希哲13年12月10日のツイスト

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲13年(2019年)
12月10日 10:49
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

広告

一覧

=}{*}

これは,革新的技術を持って世界の頂点で戦える日本で初めての「本物の情技(IT)企業」を生み出せるかどうかの瀬戸際なのだ。休んでいる暇は無い。

=}{*}

実はいま,私は実質的に超サイヤ人3相当なのだが,もう少し頑張って4になることにした。

=}{*}

中村哲さん,昔『アフガニスタンの診療所から』を読んで感銘を受けたことを訃報で思い出して,初心が蘇えってきた。青臭い話だが,希哲館事業を興した時,この技術で世界から紛争貧困を撲滅出来ると思っていた。

=}{*}

腹が減っては戦はできぬ,とは言うが,こんな時にステーキを食べていて私の反餓(ハングリー)精神は大丈夫なのだろうか……。まあ,最後の晩餐だと思おう。

=}{*}

逆に言うと,ここまで極めてしまった独自性を世に出せる手段がデライトしかない。だから必死にならざるをえない。

=}{*}

デライト成功,というのは,私にとって単に「開発したサービスの成功」を意味するのではない。この 希哲館訳語がほんの小さな部分に過ぎないくらいの希哲館事業膨大蓄積が,堰を切ったように世界に流出するということを意味している。異世界への扉を開こうとしているわけだ。

=}{}

いまの は,長年,「論組プログラム)はこう書きたい」と思っていた理想通りに書けるので嬉しい。表面的な部分だけでも,整然としていて,直感的で,簡潔で,おまけに遊び心がある。個人的には最高の言語

=}{*}

こういうのを見返すたびに,私の神経質さは何らかの精神障害に近いものがあると思うのだが,これでよくデライト正式離立リリース)直前まで漕ぎつけたと思う。目につくもの全てこの調子で関連付けて整理しなければ気が済まない性格なのだから。

=}{*}

ちなみにこの DG_T::see() という道手メソッド)は,検索演心教育(SEE: search engine education)用のサイトマップ向け輪郭oln)を取得するもの。それも〈sitemap〉ならぬ〈sightmap〉である。

=}{*}

何だろう,レトリック凝縮されているのかもしれない。dry例外を抑止しつつ,dear_ 接頭子で接続を参照し,my で自分の道手メソッド)を呼び出し,ret で値を返す。最初の放任(let-alone)函数 let() が実はこの ret にかかっているところとか。

=}{*}

いや,返し値を意図的に無視する放任(let-alone)函数を使ってるし,変数の初期化記法が統一されていない,n が定数になっていないとか,よく見ると決して完成された美しさではないのだが……何かときめくものがある。

=}{*}

遠い将来,Syngres という出場(DB)製品を開発したいのでいまのうちに PostgreSQL を知り尽くしておきたい。

=}{*}

今の感覚だと,get_typ_info() とかにすれば良さそうなものだと思うのだが,想像するに,最初書いた人は仮称のつもりで出来るだけ誤解の余地が無いように名付けて,それが参照されていくうちに修正出来なくなったのではないか。これだけ歴史のある柔品ソフトウェア)だと色んなことがあるだろうな,と勉強にはなる。

=}{*}

特に驚いたのは get_typlenbyvalalign() という函数。Type length by value align ってどういう意味だろうと思いながら何となく使っていたのだが,typlentypbyvaltypalign という3つの情報を得る函数だから全部繋げただけという……。

=}{*}

=}{*}

最近,PostgreSQL素交ソースコード)をよく読むようになったが,やっぱり命名はひどい。でも,論軸ロジック)はすっきりしているので意外と読める。

=}{}

技術的負債完済まであと一息……。これも考えてみれば凄いことだな。

=}{*}

いまのところ,デライト開発最善を歩んでいるが,最善の道が成功につながっているとは限らない。世界仕様がそれを不可能にしていないことを祈るばかりだ。

=}{*}

情報のあり方を急進的に変えようとする柔品ソフトウェア)は驚くほど滑る,ということを歴史は示している。

=}{*}

理腑リファクタリング)関連でよく見かけるマーティン・ファウラーさん,どこかで見た名前だと思ったらブリキだった。ブログウィキを融合させたような物なのだが,ピピンアットマークよりも流行らなかった。私がデライト開発戦略を重視している理由の一つに,この手のものが成功した試しがない,というのがある。

=}{*}

=}{*}

昨日の開発

https://kitetu.com/KNo.F85E/A-5B28-0941

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha