を変更しても輪結は切れないし,「参照意図」が保存されている。これは個人知識管理において極めて重要な点。

=}{*}

まだ書きかけなのだが,デライトにおける「輪郭」や「引き入れ」について少し説明。なぜ個人知識管理(PKM)において輪括リンクルージョン)が重要なのか。Roam Research にも通じる話。

https://kitetu.com/KNo.F85E/A-5B28-4CEB

=}{*}

SNS って,趣味の範疇を越えると本当に精神衛生的に良くないんだよな……。SNS 断ちって重要なことだったんだな。

=}{*}

さっきも言ったが,新しい翻訳語普及させる上で質の高い「語釈」というのは本当に重要だと思う。同じ言葉でも説明のされ方によって全く印象が変わってくる。

=}{*}

その淡い嫉妬心というか,「なんか嫌な感じ」を掴むことって,日本社会で何かをする時には非常に重要で,ここに鈍感だとまず茨の道を歩むことになる。正直,私も自分があまり日本人に好まれる性格ではないことくらいは自覚している。ただ,希哲館事業みたいなことってそうでなければ出来ないものでもあって,という。

=}{*}

=}{*}

説明したいものごとの本質的難度よりも分かりやすくすることは出来ないので,そのものごとの「ありのままの難しさ」に余計な難しさを追加しないことが重要

=}{*}

翻訳語献典コンテンツ)として注目されていないということは,今やればやるだけ先行者利益を得られるということでもある。そもそも,今の日本語において翻訳語重要でないわけはないので,それに多くの人がいつ気付くかというだけの問題なのだ。

=}{*}

なんで大事なことを,日本人日本語で語れないのだ。この疑問大事にしたい。これ以上素朴なことはなく,これ以上重要なこともないこの問いに,我々は正対しなくてはならない。

=}{*}

もう一つ,仮名だけでなく漢字と併用する日本語ってやっぱり初期の遊画ビデオゲーム)にとっては重要だったんだろうなと最近思う。振り返ると,漢字駒手コマンド)とか演出の一部に使う作品も多かったし,あれはあれでいちいちアイコンを考えるより合理的だったんだろうなとか。

=}{*}

何より,使ってて楽しい,ということほどこの手のサービスにとって重要なことはない。

=}{*}

しかし,希哲館訳語が無ければデライト開発もここまで順調には行かなかっただろうな,と思うと,やっぱり言語は「知の血」だ。母語の力を最大限に活かして考え書く,ということがいかに重要なことか。

=}{*}

ちなみに,デライトでは「法律違反以外は何でも良し」という規約で行こうと思っている。結局のところ,仕組み解決出来ない問題はどうしようもない。社会的に有害なことは「書かせない」のではなく,「書く意味がない」仕組みにしていくことが重要

=}{*}

デライト最大の長所は,どんなに雑多情報があっても重要情報が埋もれない,というところ。不要な情報はあえて削除しなくても勝手に沈んでいく。思いつくままに描くのが良い。

=}{*}

デライトは登録せず匿名掲示板的に使える機能も想定していたのだが,実現はもう少し先になると思っていた。後縁バックエンド)の整理で意外に早く実現出来そうなのと,匿名性以上に試してもらいやすいということが重要なので公開を急ぐ。

=}{*}

なぜ翻訳語作家が難しいのかといえば,私の過去の希哲館訳語系の投稿を見れば分かるだろう。これだけ日本文化にとって重要で,知的価値の疑いようのない仕事であるにもかかわらず,反応限定的なものでしかない。こんなことをこれから何十年でも続けようと思える日本人は,絶滅危惧種並みに稀少なのである。精神性の問題。

=}{*}

=}{*}

論組プログラミング)において,こういう報酬としての成功体験を積み重ねていくことって本当に重要だと思う。じゃないと眩暈のするような複雑性に立ち向かう気になれない。

=}{}

もう一つこの理腑リファクタリング)で再確認したことは,ウェブ相振りアプリ)でも言語性能最適化重要だということ。出場DB)ばかりに注目していると,意外と相振り側にゴミが溜まってたりする。

=}{*}

スコレーって,重要な概念であることは分かっていたが,昔からいまいちしっくりくる説明を聞いたことが無かった。さえあれば文化が発展するのか,といえばそうではないだろうし。

=}{*}
出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha