希哲13年8月25日

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲13年(2019年)
08月25日 00:04
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

私なんか,デルン開発にほとんど人生の全てを捧げているが,こんなもの,まだ私の頭の中にあるだけで,それが成功する保証など何もないし,失敗すれば何も残らない。冷静に考えると恐しいことだ。

=}{*}

日本人性格はしばしば「石橋を叩いて渡る」などと揶揄されるが,柔品(ソフトウェア)開発というのは言ってみれば「見えない吊り橋を渡る」ようなものだ。命知らずでなければ一歩も踏み出せない。

=}{*}

=}{*}

グロテスクは,「惧(おそ)れを露(あらわ)にする」で惧露(ぐろ),エロスは「艶露」(えんろ),なんて翻訳語も昔考えたな。

=}{*}

Babel,変換後の交度コード)を見るとやっぱり頼り過ぎるのも問題だな。一部機能の交度は結構,惧露グロテスク)なものがある。

=}{*}

日常的な使いやすさを考えると,イディオム翻訳語は「慣用形」か「慣用法」がよさそうだ。

=}{*}

もっと単純化して「慣用法」というのも捨てがたい。「慣用式」や「慣用文」は「」や「」が論組用語でもあるので使いにくい。

=}{*}

しかし,「慣用記法」の方が分かりやすいか。

=}{*}

昨日のツイスト

https://kitetu.com/KNo.F85E/A-5B28-80FE

=}{*}

よく木構造上位階層を「」と呼んだりするが,親は一つしかないわけで,これも考えてみると変な表現だな。自家受精なのか。

=}{*}

最近「コールバック」の翻訳語についてよく考えていて,いま試しに「呼縛」(こばく)を使ってみたのだが,悪くないな。音声的に一番それっぽいのと,字面的にも割と直感に適っている気がする。「束縛」という用語もあるし。

=}{*}

こういう函数引数設計について考える時,「目的の要素を目で追いやすいかどうか」を基準にするといい。時間を第一引数にするべきなのは,呼縛(コールバック)函数の後にすると,無名函数の終端を探さなければいけないから。これは明らかな設計ミス

=}{*}

JavaScript にある setTimeout()setInterval(),なぜ第二引数を時間にしたのか謎だ。明らかに読みにくい。というわけで,νS@dly()@itv() では第一引数に時間を指定するようにした。例:@dly( 1000, () => @log( '1秒後のログ出力' ) );

=}{*}
出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha