インターネット

描主宇田川浩行K#F85E
上描き希哲7年(2013年)
07月07日 19:05
下描き希哲7年(2013年)
07月07日 18:02
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

ARPANET を母体とするネットワーク。

ネットワーク層IP を利用。

世界的な普及は1990年代から。1995年の Windows 95 発売が弾みをつけた。

その性質上,世界規模の情報交換を可能にするが,反面,言論統制等を行なっている国によっては政府による規制を受けることがある。

この描出は「素描」です。
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

一覧

=}{*}

政治芸能も,いまやインターネットから自由ではありえない。そしてそのインターネットはほぼアメリカ情技(IT)企業支配されている。つまり,日本人自由はない。日本人は支配されることに慣れているから,もしかしたらそれが何?と言われるかもしれない。私はひたすらだ。だから壊す

=}{*}

デライトには,インターネットSNS 中心から KNS(knowledge networking service)中心に変え,人間記憶情報伝達のあり方を根底から変える可能性がある。まさに,知識産業時代象徴する製品になるだろう。

=}{*}

感情というを,火事にならないように上手く役立てるために理性はある。SNS は,ただ炎を煽るだけ。お湯も沸かせるしも焼けるだろうが,火事も起きる。インターネットにどうやって理性を取り戻すか。

=}{*}

人間がなぜ「理性」を持っているのか。感情だけで行動すれば間違うことが多いからだ。SNS 中心のいまのインターネットにはその理性がないわけだ。

=}{*}

Quora「GAFAに対抗できる日本企業はありますか?今後出てきますか?」という質問があって何気なく覗いたら,「GAFAインターネット依存なので大したことない」という回答があり,なんだか切ない気持ちになった。気持ちは痛いほどよく分かるが,残念ながら現実逃避なんだなそれは……。

=}{*}{*}

=}{*}

例えば,私は思想から技術から何でも思いつくままに書いているが,これは本来 SNS の使い方としてはアンチパターン。「そういう人だと思わなかった」とか「そんな話題は求めていない」と感じる人が必ず出てくる。しかし,私に言わせれば知ったことではない。お前の狭い人間像に他人を閉じ込めようとするな,と言う。私は,自分という人間をありのままに表現出来ないインターネットはもはや後進的だと思っている。

=}{*}

SNS を完全に置換するというよりは,インターネット最上流KNS を置ければいいんだろうな。

=}{*}

デライト普及するということは,インターネット中心SNS から KNS(knowledge networking service)になり,顕示欲駆動から知識欲駆動転換するということ。世界が変わる。そう簡単戦いではない。

=}{*}

3年前,英米政治危機(ブレグジット・トランプ当選)を受けインターネットによる衆愚政治を「暗愚の枢軸」とし,その拡がりをインターネット改革で討つという構想が急速に出来上がった。デライトは,その最初の成果ということになる。

=}{*}

私がなぜデライトにこれだけ心血を注いでいるのかといえば,インターネットのあり方,いや情報のあり方を根底から変えうるデルンが,誰にでも簡単に使えるようになるというサービスだから。「知識産業革命」というのは冗談でも放言でもない。

=}{}

ちなみに今のツートデルンデライト)上でどう見えてるかというと,こういう感じになっている(これを「ツイスト」と呼んでいる)。私はインターネットで何かを書く時,ほとんどデルンを経由しているので,全ての表現ニューラル・ウェブを育てている。

=}{*}

例えばさっき何となく「道教ラブストーリー」と書いたが,こうした発言はこれまでのインターネットでは書き捨てられていく文字列に過ぎなかった。しかし,デルンではこのように,あらゆる思念が関連付けられ,新しい思念の要素となっていく。これがニューラル・ウェブである。

=}{*}

何度語ってもあまり伝わっている気がしないが,今の世界情勢古代ギリシャに似ている。インターネットによる事実上の直接民主主義化,衆愚政治の蔓延,表面的な影響力を追い求める「インフルエンサー」こと現代版ソフィストの跋扈。そしていま,あいつが「メカソクラテス」として蘇える。

=}{*}

割と真面目に,Google 検索は「メモ検索」が倒すと思っている。自分の頭の中をメモ感覚で可視化して,それを相互に検索出来るようになれば,「頭脳インターネット」が出来る。それを実現しようとしているのがデルン全知検索

=}{*}

一定以上の知的好奇心を持った層というのは2001年頃にはすでに大体インターネットに触れていて,頭打ちに近かったのだと思う。それから急速に一般層が拡大して,投資が完全にそっちを向いてしまった。

=}{*}

私の勘では,「インターネットで高度な情報蓄積を可能にすることが衆愚政治の克服につながり,大衆知性によって民主主義を維持する希哲民主主義の実現につながる」という説明で古代ギリシャ哲学から現代までの課題を整合的に解決している,と理解出来る人は10万人に1人。

=}{*}{*}

=}{*}

今の先進国政治状況が古代ギリシャ民主主義に酷似していて,それはインターネットの普及に連動している,という程度の分析がほとんど行なわれないところに教養の無力を感じている。

=}{*}

=}{*}

インターネットによって有権者発言力が増し,事実上の直接民主主義と化すことで古代ギリシャ同様の衆愚政治に陥いる。古代ギリシャではプラトン選り人(エリート)による統治を提唱したが,現代では希哲館がそのインターネットの仕組みを変える(メカソクラテス)ことで「希哲民主主義」を実現する。これは新現代思想の基本理論。

=}{*}

今の世界ではインターネット政治にも多大な影響を与えるわけだが,SNS では知性理性より感情が先立ってしまうので,このままでは衆愚政治の蔓延は避けられない。そこでインターネットに知性を,という課題がある。

=}{*}

歴史というのは面白いもので,インターネットによって実質的に古代民主主義が復活すると,「真実」は重要ではなくなり大衆を扇動するための言論が蔓延するようになる。ソクラテスが現れた頃の古代ギリシャが再現されつつあり,いま希哲館が「メカソクラテス」を生み出そうとしている。こんなに面白い物語はない。

=}{*}

昔は AV というと主に初体験前の子供かモテない男性か,あるいは異常性欲の持ち主のものという印象があった。入手から保管まで何かと金や手間がかかるし,女優もその辺にいる女性と大差なかったから,生身の女性と付き合える男性にとって大して魅力的なものではなかった。しかし,インターネットと融合した頃からかなり事情が変わってしまった。

=}{*}

インターネットというのは,喩えるなら,どこまでも大きな画用紙だ。ところが,誰かがそこに小さな枠を描いて,みんながその枠の中で表現している。もっと使える余白がある。私はこの画用紙を目一杯使いたい。

=}{*}

インターネットテレビの縮小版のように小さく使うのはもったいない。本当はテレビ映画を越えていけるはずなのに。

=}{*}

芸能人,特に俳優インターネットを利用して古典的な「大物感」を演出するには,独自の盤本(プラットフォーム)を作って一番乗りするしかないよな,と思う。YouTube にしても Instagram にしても,やっぱり大衆化したものに後乗りすると小物臭くなる。

=}{*}

インターネットって本来,もう体制が出来上がってしまったテレビ中心の芸能界に対して,既成の枠組みにとらわれないスターを生み出せる仕組みだと思うのだが,どうしても素人感が売りになってしまうのは盤本(プラットフォーム)の限界なんだろう。

=}{*}

じゃあどこからその日本人の頑張りの方向性が変わりうるのかというと,やっぱり「教育」からかなという気がする。例えば私は実質小学校卒業で,その後はインターネットと独学で自分の人格形成をしている。その結果はご覧の通り。これが生きた実例だ。

=}{*}

インターネットにおけるリテラシー反知性主義の問題というのは,要するに「嘘の説得力」とどう闘うか,という問題なのだと思っている。

=}{*}

インターネットは大衆の無知による暴走を抑止する構造を持っていないので,政治学的には衆愚政治との結合を警戒しなければならなかったのだが,残念ながら学者側の認識も追いついていなかった。

=}{*}

20年前にも,インターネットには陰謀論のようなものはあったが,多くの先駆的なネット利用者達は「頭のおかしい人」として相手にしなかった。ネットが全社会的に普及し,陰謀論に騙される人が増えた10年前でも,多くの「識者」達は嘲笑うだけだった。陰謀論を政治的に利用する者が現れ,アメリカ大統領を生み出しても,まだどこか危機感が足りない。

=}{*}

テレビドラマの視聴率って,ネット時代になってから平均的に下がっているという印象があったが,最高視聴率の記録で見るとネット普及以降の作品が食い込んでいるのが面白い。ネットで話題になる作品とそうでない作品との格差が拡がってるのか。

=}{*}

この頃,私自身の勘報(コンピューティング)体験の特異性みたいなものを感じることが多い。親は情技(IT)の仕事をしていたが,初めて記憶した応司(OS)の名前は映画に出てきた Unix,初めて触れたのはワープロ専用機,初めての PCFLORA Prius,早く濃いインターネット体験,遅い論組(プログラミング)体験(20歳を越えてから)……

=}{*}

今回の .jp ドメイン移管問題を機に,そろそろドメイン名という仕組みにインターネットが依存していていいのか,という議論をはじめたい。

=}{*}

その松本さんは,昔,ラジオで「芸人を目指してくる奴には限界がある」というようなことを言っていた。その時点で固定観念にとらわれているから,という趣旨だ。「インターネットなんかいらない」とも言っていた。これは半分正解,半分外れだと思っている。既成の枠組みを越えた表現者はインターネットでしか作れない。

=}{*}

インターネットにおける UGMCGM という考え方はもう限界を迎えているのかもしれない。

=}{IAB}

12
出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha