概念地図法

描主宇田川浩行K#F85E
上描き希哲7年(2013年)
04月03日 19:01
下描き希哲6年(2012年)
07月24日 19:37
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

概念地図法(がいねんちずほう,英語:concept map)は,概念同士の関係を視覚的に表現した図である。習得した知識の表現や整理に使われる。

1970年代にジョセフ・D・ノヴァクコーネル大学の研究チームが開発した。

フロリダ大学 IHMC(Institute For Human and Machine Cognition)のアルベルト・カナスは,概念地図法を応用したウェブサイトのブラウジング手法を研究している。

広告

一覧

=}{*}

概念地図法輪郭法の端的な違いは,前者が三人称視点(俯瞰的)なのに対して,後者は一人称視点で概念を渡り歩ける,というところにある。これは,いうなれば頭の中にある道路のような「概念網」をドライブしている感覚がある。

=}{*}

昔,アルベルト・カナスという人が 概念地図法情報処理に応用する研究をしていることを知ったのだが,その後あまり音沙汰がない。やろうとしていることはデルンのようなことで間違いないと思うのだが……。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha