情報

描主宇田川浩行K#F85E
上描き希哲6年(2012年)
11月17日 17:01
下描き希哲6年(2012年)
08月25日 00:05
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

情報」(じょうほう)は森鴎外の訳語という説が有名だが,それ以前にも軍事用語として用例が見られる。「敵情(状)の報知」の意で「情報」や「状報」が用いられ,後に「情報」になっていく。

それから鴎外の用法を経て,戦後,information の訳語に充てられた。情報の情は情況(状況)の情である。information は inform(形を与える,知らせる)の派生語である。

情報は知識と区別される。

情報は一種の感覚であり,情報技術は感覚器ともいえる。良い情報を持っているという事は,目がよく見える事や耳がよく聞こえる事に似ている。良い情報は判断や知識の良い材料になる。つまり,知識は主体の一部,情報は客体の一面である。

「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

一覧

=}{*}

旧鳴体オールドメディア)の時代は終わり,大衆感情のままに低質情報拡散する SNS中心としたネット限界も見えた。大衆が知力増幅させる KNS(knowledge networking service)を確立出来るかどうか。デライト成否世界は全く違うものになるだろう。

=}{*}

そのお気持ちだけで十分ありがたいです。

広告は今のところクリック報酬型なので,クリックしてはじめて収益発生します。

ただ,広告収入はどれくらいの人が見るとこのくらいのクリック率で……という感じでマクロに見ているので,個々の利用者にこうしてほしい,ということは特にありません。当然,広告防封(ブロック)も計算の内なので,大きな声で推奨は出来ませんが,特に禁止もしていません。あまり意識せず,情報の一つとして受け取って頂きたいです。

こうしてデライトを使って頂いているだけでも,開発役立つ発見が多々あり,献典コンテンツ増強にもなっているので,むしろこちらがもっと役に立つサービスにしてお返ししたいと思っているくらいです。

昔から「調和型広告」という言葉を使ったりしていますが,デライトでは出来るだけ自然邪魔にならない広告を目指しているので,操作の邪魔になるとか見にくいということがあったら是非お知らせ下さい。

=}{*}

=}{*}

知番はとにかく何にでも使える。例えば私は,周辺機器などにテプラ知番を貼り,デライト上で情報を管理していたりする。素交ソースコード)の込め言コメント)に知番だけ書いておいて,デライト上で管理なんてことも。

=}{*}

ちなみに,これだけ熱狂をもって迎えられている Roam Research も,1ヶ月程前に6万人(登録待ち?)という情報があったので,恐らくまだ十数万人くらいの規模ではないかと推測。これはコア中心なのと登録敷居が高いからか。

=}{*}

昨日考えた暗証語パスワード)忘れ対策についてまとめていて思ったが,メールアドレス等の秘密情報によらず,例えば他の SNS アカウントとの関連性等が証明出来る情報が残っていれば個別に再発行する,ということは出来るかもしれない。自己紹介文Twitter アカウントでも書いておくとか。

=}{*}

デライトには「他人の輪郭の中に自分の輪郭を入れることが出来ない」という制約がありました。引き入れ操作自体の情報保存していないため混乱する可能性があったからですが,これも早ければ今日中に撤廃します。分からなければ NULL でいいやという気分になってきたので。

=}{*}

当時,「これからはキュレーション時代だ!」と「IT ジャーナリスト」などが喧伝していた中,個人が「情報庭園」を造り,ガーデニングをするように情報を育てていく時代が来る,と一人で訴えていた記憶……少年よ,お前は間違ってないぞ。でもな,早過ぎたんだ……。

=}{*}

京アニ放火事件とか台風15号の頃にも思ったのだが,被災(害)者やその関係者ではない人が災害関連の情報に接し過ぎるのもあまり良くない。繊細な人ほど気分が暗くなるし,その憂鬱日本にとっての損害になる。忘れるのではなく,被災者の為にも元気仕事をして寄付なりした方がいい。

=}{*}

ちなみに私は,自分でデルン開発して,8年前からほぼ全ての情報をここで管理しているので,個人知識管理経験では世界的にもかなり珍しいと思う。特に,意味管理を可能にしているのはデルンデライトくらいなので。

=}{*}

いま何となく目に入ったツイートに「呆れ過ぎて空いた口が塞がりません」とあるのだが,こういう風に,SNS で流れてくる情報に対していちいち怒ったり開いた口が塞がらなくなったりしている人を見ると,しんどいだろうなと思う。

=}{*}

には,ただ情報ネットワーク的に結び付けるだけではなくて,いわば「まとめ」をする機能がある。これを定式化したのが輪郭法で,その実装デルンデライト

=}{*}

SNS で知らず知らず認知バイアス先入観偏見の類に漬からないようにするために簡単な方法がある。それは,待欄タイムライン)ではなくリアルタイム検索から情報を得ること。発言も目に入るし,決して快適ではない。でもその不快さの中にこそ SNS が覆い隠している現実がある。

=}{*}

情報縦横無尽に結びつけて保存出来るデライトのような個人知識管理サービス上で短文投稿を管理し,Twitter なり ActivityPub なりで配信する「ツイスト」を2年以上実践してその圧倒的な利便性を実感してきた経験からいって,これが SNS の次の形になることは間違いない。それを KNS と呼んでいる。

=}{*}

セレンディピティという言葉が流行ったが,発見というのはしばしば「思いもよらぬこと」なので,「その時は重要だと思った」情報だけが残されていくだけでは知的蓄積にとって十分ではない。だからツイストのような手法が重要になってくる。

=}{*}

例えば「メモメモ」とかいってリツイートしたりいいねしたりする,ということは私も含めて多くの人に覚えがあると思う。その時は何かを記録したつもりなのだが,見返して他の情報と結び付ける,ということはほとんどないし,SNS がそういう機能を持っていないので無理にやってもあまり効果的ではない。

=}{*}

そこで「神経目線」になってみると,情報のやりとりは出来るだけ近場で済ませたい,ということになる。つまり,必要十分情報最短で辿り付けるように整理されている。これをどう再現するか,という問題への答え輪郭法でありデルンでありデライト

=}{*}

情報遠近感がなぜ重要なのかといえば,というのは動物にとって生存有利なように行動最適化するものだから。それも可能な限り省力化して。要は,優先順位を付ける必要がある。

=}{*}

デルンデライトのような司組システム)では,全文検索のような曖昧さを許容する検索機能がかえって邪魔になる,というのは大きな発見だった。検索語完全一致しない情報が非常に目障りだった。

=}{*}

ただ,階層構造を取るにせよネットワーク構造を取るにせよ,情報蓄積することに意義のあるサービスで,これに使えてあれに使えない,というのは用者ユーザー)からすると望ましいことではない。そこに彗星の如く現れたのが,両者を組み合わせたような Roam Research

=}{*}

アウトライナー階層構造の限界を越える手段の一つが Scrapbox なのだと思う。確かに,情報ネットワーク構造をよく活かせるように設計されているが,意識的に情報整理することには向いていない。実際,アウトライナー併用しているという人が散見される。

=}{*}

デルンの実用化を果したのは,そんな時代,2012年だった。今のデライトとも比べ物にならない使い勝手の悪さ,遅さ。それでも,情報の組織化機能という点でデルンに勝るものがなく,これ以降,私は全ての情報蓄積発信をデルン上で行うようになる。

=}{*}

個人知識管理(PKM)で,階層型ネットワーク型という問題は,実はデルン8年前に乗り越えている。階層利点情報重要度を付けられるということなので,これを完全に排しても実用上失うものが大きい。

=}{*}

ちなみに,この @Hiro_twst でやっている「ツイスト」(デライト連動ツイート)というのは,デライト上の投稿マイクロブログに再投稿するという手法情報を紐付けて蓄積出来るデライトと,Twitter発信力を同時に活かせる。

=}{*}

さっきちょっと試したが,やはり Scrapbox語句輪結キーワードリンク)だと,あるページのタイトルを変更すると,そのページを参照しているページ内の輪結も一括変更出来る。これは丁寧な作りだと思うのだが,ある程度以上複雑な情報を保存しようとすると必ず限界が来る。

=}{*}

デライト周辺調査の一環として Scrapbox試用デルンデライトとの共通点検索から投稿までの流れくらいか。やはり語句輪結リンク)なので扱える情報には限りがある。ただ,単純アイデアを中心に上手くまとまっている。

=}{*}

=}{*}

ウェブ上の雑多な情報ロボットが見つけてきて,理積みアルゴリズム)で評価して提供するという検索演心エンジン)の仕組みが,もはや時代遅れなのだと思う。デライトはその「次」の回答でもある。

=}{*}

これは SNS で偏った情報にばかり接していると分からなくなる。よく,失言などを取り上げて「これだから○○は〜」みたいなレッテル貼りをしている人を見かけるが,それは大抵の場合○○に限らない現象なので,そう思ってしまう人は自分が偏った情報源に接していないか疑ってみた方がよさそう。

=}{*}

保守リベラルも,実はおかしな発言をしたりデマを流したりする程度に大きな差は無い。確かに,保守層迷信的なデマを流す傾向はあるのだが,リベラルはリベラルで,些細なことをヒステリック拡大解釈して情報錯乱させることが多い。

=}{*}

デルンデライトの面白い使い方として,知番を物とかに貼り付けて,その物についての情報デルン上で管理する,というのがある。

=}{*}

希哲社はこれまで,「SNS 上に情報蓄積しない」「SNS への依存を避け,KNS 開発の持ち辺モチベーション)を高める」といった狙いで SNS消極的利用に留めてきて,これは一定の成功を収めた。ただ,デライトがある今はちょっと状況が違う。

=}{*}

専門家「若者は悪くないが無自覚に高齢者にうつす危険性あり」マスコミ「若者が感染拡大の原因に」若者&インフルエンサー「マスゴミが若者のせいにしてる!」ってもう情報地獄絵図だな……。

=}{*}

記憶が無ければ思考演算)で有益情報蓄積することは出来ないので,SNS に記憶する機能が乏しいのはやはり問題なんだな。

=}{*}

私は7年以上デルンを自分で使っているので,もう KNS 以外で情報を残したくない身体になってしまっている。この7年の差をどれだけ早く埋められるか。

=}{*}

デライトは,簡単に言ってしまえば,の中にある情報を全て SNS 感覚で検索共有出来るようにする仕組み。これを普及すれば,人類知のあり方が一変する。「メカソクラテス」たるゆえん。

=}{*}

デライト最大の長所は,どんなに雑多情報があっても重要情報が埋もれない,というところ。不要な情報はあえて削除しなくても勝手に沈んでいく。思いつくままに描くのが良い。

=}{*}

「自分の頭の中にある情報構造可視化し,操作共有可能にする」という文化が,そもそも7年以上前のデルンの実用化から私だけのものだったわけで……自分の感覚世間の感覚との差は自覚しておかないと命取りになる。

=}{*}

デライトを使ってみればその意味が分かると思うが,デルン上で情報を探索することを「(輪郭を)くぐる」という。言うのも野暮だが,「ググる」のもじり。全く新しい検索体験が出来る。

=}{*}

プログラムも「算譜」ではほとんどの人が理解出来ない。一つの鍵は,「コンピューティング」が「計算」とは訳せない,ということ。これは間接的に,英語におけるコンピュートという概念が,単に計算をすることから計算によって情報処理をすることに拡張されていることを示していた。そこで,希哲館訳語勘報」(かんぽう)が生まれた。すなわち,情報勘定である。

=}{*}

情報のあり方を急進的に変えようとする柔品ソフトウェア)は驚くほど滑る,ということを歴史は示している。

=}{*}

私がなぜデライトにこれだけ心血を注いでいるのかといえば,インターネットのあり方,いや情報のあり方を根底から変えうるデルンが,誰にでも簡単に使えるようになるというサービスだから。「知識産業革命」というのは冗談でも放言でもない。

=}{*}

情報をより多角的に扱える」という類の柔品ソフトウェア)が成功しなかった最大の理由は,「大抵の人が扱う情報はせいぜい数階層の木構造に収まってしまう」というところにある。

=}{*}

ただ,私のように,デライトが最高の情報整理通類ツール)だ,と思える人間というのは,尋常ではない,人知を越えた情報を扱おうとしている人間だ。つまり,ほとんどの人にとってオーバースペックと感じられてしまう問題もある。

=}{*}

しかし,画表(グラフ)構造を利用して,誰でも簡単に頭脳を無限に拡張したような感覚で情報を扱えるようになる,というサービス開発するのがこんなに難しいことだとは思わなかった。大きなを越えた,と何十回思ったことか。ザナドゥ計画WinFS失敗するわけだ……。

=}{*}

とはいえ,あまりに変哲が無くても興味を持たれないわけで,「輪郭の入れ子であらゆる情報を記録していく」という,削りようがない輪郭法本質だけを残して特色とした。

=}{*}

デルンは,頭に思い浮かんだことを小さなことから大きなことまで何でも書けて,それを直感に従って入れ子にしていくことで気付くと情報構造化が出来ている,という代物。これを「なんでもメモ」という獲句キャッチコピー)で軽常カジュアル)に売り込もうというのがデライト

=}{*}

このことをもっと哲学的に噛み砕いていくと。私にとって「情報内容」なんてものは錯覚,という感覚があるのかもしれない。画表(グラフ)構造こそが本質なのであって,そこにある出与え(データ)はオマケ。仏教色即是空みたいな。

=}{*}

この手のデルンに似た技術を見ていて気付くのは,多くの人が,設計時に「情報そのもの」と「情報を分類するもの」を分けてしまうということ。後者は例えば台録ディレクトリ)であったりタグであったり。デルンの画期的な所は,その区別を廃したことなのかもしれない。

=}{*}

=}{*}

「今までのツールでは扱えなかった大量で複雑な情報が扱える!」というのは一見凄いことのようだが,問題は,それを必要としている人がどれだけいるか。そこを忘れると,小さいクラブが出来るだけで終わってしまう。私もぶつかった壁。

=}{*}

人間,自分が嫌い情報に対しては「全部」や「全部」だと思いたくなるが,嘘は真実の中に,悪はの中に紛れ込んでいるから厄介なのだ。『虚構新聞』ではないが,全てが嘘の情報を作るには極めて高度な情報リテラシーが必要になるし,完全な悪人になる難しさは善を知り尽くことにも等しい。

=}{*}

=}{情報蓄積}

=}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}

=}{*}

そのデルンだってもう7年歴史があるのだから,情報の形を変えるって簡単そうに見えてなかなか重い仕事だ。

=}{*}

ともに「情報蓄積」を重視するブリキデルンは,ちょうど SNS 普及期を挟んで登場している。その点でデルンは有利だと思う。ちょうど多くの人がネット情報発信することに慣れて,SNS に物足りなさや構造的な問題を感じ始めている頃。

=}{*}

というのは情報有機性のことなので,これがそのまま「インターネット知性を与える」希哲館の使命となる。

=}{*}

残念ながら,情報には事実正確性を重視すると伝わりにくくなる,という性質がある。伝わる情報を目的とするなら,嘘や大袈裟な表現を織り交ぜた方が良い,ということになってしまう。不誠実な言論人はここに目を付ける。

=}{文字情報}

=}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}

=}{*}

情報」のは元々「情況」(状況)の情らしいのだが,日本語で「情」といえば感情人情のこと,さらには色情のことだったりするから,あまり略語向きではないのだろう。例えば「報術」なら分かりやすいのだが。

12
出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha