デライト開発

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲13年(2019年)
01月10日 23:13
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

デライト開発を中核としたジパング計画は,日本から GAFAM を越える企業創出知識産業革命希哲民主主義実現と,日本,ひいては世界政治経済大革新を起こしうる。この未曾有機会を与えられたことに感謝しつつ,持てる全てを注ぎ込む。

=}{*}

では私がなぜ SNS 上の不毛政治闘争参加しないのかといえば,私には別のが見えているからだ。KNS(knowledge networking service)を開発することが,私にとって何よりも強力に世の中を変えうる手段になっている。だから私は,デライト開発専念していればいい。

=}{*}

=}{*}

今日もおかげさまでデライト開発は捗りました。ありがとうございました。寝てる間に壊れてたら朝一で直します。

=}{*}

今日もおかげさまでデライト開発は助けられました。ありがとうございました。寝てる間に壊れてたら朝一で直します。

=}{*}

今日も充実したデライト開発でした。ありがとうございました。寝てる間に壊れてたら朝一で直します。

=}{*}

デライト開発はいま,「離立(リリース)補完」という過程にある。拙速過ぎて大々的に宣伝出来るような品質には程遠かった(名目上の)「正式離立」を補完しようということだ。まだ不親切な所や工事中のような所も多く,貴重な用者ユーザー)さんにも色々察しながら使ってもらっている状況

=}{*}

日本の情技(IT)教育のためにまず必要なことは,翻訳語整備。いまのところ,これが出来る蓄積を持っているのは希哲館だけなのだが,デライト開発最優先なのでまだ出来ることは多くない。

=}{*}

史上最大の翻訳語体系を収めた『希哲辞典』も,もうちょっと整理してしっかり宣伝すれば一大献典コンテンツ)になる潜在力は秘めているはずなのだが,いまはデライト開発最優先でまともに時間が割けない。

https://dict.kitetu.com/

=}{*}

デライト開発順調といえば順調なのだが,こうなると贅沢な悩みも増える。デライト開発ほど恵まれた柔品(ソフトウェア)開発なんて無いのだが……。

=}{*}

デライト開発がいかに恵まれた仕事か,胸に刻まないと駄目だな……。

=}{*}

デライト開発を通して私が学んだことは,世の中で当たり前のように使われている製品を開発することがいかに難しいか,ということ。だから開発者の方々への敬意自然に湧いてくる。Twitter とかも,一見単純に見えるから「似たようなものはすぐ作れる」と言われたものだが,とんでもない。

=}{*}

私も,Roam Research に対する優位性を保てているうちにデライト開発を頑張らないと,という気になった。これは大きな機会でもある。Roam のおかげでデライト意義理解してもらいやすくなっている。

=}{*}

私が GAFA を全社買い取れたら,全ての事業売却してデライト開発に集中させる,というほどデライトには期待している。

=}{*}

ただ私は Mastodon 捌きサーバー)の運用を通して色々な発見があってデライト開発に役立っているので,Mastodon には感謝している。

=}{*}

というか,デライト開発一段落してから,希哲館がほとんど何も自身の事業について説明していない,ということに気付かされた。希哲館事業理解されていないというより,理解させようとしてこなかった。

=}{*}

デライト開発に全てを投じて,今ごろ死んでいてもおかしくないのに,こうして何不自由ない生活を送れているのだから,本当に自分の力なんて小さいものだと思う。環境偉大過ぎて。

12
出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha