日本経済

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲6年(2012年)
12月12日 11:35
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
この描出は「素描」です。

広告

一覧

=}{*}

あちこちで泥沼のような開発現場の話を聞いていると,無難さを最重要視する日本人気質が完全に裏目に出ているなと思う。

=}{*}

柔品(ソフトウェア)開発における「思い切りの良さ」って本当に大切で,「動いているものは弄らない」とか消極的な仕事をしているとどんどん非効率の沼にはまっていく。最近,これこそ日本経済の停滞要因なんじゃないかという気がする。

=}{*}

身も蓋もないことを言うようだが,日本経済の問題って消費税がどうとか年金がどうとかいうことではなくて,成長戦略が無いこと,ただそれだけなのだと思う。日本が無茶苦茶に成長してたら大抵の問題は解決するわけで。

=}{*}

最近の論考をまとめると,平成バブル以降の日本経済の停滞は情技(IT)産業への重点移動に失敗したことが主因で,新しい分野を開拓しなければならない情技産業は協調(≒常識)を重んじる伝統的日本社会にはそもそも向いていない。それも日本人が頑張っていないからではなく,間違った方向に頑張り過ぎているからなので「危機感」では変わらない。

=}{*}

日本経済が停滞し続けていて,その原因が情技(IT)産業の失敗にあるのは明らかだ。不思議なのは,日本人がその失敗を認識していれば当然すべきことを何もしていない,ということだ。

=}{*}

そして日本経済に足りないものは強い情技(IT)産業だった。私がこれからの時代を「希哲時代」と呼ぶ理由がここにある。

=}{*}

最近,平成バブルの崩壊という現象はアメリカ一強体制の完成と産業構造の転換(脱工業化)による相対的な日本経済の地盤沈下現象と捉えるべき,という確信が深まっている。情技(IT)中心史観の嫌いはあるが。

=}{*}

確かに日本の情技(IT)業界は駄目だ。欺瞞的であり臆病であり,何より無能だ。死んでいるにも等しい。だが日本の情技業界を興隆させなければ日本経済の復活もありえない。情技産業とは現代産業の核心なのだ。いずれにせよ誰かが背負わなければならない。誰もやらないから私がやる。それだけのことだ。

=}{*}

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha