知能増幅技術

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲13年(2019年)
07月15日 21:56
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

私は恐らく,デルンによって知能増幅(IA)技術というものを人類で初めて用いた個体なのだが,知能増幅には「知能増幅酔い」とでもいうべきものがあることに気付いた。

=}{*}

日本をこの衰退状態から飛躍させるにはどうすればいいかについては,産業革命期のイギリスが一つの模体モデル)になる。知能増幅(IA)技術を核にした知識産業革命の実現。これしかない。

=}{*}

ジパング計画というのは,知能増幅技術による知識産業革命を中核とする政策体系だ。簡単に言えば,GAFAM を凌ぐ知識産業を起こし,それを原動力に日本を世界の最先端にすること。

=}{*}

とはいえ,私もデルンという知能増幅(IA)技術自由に使える膨大時間が無ければ希哲館訳語なんて出来なかったので,それ自体は無理もないことだと思うのだが。

=}{*}

希哲館事業特色は,世界最先端知能増幅(IA)技術を保有し,それによる社会変革展望体系化しているということにある。問題は,これをどう軽常カジュアル)に表現出来るか。

=}{*}

=}{*}

希哲館事業は,知能増幅(IA)技術にあらゆる社会革新を目指す事業です」くらいが,ぼんやりはしているが何となく分かった気になれる説明文かもしれない。

=}{*}

希哲館訳語は,自分でもなぜ出来ているのか不思議になるものの一つで,これが知能増幅(IA)技術効用なのだろうと思っている。

=}{*}

私は,知能増幅(IA)技術による「知識産業革命」,そして知識産業民主主義を統合する「希哲民主主義」の確立を目指して希哲館事業を始め,その具体的な手段としてのデライトも一応の形にしたが,こう思いもよらぬ形で世界経済世界秩序が揺らぎだすとなんか怖いものがあるな。

=}{*}

ぶっちゃけた話をしてしまうと,いま人工知能なんて手垢まみれの分野で戦おうとしている日本企業革新を起こせる気はあまりしていないので,未開拓分野である知能増幅技術普及成功した企業が次の覇権だろうなと思っている。日本勝機があるとしたらそこ。

=}{*}

大袈裟でなく,デライトが開拓している知能増幅技術という分野でいま希哲社に追いつける企業は無いと思う。もちろん,GAFAM も含めて。というか,道程を知ってしまうとやる気にすらならない。

=}{*}

そこで,「新しい神」(人工知能仮想通貨)から「新しい人間」(知能増幅(IA)技術)へ,という問題意識が立ち上がってくるのであり,希哲館はその最先端技術としてデライトを開発している。これが真の意味での「ビジョン」というものだ。

=}{*}

でも,10年単位で時間がかかるのが当たり前の研究開発,たった12年で世界初の実用的な知能増幅技術商業化成功したら,人類史上有数の奇跡的な大成功だよな,とか,そんな期待を胸に頑張っているわけだ。

=}{*}

デライトは,世界で初めて PMF を意識して作られた知能増幅技術,とも言えるかもしれない。

=}{*}

要するに,「願望」と「必要」,「あったらいいな」と「なくてはならない」の間の溝は大きい。多くの人は,知能増幅技術に「必要」を感じていない。

=}{*}

デルンは「世界初の実用的な知能増幅技術」を謳っているが,これは散々論じてきた通り,そのまま世の中に受け入れられるとは考えにくい。簡単な話,私はそういう性質の技術がことごとく失敗してきたのを知っているから。

=}{*}

世界で初めて知能増幅酔いに見舞われ,それを知能増幅技術で解決した男になった。

=}{*}

情報過多などで酷使し過ぎると心身に様々な悪影響を及ぼすことは「脳疲労」として知られているが,デルンのような知能増幅技術はそれを招きやすい。これを「脳過熱」と呼ぶことにした。

=}{*}

昨日書いた「メモはなぜ進歩しないのか」で,デルンのような知能増幅技術が「メモ」に着目すべき理由を説明した。知能増幅超現代的な技術であり,それを普及させるには徹底的に敷居を下げ,身近なところに入り口を置くしかない。

https://kitetu.com/KNo.F85E/A-5B28-8108

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha