希哲館事業

描主宇田川浩行K#F85E
上描き希哲8年(2014年)
06月24日 00:37
下描き希哲8年(2014年)
06月24日 00:36
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

希哲館を中核とした知業化事業の総称。

集成館事業に似ている。

この描出は「素描」です。

一覧

=}{*}

宣伝解禁してから一ヶ月ちょっとしか経っていないのに希哲館事業が世間に認知されていないと嘆く馬鹿こと私。マーケティングなめすぎ。

=}{*}

英語を勉強して海外に出よう,みたいな風潮も凄く強かった頃だが,私は平然と,日本を世界最強の国にして日本語を世界中に普及させればいいのに,と思っていた。良くも悪くも,この神経でなければ希哲館事業は始められなかっただろう。

=}{*}

=}{*}

非常に面白いなと思うのは,日本人の心をへし折ったその世界金融危機が顕在化したのと同じ年に希哲館事業が始まっていることだ。日本の情技(IT)産業から世界の頂点を取れる企業を生み出し,それによって日本極大国(ハイパーパワー)に導き,新国際秩序を樹立することを目指して。

=}{*}{*}{*}{*}{*}

=}{*}

大袈裟でもなんでもなく,デルンも含めて希哲館事業は全体として新し過ぎるし大き過ぎるので,本気で普及させようと思ったら本来百年はかかるし,百年で実現したら大成功だ。そもそもこの世にありえないような事業構想なのだから。それを数年でやろうとしている。

=}{*}{*}

=}{*}

しかし,デライトは本当に希哲館事業道標だな……。これに何度救われたか。

=}{*}

もちろん,希哲館事業だって事業である以上は影響力を高める努力をする必要があるが,それは,希哲館事業構想というこれまで誰も考えたことがないアイデアをいかにして広めるか,という問題であって,簡単に広まるありがちな話題作りのために事業をしているわけではない。あくまでも「自分自身を震源とするインフルエンサー」,つまるところは創造者になることだけを目指している。

=}{*}

普通の企業だとしても圧倒的な広報不足だし,希哲館事業話題性とか語れるほどの段階ではない。意外とあっさりウケるかもしれないし。

=}{*}

私がこの12年でやってきたことって……

論組(プログラミング)言語から情技(IT)史上最大級の柔品ソフトウェア)を作り上げる。

日本語史上最大の翻訳語体系を作り上げる。

新現代思想を体系化する。

応司(OS)も作る。

その他諸々なのだが,新しいことに挑戦するたびに絡んでくれる人が減っていった。面白いことをすれば面白がられるわけではない,ということを学んだ。

=}{*}

=}{*}

発足からわずか12年でそれを望むのは本来贅沢過ぎること。だが望む。

=}{*}

希哲館の場合,話題性以外のものが完璧に揃っている状態なので,ないものねだりではある。というか話題になった時点で現代の概念が変わるようなことやってるしな……。

=}{*}

希哲館事業構想あり,思想あり,技術あり,献典コンテンツ)あり,機運あり,とむしろ無いものを探す方が難しくて,この順風満帆な状況で失敗したら人類史上最無能の謗りを免れない,という謎の不安感が湧いてきている。

=}{*}

=}{*}

少なくとも,これまで日本が弱いとされてきたことは希哲館事業が十分以上に補っている。だから,これで駄目なら日本はもうどうにもならない。万策尽きた,という奴だ。最後の賭け。

=}{*}

これは冗談ではないというのが希哲館事業の恐しいところ。思想では既に世界で初めて新現代思想を確立しているし,技術では世界で初めてデルンを実用化しているし,それを融合してジパング計画から新国際秩序の確立まで構想は完成してしまっている。

=}{*}

=}{*}

希哲館事業は,構想思想技術のどれを取っても世界の頂点を取れる水準になっている。日本の情技(IT)業界,ひいては日本の再興は希哲館事業の成否にかかっていると言っても過言ではない。

=}{*}

分かってはいても,希哲館事業には時間がない。百年かかる仕事を一年にしなければ成り立たないようなところがある。

=}{*}

しかし,希哲館事業くらいの構想規模で,たった12年足らずの歴史で,認知度が低いとか言ってたら世界中の学者に怒られそうだな。ある程度新規性のある研究なら,数十年やって認められれば万々歳なのだし。

=}{*}

基盤をしっかり作っておいたおかげで,考えれば考えるほど,工夫すればするほど,環境は良くなっていく。これをひたすら続けていく。その先に知識産業革命は必ずある。

=}{*}

希哲館事業,全体的に「みんなでいじって遊べる」感じがないのは無視出来ない弱点だと思っている。特に日本発ということを考えた時に。ゆるキャラ以外でも何かそういう部分を作れないか,といっても事業の性質上難しいところもあるしな。

=}{*}

=}{*}

ただ,最近よく思うのは,希哲館事業はちょっと突き抜け過ぎている。私は基本的に日本という環境や日本語を重視しているが,日本人は基本的に「実力派」みたいなものを好まないので,愛嬌が無いというのは結構致命的な欠点になりうる。だから,ゆるキャラでも作るかという話になったのだが。

=}{*}{*}{*}

=}{*}

一体,何重苦背負ってるんだという話だが,ここまで来れたことだけでも奇跡としか言いようがない。もう希哲館事業常識の範疇をとっくに越えている。あるかもしれない,さらなる奇跡も。

=}{*}

よく,希哲館事業投資を受けられる事業だったらどんなに楽かと思うことがある。でも,楽なのは一時だけ,投資を受けた時点で希哲館絶対的独立性を失うことになり,希哲館事業構想骨抜きになる。だからあくまでも独力での収益化にこだわり続ける。

=}{*}

希哲館はすでに,「世界最高」を少なくとも二つ用意してきた。一つは,ザナドゥ計画WinFS を凌ぐ情報技術デルン実用化,もう一つは,これまでの現代思想の枠組みを越えた新現代思想を世界で初めて体系化したこと。あとはこれを知識産業革命に結実させられるかどうか。

=}{*}

似たようなことを何度も言っているが,今の希哲館事業成功しない方が不思議な状況なんだよな。もともとは成功するはずがない無茶苦茶な事業なのだが。

=}{*}

毎日技術改良し,献典コンテンツ)は蓄積し,構想完璧に整っている。これで何か成らないはずがない。

=}{*}

Mastodon で何らかの反応をしてくれたフォロワーにも,希哲館事業が成功したら100万円ずつ配りたい。

=}{*}

冗談のように思われるかもしれないが,冗談抜きで,今私がやってることって一人の人間の能力とか努力だけで出来ることの範疇を越え過ぎているので,いかに環境に恵まれていたか,ということだと思っている。その意味で感謝の念に偽りはない。

=}{*}

希哲館事業は,不真面目にどこまで真面目を追求出来るか,という試みであることを理解した上で楽しむのが通なのだが,たぶんそこまで理解出来ている人は地球上に数人だと思う。ディオゲネス的である,とはそういうことだ。

=}{*}

結局,希哲館事業って知的誠実さみたいなものが核心にないといけないので,煽りとか炎上商法みたいなことは必然的にタブーとせざるをえない。やろうと思えば実はそういうの得意なのだが,立場上出来なくなった。

=}{*}

そういえば昨日,希哲館事業構想完成度が高過ぎて愛嬌が無いのでゆるキャラでも作ろう,とかやってたが,実は事業を始める前は2ちゃんねるUNIX 板あたりでクソスレ乱立させて遊んでいるような,クソガキだったな。いつからこんなに真面目になったのか。

=}{*}

盛り込み過ぎ,とは言っても,希哲館事業というのが一つの文明を作るような大仕事中の大仕事なので,浅く広くウケても,深く狭くウケても仕方ない。深く広く世界を変えるものでなければ意味がない。しかし,普通に考えたらあと百年はかかる。

=}{*}

=}{*}

ちなみに,ザナドゥ(Xanadu)に対してジパング(Zipangu)を選んだのは,「X を越える究極の Z」という意味もあった。まあ,いちいちこういう凝り方をするから希哲館事業はなかなか認知されないのだが。

=}{*}

希哲館事業,全体的に趣向を凝らし過ぎてよく分からないものになっていたので,徹底的に軽常(カジュアル)性を追求するデライトが本当に救いになった。

=}{*}

トランプ就任後,アメリカももうまともな国ではないな,と思ったが,そのまともではない国に振り回されるだけの世界を見ていると,もう現代世界の崩壊過程なんだろうな,という気がする。だから私は希哲館事業を世に出すことを決意したのだが。

=}{*}

今月6月)は,やはりデルンの状態が飛躍的に改善したのが一番嬉しかった。希哲館事業心臓部だったが,それだけに手を入れる怖さもあった。その恐怖心苦手意識克服出来たのはとてつもなく大きい。

=}{*}{*}

=}{*}

希哲館事業でしか世界の危機は救えない,という私の危機感は変わっていないが,わずかな期間で自信は大きく変わった気がする。

=}{*}

とはいえ,ただ孤立して理想論を唱えていればいい,と思えるほど私も無垢ではない。徹底的に現実的な戦略が必要だ。だから「嫌でも希哲館事業注目せざるをえない」材料を多数蓄積してきた。

=}{*}

希哲館事業に私がここまで自信を持っている理由の核心的な部分が,意外に伝わっていなかったことは反省する必要があるな。SNS から KNS(knowledge networking service)へ,という理論的技術的基礎を持っていることが,今後の世界秩序の形成を主導する鍵になる,ということは少なくとも理屈では完璧に説明できること。

=}{*}

月庭」という根想コンセプト)は,水月のごとく個人の内面に浮かぶ真理の上に,が咲くを持てる,というもので,希哲館事業デルンにとって最高の修辞でもあるな。

=}{*}

私がどこまでも冒険出来たのは,そもそも生きて帰るつもりがなかったからだと思う。99%死ぬとしても私は希哲館事業のために生きてみたかった。思えば不思議な日本人だった。

=}{*}

自由への強烈な志向が神秘主義的世界観へ私を導き,そこからプラトン主義に合流した,というのが希哲館事業の原点といえなくもない。

=}{*}

希哲館事業は,日本史上最初の本格的な普遍主義運動なのではないか,と思うことがある。そもそも,プラトン主義と結びついて「普遍的世界観」を志向し始めたのがキリスト教であり西洋文明なのだが,特に宗教を持たない日本人である私がここまで普遍性にこだわるのは,簡単に言うと「わがまま」による。

=}{*}

今の希哲館事業戦略的完成度は,間違いなく史上最高級の位置にある。というより,ほとんど芸術である。

=}{*}

少なくとも,自分が目指している方向では自分が一番先頭を走っている,と思えていなければ「天下を取る」と言っても自分を騙しているに過ぎない。私は少なくとも希哲館事業の進路で先を行く者を知らないから,何の迷いもなく世界の頂点を取って日本を世界史上最大の極大国に導けると言っている。

=}{*}

私は希哲館事業となら何の迷いもなく心中出来るが,そう思わせるだけのものがあるってやはり尊いことだ。

=}{*}

希哲館事業発足から約12年,色々な発明があったが,一番の発明は,全ての発明の「」として継続蓄積を支えてきた希哲館という概念そのものかもしれない,と思うことがある。粘り抜くには考え抜かれた理念が必要。

=}{*}

希哲館事業ボロ船を改良しながら大海を行っている感じで,まさに冒険そのものだな。

=}{*}

だから,希哲館事業がもし失敗して金に困ったら近便コンビニ)バイトでもすると思う。

=}{*}

私は普通の情技(IT)企業就職してやっていけるのか,という話をしたが,そもそも面接の段階でかなり難しいな。「これまでのご経験は?」「はい,社会分断が深刻化する世界情勢を予見し,完全に独立した機関を立ち上げ,プラトン以来の大事業となる希哲民主主義を推進すべく,応司(OS)・言語水準からの盤本(プラットフォーム)開発を行い,SNS の枠組みを越えた KNS を提唱,将来的には鎌倉を独立国家にする構想まで整備してまいりました」……雇えるか?

=}{*}

=}{*}

ここまでなら絵に描いた餅かもしれないが,だとしても世界で最も美しい絵に描いた餅だとは言えるだろう。しかし希哲館事業の空恐ろしさは,こんな構想を実現する具体的な手段を見つけて,事業として軌道に乗せてしまったというところにある。

=}{*}

希哲館事業が世界史上最大にして最高の事業構想であると言えるのは,西洋最大の古典と現代最強の知識産業,そして東洋文化を結び付け,ジパング計画による希哲日本という国家模体(モデル)まで用意したからだ。

=}{*}

ここ数日で一気に世界情勢がきな臭くなってきて,希哲館事業にも割と緊張感が生じている。知識産業革命による大戦回避は一刻を争う。

=}{*}

そういえば,もともと「○○円でも希哲館事業は売れない」とよく言っていたのが起源だった。要するに世界中の全ての金を積まれても売れない,ということだったんだな。

=}{*}

希哲館事業サブセットとして,日本を世界史上最大の極大国(ハイパーパワー)に成長させようという「ジパング計画」があるわけだ。

=}{*}

希哲館事業は,ざっくり言ってここ3千年くらいの人類史の総決算のような事業だ。それ以前の世界では事業といっても高が知れているので,「世界史上最大の事業」と称しても過言ではないだろう,ということになっている。

=}{*}

まあ,ここまで理解させずに「世界史上最大の事業」とか「希哲館事業推定時価総額3京円」とかスナック感覚で聞かせている私も私だが。

=}{*}

私が希哲館事業を「世界史上最大の事業」と言った時,ただの放言と笑うか,その真意に気付くかは,乱暴に言ってしまえば「教養想像力の問題」だ。

=}{*}

最近,第三次世界大戦の勃発が現実味を帯びてきているので,希哲館事業を加速させる必要がある。

=}{*}

希哲館事業が発足したのはもう12年も前だ。この12年間,私は希望を独占してきたことになる。世の中がどんなに暗くても,私にはいつも限りない希望があった。なぜこれを分け与えることが出来なかったのか。

=}{*}

日本の大抵の問題が「滅茶苦茶成長すれば解決する」のだとしたら,希哲館事業をもっと早く成功させなかった私が悪いのかもしれない。そのせいで多くの日本人が貧しい選択肢の中で悩むことになった。

=}{*}

先細りしていく経済の中でどうやりくりするか,ということしか今の日本では語られていなくて,その中で政治が出来ることは限られている。じゃあどうすればいいのかというと,私はそこで希哲館事業なのだと思っている。

=}{*}

今の希哲館事業奇跡的順調だが,いかんせん挑戦しようとしている事が事なので予断を許さない。ここまで快調で失敗したらもう笑うしかない。

=}{*}

最近の希哲館事業の好調,環境整備の勝利という気がしている。

=}{*}

希哲館事業は……革新性普遍性独立性先見性……どれを取っても未曾有の水準にあり……これが「軌道に乗っている」ということの意味は……

=}{*}

人類史上最大の事業構想」といっても過言ではない希哲館事業が,実際に完全な独立性を保ったまま革新的な技術開発に成功していて,しかもその技術で運用している情報媒体がそれなりに盛況であるという事実は驚嘆に値する。

=}{*}

日本はこれから,世界史上類をみない発展を遂げるだろう……さっきもそんなことを書いたが,それがまんざら妄言でもないところが希哲館事業のこわいところ。

=}{*}

まあ希哲館事業が軌道に乗っているとか順調だということ自体,なんかありえないことだとは思う。明らかに夢ではないが,現実とも思えない。何かおかしなことが起こると思っていないとかえって不安になる。

=}{*}

私の場合,希哲館事業全体のうちデルン開発が占める割合は限られていたので,開発だけ見れば正味3年くらいではないかという気がするが,7年間ありとあらゆる記録にデルンを使い倒してきた自信もある。

=}{*}

そう考えると奇跡の連続だな。希哲館事業というのは。

=}{*}

希哲館事業の構想規模でこの捗り方はちょっと洒落にならない。まさに鬼に金棒だ。

=}{*}

この調子で希哲館事業が加速していくと夢が宇宙の果てまで拡がる。

=}{*}

希哲館事業を軌道に乗せたはいいが,いまいち軌道上を走る速度が出ないという最近の課題が吹き飛んだ……つまり,無敵状態である。

=}{*}

なんか物凄い武器を手に入れた気がする。これなら希哲館事業は光の速さまで加速出来るんじゃないだろうか。

=}{*}

希哲館事業を10年以上やってきて,毎日が冒険と発見の連続で,もう流石に刺激に慣れ過ぎたというのはあるかもしれない。乗軌化達成かという数ヶ月前なんか,毎日が麻薬漬けのような異常な多幸感があった。結局あれが快感の頂点だったのか……。

=}{*}

しかもこの希哲館事業はすでに軌道に乗せてしまっている。これも想像を絶する事実だ。実現したことがとんでもなさすぎて,ある種の虚脱感なのかもしれない。これ以上何を感じていいのか分からないというか。

=}{*}

恐ろしいのは,この筋書を実現する具体的な技術をすでに保有しているということだ。ここまで来ると,何か夢の中にいるようだ。

=}{*}

希哲館事業,どれだけ追い風が吹いてるんだろう……。

=}{*}

知機(knower)の発明による知識産業革命によって日本を世界史上最大の極大国(ハイパーパワー)に導き,それを足がかりに希哲民主主義に基く世界の新近代化を主導する。それが希哲館事業である。

=}{*}

私は希哲館事業を閃いた17歳の頃から3年間,「情技(IT)で世界経済を開拓し(学校も含め)諸社会制度を換骨奪胎することは可能か」ということを考え続ける「三年寝太郎」だった。学校社会と対峙するということは本来これくらいの大事だ。

=}{*}

そしてもう一つ再確認したことは,「日本人の画一性を指摘したところで何も変わらない」ということだ。大抵の日本人はそんなことに疑問を持ちたくないし,訴えたところで黙殺されるのがオチだ。それを見越して「技術で押し込む」戦略を取った希哲館事業は大正解だった。

=}{*}

ちなみに今の希哲館事業の原型を閃いたのは17歳の頃。言語哲学と全体性の哲学を情報工学と融合させ輪郭法を生み出し,それが資本主義共産主義の対立を越えた経済体制の基礎になると確信した。

=}{*}

私も希哲館事業を始める前に約3年間毎日,こんな無茶苦茶な事業が実現可能なのか,ぐるぐる考え続ける以外のことを何もしなかった時期がある。だから三年寝太郎が他人事とは思えないのかもしれない。

=}{*}

希哲館事業なんか,普及戦略をおざなりにしていたら千年かかってもおかしくない新規性があるし,本来自殺行為だ。それがわずか10年ちょっとで実現可能性が見えている。これは奇跡としか言いようがない。

=}{*}

希哲館事業が「狙撃型起業」である所以。遠くにある究極の目標を一発で撃ち抜くことだけを考えてきた。

=}{*}

日本には並の起業家こそ少ないかもしれないが,人類史上最大の事業構想である希哲館事業がある。だから日本はこれで戦う。それが希哲時代だ。

=}{*}

色々な意味で,いま希哲館事業は最高の環境にあると思う。

=}{*}

一見,物凄くどうしようもない状況な気がするのだが,私はそれほど悲観していない。というのも,希哲館事業の展望が明るいからだ。少なくともここからは突破口が見えている。デライトは間違いなく成功するし,希哲社は世界史上最大の企業になり得る。そして私は日本を見捨てない。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha