資金繰り

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲9年(2015年)
05月01日 00:41
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
この描出は「素描」です。
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

これだけ読むと,確かに GAFAM を越えられそうな気がしてくるし,普通の株式会社なら資金繰りには困らなそうだな……。

https://dlt.kitetu.com/intro

=}{*}

遅ければ資金繰りで潰れるのは何でも同じだが,柔品(ソフトウェア)開発というのは,早まれば技術的負債で潰れるのが難しいところ。可視化しにくいものだけに。

=}{*}

だから,不具合非生産的な作業で延期している,というのとは違って,長期的有益なことをしているのは間違いない。ただ,目先の利益は捨て続けているわけで,単純に資金繰りの問題が深刻化している。いつ安全を取るべきか。まさにチキンレース

=}{*}

技術的完済」(technical payoff)というのは,要するに,希哲社開発長期的持続可能になった,ということなのだが,それと引き換えに目先の利益を捨てているわけで,「永遠の繁栄」の可能性と,早晩資金繰り破綻する可能性を同時に手に入れた,という面白い状況にある。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha