コロナ危機とカタカナ語・翻訳語問題

描主宇田川浩行K#F85E
上描き希哲14年(2020年)
04月17日 00:33
下描き希哲14年(2020年)
04月16日 14:11
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

コロナ危機真っ最中にある日本で,個人的に興味深い話題が最近あった。

政府から報道機関にいたるまで,重要感染症対策用語を見慣れないカタカナ英語表現していることを批判する声が多く上がったのだ。

このコロナ危機社会に様々な変化をもたらすだろうと言われているが,日本語の「カタカナ依存症」を長年問題視してきた私は,これも一つの契機として捉えている。

すでに希哲館訳語の方針は『希哲辞典』である程度示しているが,特に問題視されたカタカナ英語であるオーバーシュートロックダウンクラスターソーシャル ディスタンシング,さらにエンデミックエピデミックパンデミックといった基礎的な用語をどう翻訳するべきか,ここに簡単に記しておきたい。

そもそもカタカナ語の何が問題か

一般論として,日本語におけるカタカナ依存症がなぜ問題であり,どう取り組むべきか,ということについては,以前「なぜカタカナ外来語を訳すのか」という文章で書いているので,ピンと来ていない人にはそちらを一読してもらいたい。

コロナ危機に関していうと,伝えるべき多くの人に正しく意味が伝わっていないことが第一の問題といえる。専門用語として冗長で使いにくいという問題もある。

一部で,翻訳語では厳密な意図が伝わらない可能性があるとか,カタカナ語の方が印迫インパクト)があり「脅し」になるというカタカナ語擁護の仕方もあるが,これはあまり良い考え方とはいえない。

まず,カタカナ語であろうが翻訳語であろうが,こうした事態における用語はしかるべき機関が妥当な定義普及に努めるべきであって,カタカナ語でなければ本来の意味が見失われるということはない。和製英語というものを見ての通り,カタカナ語が原語からかけ離れた意味を持ち,かえって混乱するという現象はよくみられる。コロナ危機でも「オーバーシュート」を巡って同じ問題が持ち上がった。

また,「正しく恐れる」とよくいわれるように,危機において広く大衆に共有されるべき用語は,一にも二にも「物事の性質や重要性を正しく表現する」必要があり,油断させたり,必要以上に不安を抱かせるものであってはならない。その意味で,ぼんやりとした理解で使ってしまいやすいカタカナ語不適切であるといえる。

平たい意訳も時には必要

今回のコロナ危機では,オーバーシュートを「感染爆発」,ロックダウンを「都市封鎖」,クラスター感染を「集団感染」と言い換えよう,という動きがあり,これらはそれなりに使われるようになっている。

これらはごく平易な意訳語だが,この事態において素早く広く共有するための暫定訳語としては決して悪くない。当面はこれらを使い,長期的により妥当な翻訳語を考えるというのが希哲館の方針だ。

例えば,オーバーシュートの本来の意味は「目標や予測を越えること」なので,上振れ下振れといった表現があることを踏まえれば「大振れ」が適訳だろう。ただし,コロナ危機に関しては「感染爆発」が意図するところに近い表現で,オーバーシュート自体が誤用から和製英語に近いものになっている。

感染爆発」は他にもパンデミックアウトブレイク翻訳語としても使われているが,後述するようにパンデミックには「汎伝」という希哲館訳語があるため,残ったアウトブレイク暫定訳語として活用していくことを考えている。

ロックダウンに関しては「籠断」という希哲館訳語を提案しているが,新造訳語の普及には時間がかかるため,「都市封鎖」を併用する。

ソーシャル ディスタンシングは「社会散開

今回,特に日本語におけるカタカナ依存症翻訳文化の衰退を痛切に感じたのは,ソーシャル ディスタンシングを巡る「社会的距離」や「社会距離拡大戦略」などの悪訳の数々だ。

ソーシャル ディスタンシングとは「社会における個人間の一定距離を保つ活動」のことと解釈していいが,普通「距離」に距離を取る行動の意は含まれないため,「社会的距離」は単純な誤訳であり論外だ。その論外な翻訳語が意外と報道などでも使われているので,ここまで日本人日本語感覚は衰えたかと思わずにはいられなかった。

それに比べれば「社会距離拡大戦略」の類はまだ意味は正しく捉えているが,そもそも多くの人が共有しなければならない翻訳語としての「使い勝手」がまるで考えられていない。この翻訳語を考えた人は,声に出して読んで,それが普通の人々に使われると思えたのだろうか。

まともな翻訳語がないことはすでに多くの人が問題視しているが,目につく限り,代替案にも適切なものがなかった。

例えば,ソーシャルを「社交」と訳すべきではないか,という提案が一部であったが,この場合は妥当ではない。例えば公共空間で見知らぬ人同士が居合わせることを「社交」とは日本語では普通表現しない。ここはもっと広い意味でのソーシャルなので,「社会」という表現に特に問題があるわけではない。

そこで希哲館訳語として私が提案したのは「社会散開」だ。

散開とは,比較的広く認知されている軍事用語で「兵士同士が一定距離を取ること」を意味し,その距離感もソーシャル ディスタンシングに近い。恐らく,これ以上に集団の動きとしてイメージしやすく簡潔な表現は日本語には無い。社会全体における散開で「社会散開」というわけだ。

似た例として,「疎開」がある。疎開ももともと散開に似た軍事用語だったが,戦時中,分散的に避難することの意で用いられるようになった。

ちなみに,坂本龍一氏らが参加し人気を集めた音楽グループイエロー・マジック・オーケストラ(YMO)が1980年代解散を「散開」と表現して話題になったことがある。

穏伝,飛伝,汎伝

感染症伝染病)の流行には,エンデミックエピデミックパンデミックという3つの段階がある。希哲館訳語では,これらに「穏伝」「飛伝」「汎伝」という新造訳語を与えた。

穏伝」(エンデミック)は,限られた範囲で予測を越えない程度の比較的穏かな流行を指す。それを越えると「飛伝」(エピデミック)になり,さらに世界的な規模で流行すると「汎伝」(パンデミック)となる。

時間はかかっても,こうした翻訳語普及活動をしっかりやっていかなければならないと改めて感じている。

「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com
出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha