思想

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲7年(2013年)
08月07日 22:26
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
この描出は「素描」です。
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

いま,個人知識管理(PKM)サービス「第二の頭脳」などと考える思想が(Evernote が出た頃から)静かに広まりつつあるが,これを知能増幅IA)と結び付けて論じたのは私が初めてだと思う。

=}{*}

私は,16歳くらいの頃にこの「高度非言語思考」の可能性に気付いた。つまり,概念を「あれ」とか「これ」で捉えておいて,頭の中で粘土をこねるように思想を練り上げる。名前は後から付ければいい。名前が先にあると思考足枷になるからだ。

=}{*}

=}{*}

SNS では,思想の異なるもの同士の対話成立しないことが多いが,そもそも「対話」を対立解消手段と捉えることに問題がある。

=}{*}

希哲館訳語のようなものがこれまで無かった一つの理由に,英語中心主義の普及というのはあるかもしれない。翻訳って,どこか国粋主義というか,自文化中心主義的な動機が必要で,日本語で自分の思想を表現したい,という強い思いがないと出来ない。

=}{*}

例えば,私は思想から技術から何でも思いつくままに書いているが,これは本来 SNS の使い方としてはアンチパターン。「そういう人だと思わなかった」とか「そんな話題は求めていない」と感じる人が必ず出てくる。しかし,私に言わせれば知ったことではない。お前の狭い人間像に他人を閉じ込めようとするな,と言う。私は,自分という人間をありのままに表現出来ないインターネットはもはや後進的だと思っている。

=}{*}

じゃあ思想から作ればいいじゃん,という暴力的なまでに単純発想希哲館事業は始まった。

=}{*}

=}{*}

日本の情技(IT)業界革新を生み出せない理由には一つ心当たりがあった。哲学で「日本人外国人思想に詳しいだけで新しい思想を生み出さない」と言われているのとそっくりだった。

=}{*}

この水準思想がこの水準のサービスになり,それも収益化目前となれば,それはどう控え目にいっても奇跡でしかない。この自信油断ではなく持ち辺モチベーション)にしたい。

=}{*}

厳密に同じ思想とは言えないものの,画表(グラフ)構造出与えデータ)を管理する,という意味では BTRON実身/仮身システムがある。これは普及にこそ失敗したが,いまだに一部愛好者が存在する,という意味では類似例で最も成功したものと言えるかもしれない。そう考えると,実は東洋的な技術なのかもしれない。

=}{*}

希哲館事業というのは,世界が直面する課題に哲学から体系的なソリューションを提供する世界初の事業だが,私に言わせれば,これが初めてという方がおかしい。政治経済思想も明らかに行き詰まっている時代に……。

=}{*}

残念ながら,人類はいまだに「美しい柔品ソフトウェア)」というものを作れていない。柔品は人間の思想を反映するもの。錯乱していない人間がいないのだから,錯乱していない柔品もない。

=}{*}

簡単に言うと,みんな自分の心情思想表現するのが下手なのだ。だから誤解を生むし,伝え切れない。本当はもっと良い思考の到達点があるはずなのに。私もそうだし,こればかりは修行を積むしかない。

=}{*}

希哲館事業構想あり,思想あり,技術あり,献典コンテンツ)あり,機運あり,とむしろ無いものを探す方が難しくて,この順風満帆な状況で失敗したら人類史上最無能の謗りを免れない,という謎の不安感が湧いてきている。

=}{*}

=}{*}

これは冗談ではないというのが希哲館事業の恐しいところ。思想では既に世界で初めて新現代思想を確立しているし,技術では世界で初めてデルンを実用化しているし,それを融合してジパング計画から新国際秩序の確立まで構想は完成してしまっている。

=}{*}

=}{*}

希哲館事業は,構想思想技術のどれを取っても世界の頂点を取れる水準になっている。日本の情技(IT)業界,ひいては日本の再興は希哲館事業の成否にかかっていると言っても過言ではない。

=}{*}

何度も言うが,政治家無能なのは政治家だけの責任ではない。良くも悪くも成熟してしまった現代先進国で「パッとする政策」なんてものを思いつくとしたら,それはただの政治家ではなく歴史に残る思想家だ。

=}{*}

政治家が軒並無能なのは,何も政治家たちの責任ではない。もう「思想」が無い時代なのだから。

=}{*}

=}{*}

とはいえ,私のように盤本(プラットフォーム)のみならず思想言語,(現実の)土地時代まで自分で作ろうという人間はアメリカ人にもほとんどいない。なぜならほとんどのアメリカ人よりも学校教育を受けていないからだ。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha