希哲14年6月30日の日記

描主宇田川浩行K#F85E
上描き希哲14年(2020年)
07月01日 14:06
下描き希哲14年(2020年)
06月30日 23:41
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

今月中には達成したかったデライト離立補完には至らなかったが,今月は新黄金状態獲得が大き過ぎたため,思い残すことはない。

計画を少し見直そうと考えた時,デライト収益化目標も「追い込み管理」になっていることに気付いた。

6月1日7月一杯までデライト開発専念することを想定したが,実は,8月まで何とかなりそうではあった。それでも7月一杯,それも少し早めて7月20日までに結果を出すと決めたのは,これまでもそうやって自分を追い込んできたからだった。

私には『ウサギとカメ』でいうところのウサギのようなところがあり,余裕があると思うと,一日中とりとめもない考え事をして過ごしてしまうことも多く,追い込み管理はこういう自分に焦燥感を与えるための方法だった。

しかし,新黄金状態こと第二次黄金状態に入ったことで,これも考え直さなければならなくなった。第二次黄金状態とは,持続可能な範囲で最大限心身を引き出している状態であり,無闇追い込みはかえって空回り反動を招きかねない。

結局,重要なことは毎日最善を尽くし,最大限の力を発揮することだ。特に私の場合,常に未知の領域を歩いているのだから,それさえ出来ていれば,あとは野となれ山となれだ。こう思えたのは大きな心境の変化だった。

目標設定目安として役に立つものではあるため,現状を考えてデライト離立補完来月2眉6日)まで,20日までのデライト収益化必達目標から努力目標へ,代わりに8月一杯までのデライト収益化を必達目標として設定しなおした。これが追い込みを意識せず,素直に考えた場合の組計だろう。

こうしてみると,気を引き締めていた分,良い意味時間ゆとりが感じられる。これが追い込み管理最後の効果になってほしい。

「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com
出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha