デルン

描主宇田川浩行K#F85E
上描き希哲7年(2013年)
01月15日 02:22
下描き希哲6年(2012年)
02月13日 17:11
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

デルン(英語:deln)とは,ブログ(blog)やウィキ(wiki)などに替わるものとして宇田川が提唱する新しい情報形式である。輪郭法の応用であり,「デライニエーション(英語:delineation,輪郭描出)からの造語。

KTK における主力サービスでもある。

デルン上に投稿する事を「描出する」(英語:delnate),描出したものを「描出」(delnation),描出する者を「描出者」(delnator)と呼ぶ。軽い用法としては、「デルン更新する/した」の意で「デルる/デルた」も想定している。

語誌

「デルン」を採用した理由の一つに,「耳に残る語感」ということがある。これは,流行した「ブログ」や「ウィキ」等が簡潔でありながら日常会話の中で浮くような(不思議な)語感を持っていることに着目したものである。文字数もカタカナ3文字,英字4文字に収めることを意識した。

洗練されて耳にすっと入るがすっと出ていくような名称ではなく,あえて奇妙な語感をもって耳に残る名称を採用したために,宇田川自身も違和感を克服するのに時間がかかった。

一覧

=}{*}

情報過多などで酷使し過ぎると心身に様々な悪影響を及ぼすことは「脳疲労」として知られているが,デルンのような知能増幅技術はそれを招きやすい。これを「脳過熱」と呼ぶことにした。

=}{*}

なんでそれが分かったのかというと,最近のデルンでの描出を振り返ってみると物凄く思考の範囲が拡がっていることが分かる。そこで,少し焦点を絞ってみることにした。翌日から嘘みたいに顔色が良くなりすこぶる調子が良くなった。

=}{*}

もしかして,いまの私が書いていることって,デルンがあるから楽に整理出来ていることで,他の人が見るとちんぷんかんぷんなのかもしれないし,そこは常に気をつけていないと駄目だろうな。

=}{*}

大袈裟でもなんでもなく,デルンも含めて希哲館事業は全体として新し過ぎるし大き過ぎるので,本気で普及させようと思ったら本来百年はかかるし,百年で実現したら大成功だ。そもそもこの世にありえないような事業構想なのだから。それを数年でやろうとしている。

=}{*}{*}

=}{*}

輪郭法を実装しようとなった時,ほとんど迷いなく CMS から始めることを選んでデルンの開発に成功したが,その判断が無ければデライトという発想にも繋がらなかっただろうし,私は自分の判断力よりも信じられるな。

=}{*}

ここから抜け出すための仕組みとしてデルンを中核とした KNS(knowledge networking service)構想がある。

=}{*}

どうも最近,脳疲労に陥っていた気がする。デルン大理腑リファクタリング),大最適化成功し過ぎて,良くも悪くも脳内ビッグバンが起きてしまったんだな……。

=}{*}

=}{*}

その点で が強いなと思うのは,デルンという革新的な柔品ソフトウェア)の実装に成功しているという裏付けがあって,私自身が全て開発しているので初歩から地続きの「道案内」が出来るということ。

=}{*}

これを読んでいるあなたは,すでに始まっているデルンによるパラ・シンギュラリティ(もう一つの特異点)の目撃者だ。

=}{*}

デルンの普及を考える上で一番重いな,と思うのは,デルンが世界で初めての実用的な知能増幅技術であるとするなら,その開発者である私にはあらゆる知的権威の頂点に立つ覚悟が要る,ということだ。これは重いが,逃げられない。耐えるか,潰れて死ぬか,だ。

=}{*}

以前,「完全に合法的に人間の走る速度を100倍に出来る技術」が開発されたら,社会はそれを受け入れるか,という思考実験をした。交通システムは?防犯は?競技は?恐らく色んなところに歪みが出て,社会は混乱に陥いる。デルンもそれを考えておく必要がある。

=}{*}

この(輪郭を)「くぐる」という表現もかなり馴染んできたな。

=}{*}

=}{*}

さっきくぐっていて思い出した。やはりデルンがなければ出来ないな,この仕事は。

=}{*}

=}{*}

インターネットによって有権者発言力が増し,事実上の直接民主主義と化すことで古代ギリシャ同様の衆愚政治に陥いる。古代ギリシャではプラトン選り人(エリート)による統治を提唱したが,現代では希哲館がそのインターネットの仕組みを変える(メカソクラテス)ことで「希哲民主主義」を実現する。これは新現代思想の基本理論。

=}{*}

これはまず,開発を続ける上で重要なことだった。私はデルンザナドゥ計画WinFS とよく比較しているが,世界有数の研究者と世界一の富豪に実現出来ず,私に実現出来た理由はただ一つしかない。彼らにとっては「あったらいいもの」でしかなかったが,私にとっては「なくてはならないもの」だったからだ。

=}{*}

=}{*}

私の場合,デルンは使いたいというより使わないと生活が成り立たないところまで来ているので,そういう意味では成功しているのだと思う。まずここに持ってこないと,世の中に認知されるまで粘れないわけで。

=}{*}

そのデルンだってもう7年歴史があるのだから,情報の形を変えるって簡単そうに見えてなかなか重い仕事だ。

=}{*}

私がウィキブログに変わる第三のウェブ形態という位置付けでデルンを提唱した時,そんなに大しことだとは思っていなかった気がする。ちょっとしたマーケティング戦略みたいな。

=}{*}

私が を作らなければ,希哲館訳語を作らなければ,デルンの開発はここまで成功していない。

=}{*}

これは冗談ではないというのが希哲館事業の恐しいところ。思想では既に世界で初めて新現代思想を確立しているし,技術では世界で初めてデルンを実用化しているし,それを融合してジパング計画から新国際秩序の確立まで構想は完成してしまっている。

=}{*}

=}{*}

はっきり言ってしまえば,デルン普及するということは,世界中の全学術的権威希哲館を頂点に再構成されるということでもある。必ずそこには「抵抗勢力」が生まれる。

=}{*}

これはすでに昨年,デライトとともに理論化したことなのだが,デルンのように「人間情報処理能力を飛躍的に向上させる技術」って,それだけを訴えてもあまり意味がない。そもそも,多くの人は現状以上の情報処理能力を求めていないか,何のために必要なのか理解していないから。そこで自然な動線を作る必要がある。

=}{*}

=}{*}

この辺も,デルン大理腑リファクタリング),大最適化大成功したことで確信出来るようになった。設計にとにかく助けられた。

=}{*}

デルン(deln)は,人間が持つ認識構造輪郭法(delinography)という理論抽象化形式化した上で,それを「仮想頭脳」として操作出来るようにした柔品ソフトウェア)だ。これを WWW と組み合わせることで,ザナドゥ計画WinFS の目的をより高度に満たせる。

=}{*}

ザナドゥ計画にせよ WinFS にせよ,情技(IT)における最大の課題は,人間が出与えデータ)をいかに直感的に,いかに有機的に扱えるか,ということだった。しかし,この点で決定的な技術は登場しなかった。デルンまでは。

=}{*}

論組(プログラミング)言語の設計をほぼ素人状態から始め,記憶管理だの排他制御だのの機構を独自に設計して,世界初のシンメディア(symmedia )として実装したデルンがキビキビ安定して動いているということがいまだに自分で信じられん……。

=}{*}{*}

=}{*}

希哲館はすでに,「世界最高」を少なくとも二つ用意してきた。一つは,ザナドゥ計画WinFS を凌ぐ情報技術デルン実用化,もう一つは,これまでの現代思想の枠組みを越えた新現代思想を世界で初めて体系化したこと。あとはこれを知識産業革命に結実させられるかどうか。

=}{*}

は徹底的に「速読性」と「速記性」を追求してきた。そして頭で理解する前に直感的に反応出来る交度(コード)体系が出来上がった。これはデルン開発を強力に後押ししている。

=}{*}

デルンをここまで育てることが出来たことに感謝したい。これは日本でしか生まれえなかった,知識産業革命を実現する世界史上最大の発明だ。

=}{*}

デルンはすでに7年前には世界で最も先進的情報処理環境だった。ようやくみんなに使ってもらえるようになる。

=}{*}

ついに大理容が始まり,デルンがバキバキ整理されている。

=}{*}

自分で作った論組(プログラミング)言語を自分のプロジェクトで使い続けるの,単純に強いな。流石に7年もやってると,問題が発生した時,原因が手に取るように分かる。

=}{*}

=}{*}

自分が作ったものを自分で使い続けるって,本当に大切なことだな。デルンの強みは,輪郭法をいかに便利に使うか,ということを私自身が実験し続けていることかもしれない。

=}{*}

この「ジパング計画」という言葉,物凄く気に入っているのだが,もともとはテッド・ネルソンザナドゥ計画を凌ぐデルンを中核とした開発計画として,ザナドゥ上都)と同じ『東方見聞録』にちなむジパング(伝説上の日本)に着目したものだった。

=}{*}

脱 SNS と言うのは簡単だが,ウィキにしてもブログにしても,多くのアイデアの屍を乗り越えて生き残ったもの。機会にも技術にもこの上なく恵まれていると私は感じているが,それでも楽な戦いではない。しかし,だからこそ戦う意味がある。私が負ければ誰も勝てない。

=}{*}

ともに「情報蓄積」を重視するブリキデルンは,ちょうど SNS 普及期を挟んで登場している。その点でデルンは有利だと思う。ちょうど多くの人がネット情報発信することに慣れて,SNS に物足りなさや構造的な問題を感じ始めている頃。

=}{*}

デルンSNS に対する一つの明確な優位性は,情報密度にある。個々の情報を縦横無尽に結び付けることが出来る。これは世界初の意味符号化方式である知番(knumber)が可能にしていることで,今のところ希哲社専売特許

=}{*}

デルン個人の情報発信媒体としては SNS の陰に隠れるようになってしまったウィキブログに代わって CMS新形態を提示出来るか,という戦いだな。

=}{*}

今月6月)は,やはりデルンの状態が飛躍的に改善したのが一番嬉しかった。希哲館事業心臓部だったが,それだけに手を入れる怖さもあった。その恐怖心苦手意識克服出来たのはとてつもなく大きい。

=}{*}{*}

=}{*}

7年間素交ソースコード)を成長させ続けていると,たまに昔の工夫の跡を見つけて切なくなったりする。

=}{*}

デルン普及上の課題として,個人情報中の個人情報とも言える「仮想頭脳」を扱うサービスとしての十分な運営体制が出来ていないという問題があったが,これは段階的に対応していく目処も立った。

=}{*}

むしろちょっと驚いたのは,Twitter政治に与えている影響に今更驚いている人が多いことだった。例えば私がこれまで「デルンによる KNS反知性主義を越えた希哲民主主義を実現しうる」と言っていたのは,デルンを利用したツイストが高度な情報蓄積を可能にするからだったのだが,世の中の認識がこれなら,いまいち反応が薄いわけだ。

=}{*}

デルン大理腑リファクタリング),大最適化が想像以上の成功を収めたのは,C++ 相当の性能と柔軟性を持つ静的言語でありながら極めて簡潔な表現が出来るという の特性によるところが大きいと思う。

=}{*}

あの時,喉から手が出るほど欲しかったものを手に入れてるんだな。

=}{*}

しかし,大理腑リファクタリング),大最適化までこう上手く行くとは思っていなかった。換言すれば,不確かなことをあえてやる無謀さの先に今のデルンがある。

=}{*}

デルンの存在自体が,常識を越え過ぎている。ザナドゥ計画WinFS を越える情技(IT)史上最大の柔品ソフトウェア)をなぜ素人が開発出来たのか。

=}{*}

デルン,なんでこんなに上手く動いているのかたまに自分でも不思議になる。C++ を無茶苦茶に改造して,記憶管理機構勒(ロック)機構みたいな割とデリケートな所から自作して,多糸マルチスレッドFastCGI記憶内隠しインメモリキャッシュ)とか,全部それなりに安定して動いている。

=}{*}

月庭」という根想コンセプト)は,水月のごとく個人の内面に浮かぶ真理の上に,が咲くを持てる,というもので,希哲館事業デルンにとって最高の修辞でもあるな。

=}{*}

デルンにおける出与えデータ)の単位である「輪郭」,普通に使う言葉でもあるので,もう少し厳密な表現として「知輪」(ちりん)を考えていたが,これは輪郭をに喩えて1輪,2輪,と数えていたから「散りぬ」(散る)ということなのか。

=}{*}

考えてみると,私はこれ(デルン)を作る,と決めてから開発者になっているので,作りたいもののために,何を要素技術として使うか,ということだけ考えてきた。そのおかげで,振り返っても何一つ無駄がない。

=}{*}

7年間それなりに運用してきたことで,デルンへの信頼感がようやく揺るぎないものになりつつある。いつ壊れてもおかしくない,というくらいの実験的司組システム)だったが,やはり運用実績稼動実績は大事だ。

=}{*}

デルン,あるとないとでは生活の質がまるで違うので,人類への義務として一刻も早く普及させたい。

=}{*}

Twitter というかマイクロブログってそういうもので,読み手に興味の無い話題,主義主張を見せればフォローを外されてしまうので,人気を得ようと思うとどうしても話題は限定的に,内容は類型的にならざるをえない。私が「そんな話興味ない」「こういう人だと思わなかった」という反応を恐れないのは,やはりデルンKNS に支えられているから。

=}{*}

それ以前は,自分で作っておきながらどこか半信半疑みたいなところがあった。そりゃ C++ を改造して独自言語にしてデルンなんて未知の司組システム)を実装する,なんて仕事だからどこに問題があるか分かったもんじゃなかった。実装なのか設計なのか要素技術なのか,そもそも実現不可能なのかとか。

=}{*}

最近,デルンの実装もさることながら世界初意味符号化方式である「知番」(knumber)の役割の大きさを実感することが多い。

=}{*}

どういうことかというと,以下のように,文章に「意味」を簡単に埋め込めるということだ。

https://kitetu.com/KNo.F85E/A-5B28-7780

=}{*}

デルンには,波括弧で囲んで描出すると全知検索で連続的に知番付け出来る,という機能があるのだが,これもなかなか異次元感がある。

=}{*}

最近の大整理で,昔いまいち活かせなかったデルンの機能が今になって大活躍するようになった。

=}{*}

=}{*}

やはり,デルン大理腑(リファクタリング)も大最適化も伊達に「」と付けたわけじゃないな。前後ではまるで別物。あとは大理容だ。推定5京円柔品ソフトウェア)が動き出す。

=}{*}

デルン,物凄い勢いで色々な問題が片付いているが本当に大切な問題はまだ解決してくれない。もう少しだと信じよう。

=}{*}

デルン大最適化は,一番やるべき時期に問題をまとめて片付けたという意味では戦略的な大成功だったと思うし,何よりデルンという未知司組システム)が十分な安定性と性能で実装出来る,ということを実証した達成感は大きい。

=}{*}

PHPデルンプロトタイプ実装を作った時,出与えデータ)がほとんど無い状態なのに実用に耐えない速度だった。それを (当時はほとんど C++)で書き直し,自分で使いながら最低限の速度を確保するように更新してきた。直感的に早まった最適化を避けてきたというのもあるし,ここ最近になるまで方向性に揺らぎがあったというのもある。

=}{*}

月庭kitetu.com)で使っている虎哲*イチデルン実装)は,言語C++ 互換の FastCGIマルチスレッド実装,プロセス数も調整出来るようにしてあって,PostgreSQL外充て手続きストアドプロシージャ)まで Cμ で開発している。最適化を進めればどこまでも速くなる。

=}{*}

大最適化後のデルン,まだまだ最適化の余地は残っているのだが,献典管理司組CMS)としての「遅さ」は無くなって,快適さにちょっと感動している。次の最適化目標は「速さ」が特長になるところまでだな。

=}{*}

このデルン実装も,長い間,何で動いたのか,何で動いているのか分からないような状態で,内部は目を背けたくなるような代物だったのだが,それがこの間の「大理腑」(グレート・リファクタリング)で一気に解消してしまった。もう恐いもの無し,無敵だ。

=}{*}

例えば,周辺機器知番を貼ってデルン上でいつどこで購入したか,どういう問題があったか,こう使うと便利,とか,色々な情報を描き出しておける。

=}{*}

いちいち「」を付けているのは大袈裟なようだが,デルンの方向性が完全に定まるまでこの手の作業を後回しにしてきて,良くも悪くもやるべきことが山のようにまとまっている。戦略的には大正解だったと思っているが。

=}{*}

そういや,私はデルンの実用化に成功した7年前から基本的にはデルン上で活動していて,SNSリアルタイム検索などで傍観してきたのだが,SNS 上の対立が異様に見える理由って,たぶんこのせいなんだな。「クラスタ」の中から世界を見ていると,どうしても自分に都合の良い情報しか見えなくなる。

=}{*}

ツイストは,デルン上で知識をより合わせるという効果もあるし,他のマイクロブログへの配信によってサービスをより合わせるという効果もある。二つの意味で「ツイスト」なのだ。綯う。

=}{*}

じゃあ,みんなが例えばマイクロブログを使うような感覚で,自然に知的成長が出来るような仕組みがあればいいよね,という発想からデルンがある。構想はおよそ17年前から,実装は7年前からある。私がよく言っている「3京円事業」というのも,ここまで理解出来るかどうかで感じ方が変わってくるだろう。

=}{*}

で,この状況,実はソクラテスが現れた時代の古代ギリシャとそっくりだったりする。私がデルンをしばしば「メカソクラテス」と呼び,これによる「希哲民主主義」の実現を見据えているのは,西洋文明史の観点からは正統中の正統,ド正統にしてド王道。

=}{*}

デルンはすでにウィキのようにもブログのようにも使えるし,FacebookTwitter のようにも使える。これを拡張し続けて,全ての出与え(データ)を有機的なものにする。昔からビッグデータよりもライブ(生きた)データと言っているのはこういうことだ。

=}{*}

デルンでデルンに関する知識を整理しながらデルン理腑リファクタリング)をしているのは,何かとてつもなく凄いことのような気がするな。この上なく贅沢な知的作業だ。

=}{*}

いま,デルン出場(DB)設計を見直しているのだが,7年前に必要だと思っていた出与えデータ)の多くが必要ない,ということに7年かけて気付いた。

=}{*}

SNS喧騒にかき消されない集積地ネット上に築き上げ,反知性主義から人類知を守護すること。それが希哲館の使命であり,デルンが可能にすることだ。

=}{*}

デルンは,現代における「知の無力化」という課題に対する明確な解答である。

=}{*}

デルン大理腑リファクタリング),楽し過ぎる。7年間の蓄積が洗練されて何か途轍もないものに変貌しつつある。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha