空き巣政治

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲13年(2019年)
04月18日 13:26
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
この描出は「素描」です。

広告

一覧

=}{*}

GAFAM がしばしば国家と対立するようになったのも,そういう意味では当然だ。これまで世界を変えるために政界を目指していたような若者達が情技(IT)業界を目指すようになり作り上げたのが GAFAM のような企業だ。これは日本史でいうと朝廷武家政権の関係に似ている。

=}{*}

民主主義国家というのは,その成熟とともに国民の政治的関心が低下していくものだ。民主主義が進展すればするほど国民は自由になり,政府を意識しなくなる。そして有望な若者は官僚や政治家ではなく例えば情技(IT)産業のような将来有望な業界を目指すようになる。結果として政界には人材がいなくなり,空き巣政治の温床となる。

=}{*}

今のアメリカの政治状況は,家を少しのあいだ空けたら空き巣に入られ,立て籠られてしまったという感じで,まさに「空き巣政治」と呼ぶに相応しい。

=}{*}

ドナルド・トランプヒラリーに総得票数で約300万票負け,当選後も支持率が不支持率を上回ったことがない「アメリカ人の多数派に否定され続けている大統領」であることは日本ではあまり知られていない。安倍政権のように支持率が過半数を越えないだけで多数派が黙認している政権とは違い,これは異例中の異例。

=}{*}

国民政治への関心・信任程度が下がると候補者の質と投票率が下がり,一部の特定思想を持ち投票意欲の高い有権者が国全体の代表者を生み出すことになる。これを私は「空き巣政治」と呼ぶ。代表的なのは勿論トランプ政権だが,安倍政権も消極的支持者に支えられているという意味ではこれに近い。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha