希哲13年12月5日のツイスト

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲13年(2019年)
12月05日 02:19
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

出与え(データ)型を省略するのではなく,書きやすさ読みやすさを極限まで向上させるという の「優しい型付け」(sweet typing),やっぱり設計思想として結構革命的なものがある。

=}{*}

知が巡る,というのはこういうことか。

=}{*}

※私がを2つ以上重ねるのは10年以上ぶり。

=}{*}

デルンにおいて中核的な役割を担う,輪郭識別子知番」(knumber,KNo.,K#)。7年前に手探りで実装してから怖くて触れない部分になっていたが,ここに来て刷新作業をしている。非常に感慨深い

=}{*}

たぶん,こんなところからサービス開発をしているのは,世界広しといえども私くらいのものだろう。

=}{*}

まあ,この病的神経質さでデライト正式離立リリース)まで漕ぎ着けたら是非,痛いほど誉めてあげて下さい……。

=}{*}

=}{*}

ついでにもう一つ,way() 以外にも my を活用したのが dear_ 接頭子own_ 接頭子交度コード)が「リリック」である所以。

=}{*}

しかし,これだけ圧倒的な 記述性を持ってしても離立リリース)に至らないのがデライトである。

=}{}

洋楽といえば, では類型(クラス)の () 演算子の定義が way() で出来るのだが,これは『マイ・ウェイ』に由来していた。C++ だと this->operator()() と書くところを my way() と書ける。

=}{*}

=}{*}

離立リリース)が遅れてもなお,開発しているサービスを内側から綺麗にしたがる男。

=}{*}

この〈the〉の使い方は, のちょっとした発明だと思う。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha