希哲13年8月26日

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲13年(2019年)
08月26日 01:29
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

広告

一覧

=}{*}

GAFAM が巨大な風船だとすれば,希哲社は小さな鋼鉄弾丸である。GAFAM に対する希哲社の勝算はそこにある。

=}{*}

しかも,輪郭法という独自の理論を元にしたデルンがあり,その背景には高度に体系化された新現代思想がある。世界で最も密度の高い知識企業になっている。

=}{*}

希哲社の前縁技術は,νSaltJS),Aejs(νS 標準ライブラリ),SyMLHTML テンプレート として機能する XML 応用),SySS(メタ CSS)などで体系化されており,更にこれを C++ を基礎にした に組み込んで使い,開発環境は LFS から派生させた SLFS 。振り返ると気が遠くなるな……。

=}{*}

ついさっきまで,Aejs における事象聴取子イベントリスナー)の仕様を洗練させたり実装したりしていたのだが,本当に明日デライト再公開なんか出来るのか,不安になってきたな……。

=}{*}

自分で altJS 言語の νSライブラリ Aejs を作り,仮想要素やら事象(イベント)委譲機構やら実装してみて思ったことは,やっぱり生 JS なんか書くもんじゃない,ということかな……。

=}{*}

しかし,前縁(フロントエンド)開発がここまで奥深いものだとは思っていなかった。ふだん当たり前のように使っている WUI価値が分かる。

=}{*}

C++ を徹底的に研究して を作った経験は,論組屋プログラマー)として非常に大きい財産だ。この脳法ノウハウ)であっという間に νS という altJS が出来てしまった。

=}{*}

ちなみに, には標準で DBG() というマクロがあり,DBG() と書くだけでも譜類(ファイル)名・行番号が出力されるようになっている。もちろん,離立(リリース)時には自動的に除去出来る。これにならい,νSAejs)にも @DBG() を追加した。

=}{*}

νS の開発が本格化したことで,論組(プログラミング)言語は,言語仕様としてデバッグにどこまで配慮すべきなのか,ということをまた考えている。理想的な使われ方をした時に必要十分なものを提供するのが言語の仕事,と考えると,やはり printf デバッグ でいいという事になる。換言すれば,printf デバッグで済むくらい見通し良く書けるのが言語の理想。

=}{*}

昨日のツイスト

https://kitetu.com/KNo.F85E/A-5B28-5B91

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha