遅れてきた最適化

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲13年(2019年)
06月07日 11:30
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
この描出は「素描」です。

広告

一覧

=}{*}

デルン大最適化は,一番やるべき時期に問題をまとめて片付けたという意味では戦略的な大成功だったと思うし,何よりデルンという未知司組システム)が十分な安定性と性能で実装出来る,ということを実証した達成感は大きい。

=}{*}

PHPデルンプロトタイプ実装を作った時,出与えデータ)がほとんど無い状態なのに実用に耐えない速度だった。それを (当時はほとんど C++)で書き直し,自分で使いながら最低限の速度を確保するように更新してきた。直感的に早まった最適化を避けてきたというのもあるし,ここ最近になるまで方向性に揺らぎがあったというのもある。

=}{*}

デライトデルン開発の方向性が完全に定まったのはついこの前だから,デルンの最適化は今がやるべき時なのだろう。早まった最適化は完璧に避けられたようだ。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha