輪郭画表

描主宇田川浩行K#F85E
上描き希哲13年(2019年)
07月02日 00:39
下描き希哲13年(2019年)
07月02日 00:37
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

もともと輪郭図と呼んでいたが,希哲13年7月2日,比較的新しい訳語「画表」を使って「輪郭画表」と表現出来ることに気付いた。今後はこれを使用していくことにした。

一覧

=}{*}

このことをもっと哲学的に噛み砕いていくと。私にとって「情報内容」なんてものは錯覚,という感覚があるのかもしれない。画表(グラフ)構造こそが本質なのであって,そこにある出与え(データ)はオマケ。仏教色即是空みたいな。

=}{*}

アウトライナーマインドマップの限界は,実質的に木構造であったこと。人間の記憶画表(グラフ)構造でなければ十分に表現出来ないので,一面的にしか扱えなかった。これを可能にしたのが輪郭画表を扱えるデルン

=}{*}

デルン全知検索,楽しすぎて時間を忘れる。夢にまでみた輪郭画表(delinograph)を自由自在に操れる柔品(ソフトウェア)が実現している。

=}{*}

グラフを「画表」(がひょう)と訳すの,やっぱり良い感じだな。輪郭法における〈delinograph〉は「輪郭画表」になる。かっこいい。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha