カタカナ外来語

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲12年(2018年)
10月17日 23:45
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
この描出は「素描」です。

広告

一覧

=}{*}

とはいっても,日本語の場合,あきらかに冗長なカタカナ外来語が蔓延し過ぎているので,それ以前の問題も多い。プログラミング論組サードパーティ参派ショートカット省割。どっちが読み書きしやすいかは考えるまでもないが,それだけでも訴求しなかったりする。

=}{*}

例えば,コードというカタカナ英語を「交度」と訳してみる。コードと交度,見比べてみても,長さは一文字しか違わない。読む速度は両方1秒にも満たない。じゃあコードでいいんじゃないか?これが落とし穴。0.1秒の差が何千,何万……と積み重なるのが言語情報だ。この差は単語だけに注目していると分からない。

=}{*}

昨日こんな文章を書いたが,一番やっかいなのは,言語の衰退は自覚しにくい,ということ。誰も悪いと思ってカタカナ外来語を使ったりしているわけではない。

言語を取り戻せ

https://kitetu.com/KNo.F85E/A-5B28-75F2

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha