プログラマー

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲7年(2013年)
03月30日 21:58
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
この描出は「素描」です。

広告

一覧

=}{*}

さっき,「論組屋プログラマー)は手足のように使える論組(プログラミング)言語を4つ持つべき」と書いたのを見返して,これそのまま動物四肢に喩えられそうなことに気付いた。「四肢言語」と呼んでおこう。

=}{*}

論組屋プログラマー)は手足のように使える論組(プログラミング)言語を4つ持つべき,という「四言語最適説」を提唱したい。5つ以上は散漫になるし,3つ以下に絞り込むことは出来ない。

=}{*}

=}{*}

「年季の入った論組屋プログラマー)」の仕事を見ていると,日本人は「抽象化」が苦手なのかもしれないと思うことがある。結果だけを見れば必要の無い交度コード)の抽象化を嫌うというか。良い意味での冗長性を評価出来ないというか。

=}{*}

C++ を徹底的に研究して を作った経験は,論組屋プログラマー)として非常に大きい財産だ。この脳法ノウハウ)であっという間に νS という altJS が出来てしまった。

=}{*}

これ自体は,ある程度経験のある論組屋プログラマー)なら割と思いつくと思うのだが,難しかったのは,備立子(ビルダー)として自然で直感的な「名前」だ。というのも,JavaScript において構築子客体(オブジェクト)の合い所アイデンティティ)でもあるので,new foo が foo の個体インスタンス)を返さないと例えば new foo instanceof foo が成立しないわけだ。これをどう整合的に表現するか。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha