司組

描主宇田川浩行K#F85E
上描き希哲11年(2017年)
12月28日 22:31
下描き希哲11年(2017年)
08月06日 02:03
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

しそ,しくみ

当初「司総」が有力案だったが,「思想」と発音上の区別が付かないことを理由に廃案(経済シソウ,政治シソウ……などと同じ単語と組み合わせる語が多い)。

「仕組」と書いて「しそ」と読ませることも検討したが,一見「しくみ」との区別が付かない(送り仮名を省いただけに見える)ため廃案(希哲11年11月23日)。

一覧

=}{*}

司組システム)というのは,ある程度大きくなってくると論組(プログラミング)言語から作った自分でさえ目を背けたくなるような部分が出来てくる。これは精神衛生的に非常によくない。

=}{*}

なぜ私がこんなに大胆に翻訳語の実験が出来るのかというと,デルンが言葉の「意図」を残せる司組(システム)で,検索性追跡可能性が落ちないからだ。これはただの文字列として文章を扱う司組ではありえない。

=}{*}

こんな実装で本当に大丈夫なのかとか思いながら動き出して,それなりに結果が出てきて,継ぎ接ぎだらけでもう手の付けられない状態だった保守性を何とか回復して,で7年くらい経ってようやくデルンという司組(システム)が自分のものになった気がする。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha