カタカナ英語

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲8年(2014年)
06月27日 22:46
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
この描出は「素描」です。

広告

一覧

=}{*}

カタカナ英語を一つ訳すたびに,これまで日本人がいかに自分たちの言葉で語ってこなかったかを痛感する。

=}{*}

日本人カタカナ英語に頼ってしまうのは,それが無難だからだ。翻訳語を使うことで賛否が分かれることを避けたい。気持ちは分からなくもないが,問題の先送りに過ぎないし,日本語の発展にとって良いことでもない。誰かが流れを変える必要がある。

=}{*}

まあ,「割り当て子」という訳語も微妙だが,それでも「アロケーター」というカタカナ英語に頼りっぱなしの思考停止よりは好感が持てる。これも彼らに言わせれば「訳してもすぐ陳腐になるから無駄」なのだろうか。多分,何十年と使われている概念だと思うのだが。

=}{*}

=}{*}

私はよくカタカナ英語を批判しているが,見ての通りあくまでも日本語で表現することに拘っているし,英語で何かを書きたいとも思っていない。希哲館訳語が使える日本語が一番記述性が高いと思っている。

=}{*}

カタカナ英語にしても何にしても,現状,日本の情技(IT)業界人が触れている言語は全体として冗長かつ一貫性が無い。これはかなりの足枷になっていると思う。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha