理腑

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲13年(2019年)
06月09日 21:17
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
この描出は「素描」です。

広告

一覧

=}{*}

本当に,つい最近まで, がこれほど優秀論組(プログラミング)言語だとは自分でも思っていなかった。理腑リファクタリング)にも最適化にも強すぎる。

=}{*}

理腑リファクタリング)の時に,いまいちどこから参照されてるのか分からないような函数の名前を一時的に変更して換配コンパイル)結果を見るという手段,何か気の効いた名前を付けたいな。「神隠し」みたいな。

=}{*}

こう気持ちよく解決すると,最適化の前に理腑リファクタリング),という判断の賢明さに魂が震える。

=}{*}

しかし,無茶苦茶な理腑リファクタリング)を無事終えてみると,静的言語RDBMS における形式性の有難味が身にしみて分かる。

=}{*}

大理腑リファクタリング)の作業,ようやく一段落した。「理腑」という訳語の通り,内臓をいじりまわすような作業で,なかなか精神的に来るものがあった……。

=}{*}

そういえば,内部を整える「リファクタリング」(理腑)があるなら外面を整えることにも何か用語があってもよさそうなものだ。何かあったような気も……。

=}{*}

デルンでデルンに関する知識を整理しながらデルン理腑リファクタリング)をしているのは,何かとてつもなく凄いことのような気がするな。この上なく贅沢な知的作業だ。

=}{*}

思い入れと歴史のある交度コード)の理腑リファクタリング)って,作業そのものに神経を使うというのもあるが,色々な感情がごちゃ混ぜに湧いてきて,意外にどっと疲れる。

=}{*}

=}{*}

いつどこで問題が起きたとしても,すぐに原因を把握し修正出来る,という自信を維持するために理腑リファクタリング)がある。

=}{*}

司組システム)というのは,ある程度大きくなってくると論組(プログラミング)言語から作った自分でさえ目を背けたくなるような部分が出来てくる。これは精神衛生的に非常によくない。

=}{*}

リファクタリングの訳語「理腑」,何か表現としてしっくり来すぎて論組プログラミング)以外にも応用出来そうだな。健康法とか。

=}{*}

ちゃんと翻訳すれば「柔品開発では理腑交度を整理し論組保守性を維持することが重要だ」と書ける文を「ソフトウェア開発ではリファクタリングコードを整理しプログラムの保守性を維持することが重要だ」と書いてきたのが従来の情技(IT)日本語だ。そりゃ負ける。

=}{*}

理腑」(リファクタリング)のような上質な訳語を手に入れると,本当に知的活動の質が上がる。

=}{*}

昨日の「団放」(だんぽう,ダンプ)といい,今日の「理腑」(りふ,リファクタリング)といい,翻訳の神はまだ私から離れないらしい。

=}{*}

リファクタリング,重要概念なのでやっぱりちゃんと訳しておきたいなと思って少し考えたのだが,前に考えた「理譜」から「理符」「理秘」などと少し派生案を出していったら「(内臓)を整理する」で「理腑」(りふ)と閃きに落ちた。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha