輪郭法新用語体系

描主宇田川浩行K#F85E
上描き希哲12年(2018年)
02月21日 20:34
下描き希哲12年(2018年)
02月21日 19:46
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

希哲12年2月21日,長らく整理されていなかった輪郭法(およびデルン)の用語体系の方針を,用語「輪郭」(outline)の導入,「描出」(delineation)あるいは「描写」をその内容とすることを中心に整理することを思いつき,これ以前以後を「輪郭法旧用語体系」,「輪郭法新用語体系」と仮称することにした。描出の内容をどういう用語で表現するべきか,という課題も解消出来る。検討中。

デルン公開への作業に入り,「分かりやすさ」を重視するようになったため「」(vio)を使うことは避けることを考え始める。別の用途で使うか,あくまでも理論上の用語とするかは検討中。

一覧

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha