知識産業革命

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲11年(2017年)
12月05日 02:04
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

かつて,日本アメリカ黒船驚愕近代化工業化への道を歩み始めた。それから100年以上かけて日本人工業化の勝者となるも,脱工業化する世界に置き去りにされた。今度は知識産業革命日本で起こし,世界を驚愕させよう。

=}{*}

デライトのような個人知識管理サービス知能増幅(IA)につながり,SNSKNS(knowledge networking service)に変えるだろう。そして知識産業革命核心となる。

=}{*}

この状況日本はどうすれば再び飛躍出来るのか。答えは一つ。もう一度,産業革命を起こすしかない。それも,現在の世界経済を牽引する知識産業でだ。これが知識産業革命による日本再興計画「ジパング計画」。

=}{*}

私が希哲館訳語を通して日本語改革を試みているのは,日本知識産業革命成功すれば,日本語英語に取ってかわる可能性があるから,というのもある。

=}{*}

日本をこの衰退状態から飛躍させるにはどうすればいいかについては,産業革命期のイギリスが一つの模体モデル)になる。知能増幅(IA)技術を核にした知識産業革命の実現。これしかない。

=}{*}

ジパング計画というのは,知能増幅技術による知識産業革命を中核とする政策体系だ。簡単に言えば,GAFAM を凌ぐ知識産業を起こし,それを原動力に日本を世界の最先端にすること。

=}{*}

いよいよ日本経済が危なくなってきたので,知識産業革命もかつてないほど重く感じる。

=}{*}

江戸時代明治時代翻訳語に「西洋知識輸入する」という使命があったように,翻訳語にはそれに意義を与える上位概念が必要で,希哲館訳語の場合は知識産業革命を目指す希哲館事業構想がそれを担っている。ここは誰にも真似出来ないところ。

=}{*}

ここで,知識産業革命とか希哲民主主義とかジパング計画とか希哲館用語を盛り込むと一気に近寄り難い感じになる。そこまでいくと東大の上位1%が何となく分かるかもくらいの難解度になる。

=}{*}

本当に不思議なことに,その世界金融危機と同時に発足したのが希哲館事業だった。知識産業革命によって日本を世界史上最大の極大国ハイパーパワー)に成長させ,国際秩序を塗り替えることを目指して……。絶望希望奇妙な入れ替え。

=}{*}

それは日本人だからなのか,といえばそんなこともない。古代ギリシャ哲学から知識産業革命へ,という理論世界に先駆けて希哲館が確立したものだから。私は日本人だし。

=}{*}

私は,知能増幅(IA)技術による「知識産業革命」,そして知識産業民主主義を統合する「希哲民主主義」の確立を目指して希哲館事業を始め,その具体的な手段としてのデライトも一応の形にしたが,こう思いもよらぬ形で世界経済世界秩序が揺らぎだすとなんか怖いものがあるな。

=}{*}

12年前,知識産業革命による新近代化事業として希哲館事業は始まった。成功可能性万に一つもなさそうだった。しかし,万に一つの可能性を見出すには全力を注ぐしかない。そうやって歩み出した事業が,いまや……。

=}{*}

そういう意味で,日本絶好の位置にある。情技(IT)産業をたくみに国家体制に組み込むことが出来れば,高度な国民統合を維持したまま脱工業化の先,「知業化」を実現することが出来る。これがすなわち知識産業革命である。

=}{*}

アメリカはおそらく,今後100年混迷を続けるだろう。空いた覇権を埋められるのは日本しかない。その最低条件は,知識産業革命の実現だ。日本の情技(IT)産業改革する。

=}{*}

デライトなら,これまで人類には扱えなかった量の知識も,まるでが無限に拡張されたように扱えます。あなたも知識産業革命体験してみませんか?近日サービス公開!

=}{*}

希哲社には GAFAM を越えるどころか,「知識産業革命」の担い手として世界経済を全く新しい次元に導く可能性がある,と考えられる理由が,このデライトにある。この「ライト版デルン」構想で,デルン革新性に伴う難解さを初めて克服することが出来た。

=}{*}

希哲館事業というのは,知識産業革命,その名の通り知識産業大革新を起こし世界を塗り替えることを目標に長年研究を重ねてきたが,それを実現する方法はこれしかないというのが結論。大袈裟なようだが,「世界命運デライトにかかっている」というのは大真面目にそう思っている。

=}{*}

デライト成功が単にサービスのちょっとした成功,を意味するのではない,というのにはこういう理由がある。デライトの成功は知識産業革命の開始だ。

=}{*}

こうして毎日改善を積み重ねていて,いまだにデライト離立リリース)もままならないのは自分でも本当に不思議だ。知識産業革命なんて無茶苦茶な目標を掲げておいて,まださほど悲観的な状況にない,というのはそれだけ生産性を向上させ続けてきたからだと言えなくもないが。

=}{*}

日本にはおかしいところも多々あるが,それでも,奇跡的成功を収めたであることに変わりはない。知識産業革命さえ実現出来れば,すぐにでも世界史上最大の極大国ハイパーパワー)に成長出来る。

=}{*}

良く考えれば,日本が上手く立ち回って超大国になれる唯一の機会ともいえる。だからこそ,いまここで知識産業革命を実現するということが極めて重要な課題になる。

=}{*}

ただ,私自身が最善か無かという性格でもあるし,希哲館事業知識産業革命を目指す事業なので,その可能性を高めるためのいかなる危険リスクにならない。例えば,世界一の富豪になれたとしても,希哲館事業成功させられない人生は私にとって等価だ。

=}{*}

私がなぜデライトにこれだけ心血を注いでいるのかといえば,インターネットのあり方,いや情報のあり方を根底から変えうるデルンが,誰にでも簡単に使えるようになるというサービスだから。「知識産業革命」というのは冗談でも放言でもない。

=}{*}

結局のところ,希哲館事業で私がやってきたことというのは,この日本知識産業基盤を作り,世界史上最大知識産業革命を実現することだったのだと思う。

=}{*}

私がなぜ「知識産業革命」の可能性についてしつこく論じているのかといえば,それが日本で起こせるからだ。理論上は。

=}{*}

なぜ私が日本再興計画「ジパング計画」において知識産業革命の実現を最優先事項としているのかといえば,そういうことだ。

=}{*}

こんなとてつもない企業があの日本から出てきたのか,と世界中を驚かせてやろうじゃないか。近代化高度経済成長,に続く「三度目の奇跡」が知識産業革命だ。

=}{*}

いつも言っている気がするが,ここまで毎日進歩があって,まだ知識産業革命は成らないのか。世界史上最大の資本創造するというのはこんなにも難しいことだったのか。

=}{*}

毎日恐しい速さで進歩しているが,知識産業革命にはいつになったら辿り着くのか。

=}{*}

理想柔品(ソフトウェア)企業」をこの日本で創り,世界頂点に立ち,知識産業革命を実現し……この限りないは……。

=}{*}

ただ,日本語の潜在能力は高いので,翻訳技法なども含めしっかり体系化すれば,世界で最も高機能な言語になる。日本知識産業革命を起こすなら,これは避けて通れない。

=}{*}

=}{*}

だからこそ,その情報の流れを変えることに成功すれば「知識産業革命」と言えるほどの変革になる,という確信がある。

=}{*}

基盤をしっかり作っておいたおかげで,考えれば考えるほど,工夫すればするほど,環境は良くなっていく。これをひたすら続けていく。その先に知識産業革命は必ずある。

=}{*}

希哲館はすでに,「世界最高」を少なくとも二つ用意してきた。一つは,ザナドゥ計画WinFS を凌ぐ情報技術デルン実用化,もう一つは,これまでの現代思想の枠組みを越えた新現代思想を世界で初めて体系化したこと。あとはこれを知識産業革命に結実させられるかどうか。

=}{*}

デルンをここまで育てることが出来たことに感謝したい。これは日本でしか生まれえなかった,知識産業革命を実現する世界史上最大の発明だ。

=}{*}

日本米中に勝つ方法はただ一つ。「量より質」の産業革新を断行し,知識産業革命を実現することだ。それを「ジパング計画」と呼ぶ。

=}{*}

知機による知識産業革命を実現し,ジパング計画日本を世界史上最大の極大国ハイパーパワー)へと導き,希哲民主主義に基く新世界秩序の構築を主導する……そんな幻のようなが,わずか数年で向こうから迫ってくるとは。

=}{*}

=}{*}

知識産業革命を可能にし,日本を世界史上最大の極大国(ハイパーパワー)に導くことが出来るようになりありがとうございます。

=}{*}

実際,東洋文化に傾倒していたジョブズ時代の Apple が「アメリカ的」な企業ではなかったように,本当に大きな価値は文化の境界に眠っている。「日本人的ではない日本人」にしか出来ないことがある。

=}{*}

その一方で,日本人的な神経質さとか細部への拘りが活きているな,と感じることも多々ある。このあたりに日本知識産業革命の中心地になる,と私が確信する理由がある。

=}{*}

知識産業革命とは,人間が自身の知識を効率的に処理出来る機械知機)の発明によって特徴付けられる産業革新で,「より高度な知識を生み出す知識」の資本的運動が知識産業と融合し爆発的な経済成長を可能にする。

=}{*}

まだ23日か,と思えるくらい進捗は凄まじいのだが,この速さで仕事が進んでまだ知識産業革命には及ばないのが凄い。もう凄いとしか言いようがない。

=}{*}

ここ数日で一気に世界情勢がきな臭くなってきて,希哲館事業にも割と緊張感が生じている。知識産業革命による大戦回避は一刻を争う。

=}{*}

これは知識産業革命源泉を掘り当てた感触かもしれない。

=}{*}

私はたった一人でも,全人類に逆らおうと神に逆らおうとも,この道の先頭を行く。少なくとも現代日本はこういう人間を一人は生み出している。未来が無いわけがない。

12
出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha