希哲館訳語

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲11年(2017年)
08月25日 22:30
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

今日のイチオシ希哲館訳語るいしん累新ルネサンスRenaissance)。日本史上の大きな社会革新である改新維新をもじり「累(かさ)ねて新しくする」の意を与えた造訳語

=}{*}

今日の面白い希哲館訳語ごたい語体ロゴタイプ。一般に「ロゴ」と略される,図案化された文字列のこと。

=}{*}

いまは,希哲館訳語を収録した『希哲辞典』を立ち上げようとしているのだが,やはり語体ロゴタイプ)が面倒臭い。別に h1文字列だけでも良いのだが,気分的に……。

=}{*}

今日の便利な希哲館訳語ゆうが遊画ビデオ ゲームvideo game)。日本語ではかつて「テレビゲーム」という表現が存在したものの,形態多様化により廃れ,しばしば混乱を招く「ゲーム」のみで呼称される。

=}{*}

希哲館訳語は,もはや一つの技術かもしれない。デライト開発はこれがなければ成立していない。

=}{*}

言うまでもなく,希哲館訳語の構築もその膨大なスコレーのなせるわざだった。

=}{*}

希哲館訳語,「日本語史上最大の翻訳語体系」とはいうが,そりゃまあ誰もここまでやれないわな,と一つ翻訳語を造るたびに思うのであった。

=}{*}

希哲館訳語を造っていて思うのは,これも結局,デルンと同じで多くの人にとって「あったらいいもの」でしかない,ということ。日本語カタカナ依存症を問題視する人は多いが,じゃあ翻訳語が「なくてはならないもの」かというとそうではない。そう考えると,デライトのように,徹底的に参照しやすくした辞書サイトがやっぱり必要か。

=}{*}

今日のイチオシ希哲館訳語かんぺん勧遍】(宣伝活動の意での)キャンペーンcampaign)。勧め遍(あまね)くするの意。

=}{*}

今日の便利な希哲館訳語ざっぴ雑飛ザッピングzapping)。カタカナ語としての原語は,主にテレビ着路チャンネル)を気ままに切り替えて視聴することを指す。近年では,情報媒体から乱雑に情報を集めたり,物語上の視点を細かく切り替えるような演出についても使うようになった。

=}{*}

今日の面白い希哲館訳語まんとう漫套マントmanteau)。外套の一種で,肩から羽織る袖無しのもの。「」は締まりなく広がる様を表す

=}{*}

=}{*}

ランダム希哲館訳語乱為」(らんだめ)について少し検証。字は無作為のようで悪くないのだが,和語ため」のすっきりした解釈が出来ないので迷っていた。

=}{*}

今日の便利な希哲館訳語こんぱく梱薄コンパクトcompact)。「」はしばるたばねるの意。「」は薄いの他,少ない軽いの意でも用いられる。

=}{*}

サービス希哲館訳語として短期的に実験していた「侍い」(さぶらい),サービスとの類似性は面白いのだが,語感がちょっと重くて,商業的には使いにくいな。

=}{*}

最新の希哲館訳語さぶらい侍いサービスservice)。サービスはサーブserve)の名詞形で,原義奴隷として仕えること。さぶらいは「さぶらう」の連用形で,原義は貴人に仕えること。サムライ由来

=}{*}

基本,デライトでは希哲館訳語を極力使わない方針。そもそもデライトデルン)自体が宇宙から来たような未知道具なのに,希哲館訳語なんか使ったら訳分からな過ぎてまず誰も近付けない。

=}{*}

ヘルプ希哲館訳語,今のところ「手引き」としておいて,用合い(UI)では「使い方」みたいな表示にしておく,というのが自然で分かりやすいかなという感じ。デライトではそうしている。

=}{*}

今日のイチオシ希哲館訳語:こしゅう【顧衆】コンシューマー(consumer)。原語は「消費者」と訳せるが,商業においてはカタカナ語として用いられることも多い。「顧客としての公衆」の意で造語。

=}{*}

仮想通貨ブームのはるか前から希哲館構想してきた仮想通貨に「ドロ」(dollo)というのがある。元々データの古い希哲館訳語に「泥汰」というのがあり,これと「蓮は泥より出でて泥に染まらず」ドルをかけたものだった。これもそろそろ何かに使えそうだ。

=}{*}

希哲館訳語を考えていても思うが,やはり今の日本の情技(IT)業界の問題として,日本人開発者日本語的に不自然なものを作ってしまう,だから外国製品に対して言語的親和性差別化出来ていない,というのは間違いなくある。国内ですら支持を固められない。

=}{*}

しかし,希哲館訳語が無ければデライト開発もここまで順調には行かなかっただろうな,と思うと,やっぱり言語は「知の血」だ。母語の力を最大限に活かして考え書く,ということがいかに重要なことか。

=}{*}

今日の便利な希哲館訳語だいろく台録ディレクトリーdirectory)。原語源は「導くもの」で,指示規則をまとめたもの,住所氏名などを収録したものといった意味で使われるようになった。勘報コンピューティング)では譜類ファイル)の所在を表すものから転じて譜類の入れ物として機能する。「」は基礎になるものの意(台帳台本)。

=}{*}

今日の便利な希哲館訳語きゅうらい求頼クエリーquery)。勘報コンピューティング)では「問い合わせ」が冗長かつ誤解の余地のある訳語であるため「クエリ」と混在している現状がある。要求依頼を合成。

=}{*}

希哲館訳語望事」(プロジェクト),最初はそんなに気に入っていなかったのだが,意外としっくりくる。原語語感を上手く掴んでいるのかもしれない。

=}{*}

=}{*}

何度か言っているが,デライト強いのは,他に無いということと,効果実証されていること。私は元々情報整理系の通類ツール)をよく研究していて,その上でデルンを開発しているので,代替が無いことは保証出来るし,希哲館訳語のように,従来の通類では不可能だったことも出来ている。開発者にとってこの確信ほど得難いものはない。

=}{*}

あとは,ツイストActivityPub に対応させたいのだが,もし輪結リンク)がそのまま反映されるとしたら,例えば希哲館訳語なんかを原語併記無しでそのまま書いて,意味が知りたければ輪結先に飛ぶとか,出来るかもしれない。出来たら印迫インパクト)は大きいだろうな。意味符号化勝利

=}{*}

ちなみに,希哲館訳語やその他私の用語の類はデライトで簡単に検索出来る。私がどういう風に膨大な用語管理しているか分かるはずだ。

=}{*}

例えば最近よく紹介している希哲館訳語。あれだけの翻訳語を次から次に生み出せるのはなぜか,というと,デルンがあったから。これまで生身の人間には不可能だった知的作業可能になる。ライト版デルンことデライトには,その力を万人に届ける可能性がある。

=}{*}

今日の面白い希哲館訳語はいふ輩符ハイフンhyphen)。主にと語を繋ぐために用いられる約物。「ともがら同類)の」の意。

=}{*}

今日の便利な希哲館訳語ようじゃ用者ユーザーuser)。日本語において「使用」と「利用」は微妙に意味合いが異なり,使用者利用者では抽象度が低く使いにくい場合がある。原語は中国語〈用户〉と訳される。

=}{*}

今日のイチオシ希哲館訳語もちべ持ち辺モチベーションmotivation)。原語義は「(しばしば持続的な)動機」だが,単に「動機」と言った場合「きっかけ」に近い語感があるため,これを避けて用いる。「気持ち寄る辺」という意味を持たせ,カタカナ略語モチベ」の音写にもなっている。

=}{*}

今日の便利な希哲館訳語りこう履好】主に商業分野で用いられるレコメンドrecommend)の翻訳語。「好み履(ふ)む(ふまえる)」と「履んだ(履歴の)好み」のどちらでも解釈出来る。

=}{*}

今日の便利な希哲館訳語ちゅうとう注陶チュートリアルtutorial)。原語義集中的指導すること。「」は練り上げるように育てることの意でも用いられる(薫陶陶冶)。同じく「陶」を使った希哲館訳語に「陶練」(とうれんトレーニング)がある。

=}{*}

今日の面白い希哲館訳語ひんとう瀕答ヒントhint)。「」は限りなく近付くの意(瀕死)。原語カタカナ語として用いられる多くの場合「手掛かり」を表すことから。

=}{*}

結局,外資系盤本プラットフォーム)がカタカナ語を好むから,日本人はそれに合わせるしかない,という面もある。特に Windows影響は大きいと思う。私が盤本開発希哲館訳語の整備と両輪で進めている理由。

=}{*}

今日のイチオシ希哲館訳語てさだめ手定めテストtest),テスティングtesting)。原語源は「土製の壺」を表すラテン語で,錬金術実験に用いられたことから「試す」という意味を持った。「試験」よりも「手を加えながら試す」という意味合いが強い表現で,「」と見定め品定めの「定め」を組み合わせた造語を当てた。

https://kitetu.com/KNo.F85E/A-D64E-7FD6

=}{*}

弁値」(ベンチマーク)という希哲館訳語,一見適当な当て字っぽいのだが,実は「価値弁別」という意味がちゃんとある。

=}{*}

例えば希哲館訳語なんかも,このデルンという技術を利用してはじめてここまで高度な蓄積が出来た。デルン以前から翻訳語の蓄積は始めていたのだが,急速に発展したのはデルンの実用化から。まあこれは,希哲館訳語が「日本語史上最大の翻訳語体系」と断言出来る最大の根拠でもある。これまで私しか使えなかった技術に依存しているからだ。

=}{*}

今日の便利な希哲館訳語さんぱ参派サード パーティthird party)。参加参入の「」を大字……)にかけ,性質を共有する集団を意味する「」を付けた翻訳語原語直訳すると「第三者団体」だが,商業分野ではあまり使われない。

=}{*}

今日の面白い希哲館訳語えりびと選り人エリートelite)。選ばれた者。人を選ぶという意味で「人選り」(ひとえり)という言葉がある。

=}{*}

今日のイチオシ希哲館訳語がひょう画表グラフgraph)。情報図形的表現したもの,またはそれとみなせる抽象的構造のこと。「円画表」「画表理論」「画表構造」。

=}{*}

急に思い出した希哲館訳語ししょう試象シミュレーションsimulation)。主に情報を得ることを目的として現象再現する(試す)こと。/えんしょう演象エミュレーションemulation)。主に実用を目的として現象を再現する(演じさせる)こと。

=}{*}

今日のイチオシ希哲館訳語えんじん演心広義エンジンengine)。原語源才能能力などを表すラテン語展開するもの()の中心,の意。「検索演心」。

=}{*}

いずれにせよ,このままの情技(IT)日本語の「言語的負債」を子供達に残すわけにはいかない。遅かれ早かれ,希哲館訳語は何らかの形で世に出るだろうし,出さなくてはならないと思っている。もちろん希哲館訳語の全てが絶対的な正解とは言わないが,少なくとも叩き台としてこれ以上のものが無いことは多くの人に同意してもらえるだろう。

=}{*}

希哲館事業の「人類史上最大の事業構想」にしても希哲館訳語の「日本語史上最大の翻訳語体系」にしても,どうも希哲館がやっていることは日本人視界には収まりにくいようで,私は事実を淡々と述べているだけのつもりなのだが,井の中の蛙放言と受け取られがちなのが玉に瑕。勘の鋭い人なら,単なる思いつきならかえって言えることではない,と分かるのだろうが……。

=}{*}

希哲館訳語は,原語が表す概念理解に努め,原語を取り巻く状況を既存の翻訳語古典も含めて入念に調べ上げ,語感,他の翻訳語との整合性使い勝手……あらゆる面から検討を重ねて造られている。一つの翻訳語に定まるまでボツ案が数十語出ることも珍しくない。それを自分で率先して使う。そんな翻訳語が数百はある。控え目に言っても「日本語史上最大の翻訳語体系」と表現せざるをえない所以。

=}{*}

プログラムにしても,原理は計算であるにしても,プログラマーですら「算譜」という訳に違和感を覚える人は多いと思う。昔は知らないが,現代的なプログラミングはどちらかと言えば計算より論理に重点がある。そこでプログラムプログラミング)の希哲館訳語は「論組」(ろんぐみ)となった。

=}{*}

プログラムも「算譜」ではほとんどの人が理解出来ない。一つの鍵は,「コンピューティング」が「計算」とは訳せない,ということ。これは間接的に,英語におけるコンピュートという概念が,単に計算をすることから計算によって情報処理をすることに拡張されていることを示していた。そこで,希哲館訳語勘報」(かんぽう)が生まれた。すなわち,情報勘定である。

=}{*}

ちなみに私が希哲館訳語音写性重視しているのは,全てにおいて原語をよく再現した理想翻訳語を目指しているからというのもあるが,やっぱりカタカナ外来語を大量に置き換えると,「原語連想しやすい」というのは単純に便利。記憶しやすく思い出しやすい。

=}{*}

基本的に,ここで紹介しているような希哲館訳語はそれなりの考証を経て,無数の没案の上に立ち,これ以上の翻訳語は考えられないだろうと「上等訳語」に認定したものなので,つっこみ所がほとんど無い。つっこみに懸賞をかけてもいいくらいで。

=}{*}

折角登場したので今日のアレな希哲館訳語めんぶれ面触れメンバーmember)の翻訳語。「顔触れ」の「」をやや抽象度の高い「」に置き換え,主に技術用語として用いる(「面触れ函数」等)。似た語に面子メンツ)がある。

=}{*}

希哲館訳語だって,本当はもっと茶目っ気があった方がいいのかもしれない……が,今でも結構アレなところがあると思う。だってメンバーを「面触れ」(めんぶれ)とか大真面目な顔で使ってるんだから,つっこめるだろ。もっといじって話題にしてくれ,という本音も全くなくはない。

=}{*}

ちなみに私は江戸時代後期から明治時代を中心に行われた翻訳語多産期を「(第一次)大翻訳時代」と呼んでいて,第二次大翻訳時代を創ろう,という趣旨で希哲館訳語を蓄積してきたので,無視どころか利用してきたくらいなのだが,自分が散々言ってきたつもりのことって本当に伝わっていないものだな……。

=}{*}

=}{*}

うーん,それを全て踏まえた上で問題意識を持っているのが希哲館訳語,ということは流石に伝わっていないか……。でもまあ,関心が無いわけではなく努力不足だと分かるとちょっとやる気が湧く。もっと頑張ろう。

=}{*}

しかし,もう一つ希哲館訳語を振り返ってみて痛感するのが,日本語改良するものでありながら,これほど日本人離れした仕事もないな,ということ。膨大な翻訳語を一人で勝手に創り,勝手に使い続けることが出来る日本人というのは,少なくとも私が知っている日本人像からはかけ離れている。だからこそ続ける意義がある。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha