デライト

描主宇田川浩行K#F85E
上描き希哲12年(2018年)
11月23日 16:59
下描き希哲12年(2018年)
11月23日 00:57
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

希哲12年11月23日,用語として正式採用。

デルンの機能を絞り込んだサービス。

情報の「輪郭」を組み合わせて記録する新感覚メモ。

「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

一覧

=}{*}

デライトを世に出すまで,私は自分の日本人らしくない部分に助けられていると感じることが多かった。例えば,協調性皆無自己中心的独断的なところとか。でなければ,デライトのようなものは開発出来なかっただろう。ただ,改善段階に入ると日本人開発者の有難味が分かる。今の希哲社に日本人を集めれば無敵かもしれない。

=}{*}

デライト,まだかなり不親切ではあるものの「実際に私が使えているし代替品がないから」というのを拠り所に離立リリース)出来たのだが,この利便性をどこまで伝えられるかが勝負だな。

=}{*}

デライト諸場用合い(モバイル UI),結構悩ましいな。個機PC)版の操作性をどこまで移植出来るのか。

=}{*}

デライト軌道に乗ったとしても,その先が長い。

=}{*}

離立リリース)以外のものを全て兼ね備えていたデライトが離立したことで,生みの苦しみからは確かに解放された。それで楽になったのかというと,そうでもない。育ての苦しみはたぶんずっと続くのだろうな……。

=}{*}

=}{*}

デライト,見れば見るほど,複雑かつ長大望事プロジェクト)をよくここまで梱薄コンパクト)にまとめたな,という感じなのだが,それでもまだ十分ではないのだろうから恐しい。

=}{*}

とりあえず,デライトの「はじめに」はこのくらいでいったん完成としておこう。固有名詞は出していないが,一応ザナドゥ計画WinFS のことも匂わせている。しかし,実装がまだトホホなのに文章だけはやたらかっこよくなってしまった……まだ絵に描いた餅だな……。

https://dlt.kitetu.com/intro

=}{*}

ただ,白熊作戦デライトダーウィンの海短期攻略作戦)が成功すれば,「トランプ敗因KNS普及SNS が力を失なったこと」くらいは言わせられる可能性があり,そこが最低目標。

=}{*}

デライトの「はじめに」ページ,一見さんに読ませるにはちょっと重いので,簡潔な導入部と解説部に分けて,アウトライナーマインドマップとの違い,ザナドゥ計画WinFS の失敗を踏まえていることまで盛り込もうとしているのだが,自分で笑えてくるな。ここまで軽常カジュアル)な侍いサービス)にはまず書かれない内容。

=}{*}

デライト正式離立リリース)を曲がりなりにも達成し,今度はダー海ことダーウィンの海の短期攻略作戦「白熊作戦」が本格始動した。デライトは,ダーウィンの海を泳ぎ切り,「知性の楽園」を築くことが出来るのか?乞御期待!

=}{*}

ちなみにデライト独自応司(OS)上で前縁フロントエンド)も後縁バックエンド)も独自言語という開発環境で,ここまでの形にするのに事業発足からわずか12年。これだけの不確実要素を抱えて12年でこの精度というのは,それなりに驚異的なことかも。

=}{*}

デライト,誰がみても分かる問題は午前中にでも直すとして,16日までには開発者として感じる不満点を全て解消したい。これはこれで,開発者としては幸福時間だな。

=}{*}

これでデライトは曲がりなりにも正式離立(リリース)と言えるのだろうか……。曲がり過ぎている気はするが。

=}{*}

デライト,一応設計上はマルチプレイ対応なのだが,正式離立までに良い感じに調整出来るかは微妙だな……。

=}{*}

結局のところ,日本の情技(IT)産業の問題は,「簡単で奥の浅い製品」と「複雑で奥の深い製品」はあっても「簡単で奥の深い製品」が無かったということだったように思うので,デライトをその最初の例にしたい。

=}{*}

この文章,デライト理解してもらうために必要な情報は盛り込みつつ,何の予備知識もない人でもドン引きせずに何とか雰囲気で読めそう,という線に何とか持ち込めた気がする。しかし,徹底的に噛み砕いてこれなのだから,いかに無茶苦茶な道を歩んできたか……よくここまで来た。

=}{*}

ざっと書いたデライトの「はじめに草稿雰囲気としては思ったより悪くない。むしろ,こんなややこしいサービスを,ここまでオブラートに包めたか,という感じ。

=}{*}

Twitter Japan……これは……これこそが……「神風」というやつなのか?デライトにとっては最高の状況じゃないか。

=}{*}

基本,デライトでは希哲館訳語を極力使わない方針。そもそもデライトデルン)自体が宇宙から来たような未知道具なのに,希哲館訳語なんか使ったら訳分からな過ぎてまず誰も近付けない。

=}{*}

ヘルプ希哲館訳語,今のところ「手引き」としておいて,用合い(UI)では「使い方」みたいな表示にしておく,というのが自然で分かりやすいかなという感じ。デライトではそうしている。

=}{*}

今日も出だしからアイデア噴出したが,これ,デライトが無かったら間違いなく溺れてるな。デライトでアイデア整理しながらデライト開発をしている。これも自己保担セルフホスティング)か。

=}{*}

でも,こういうことも含めて「機運」なのだろうな,と思う。ウェブ成熟PWA みたいなものも実用的になり,SNS情報発信を日常化すると同時に弊害認識されだし,日本衰退危機感最高潮デライトのような製品がようやく求められつつある時代。ここしかない。

=}{*}

私がデライトで「なんでもメモ」と言う時の「なんでも」は,ウィキ的な語句輪結キーワードリンク)やタグのそれよりはるかのことを想定しているのだが,たぶんそれは消費者には伝わらない。まだ Scrapbox ですら最先端道具なのだから。

=}{*}

ただ,Scrapbox はちょっと憎めない。多くのメモアプリと違って,メモ概念を変えようとしているのはとして素晴らしいと思うし,基本的には好感を抱いている。だからデライトと競合することで複雑な気分なのだろう。

=}{*}

デライトを使えば,従来のメモ通類ツール)とは次元が全く違うものであることは分かると思うのだが,使ってもらうまでが大変

=}{*}

デライト理論技術両面において Scrapbox を凌いでいると思うが,これから GAFA と戦おうという時に,目指すところの近い同じ日本人開発者同士で競合するというのも,なんか悲しいものがある。

=}{*}

デライトScrapbox では満足出来ない,というに非常に強く訴求しそうではあるのだが……。

=}{*}

メカソクラテス」とはよく言ったもので(私が勝手に言ったのだが),今のデライトにはソクラテスが宿っているような気さえする。今でいう「インフルエンサー」のようなソフィスト跋扈し,衆愚政治蔓延するという状況までそっくりで,不思議気分だ。

=}{*}

=}{*}

デライト普及するということは,インターネット中心SNS から KNS(knowledge networking service)になり,顕示欲駆動から知識欲駆動転換するということ。世界が変わる。そう簡単戦いではない。

=}{*}

久しぶりに聴いた『夜へ急ぐ人』の「おいでおいで」が耳から離れないのだが,もしかして,デライトへの集客について考えているからなのか。

=}{*}

これは,どちらかいうと仏教的世界観に近いデライト東洋で初めて GAFAM を凌駕する企業を生み出すかもしれない,と思える理由の一つ。

=}{*}

もう一つ,デライトに近い例としてマイクロソフトが一強時代に提唱して頓挫した WinFS がある。デルンデライトは,その規模の技術開発をわずか13年でここまで進めてきた,といえば,私がここまで興奮している理由が分かるかもしれない。

=}{*}

今のデライト,私にとっては世界で一番面白いおもちゃなのだが,これを多くの人と共有する努力を忘れるとただの自己満足で終わってしまう。分かりやすい文書注陶チュートリアル)の整備にも手を抜けない。

=}{*}

デライトは,簡単に言ってしまえば,の中にある情報を全て SNS 感覚で検索共有出来るようにする仕組み。これを普及すれば,人類知のあり方が一変する。「メカソクラテス」たるゆえん。

=}{*}

いざそこで公開され動いているデライトを見ていると,こんなもの,どこかで割り切らないと一生世に出せないよな,とつくづく思う。

=}{*}

今日は細かい磨き上げの作業が多かったが,着実にデライト品質向上している。堂々とデライト正式離立リリース)と言えるまでもう一息。

=}{*}

デライトトップページ)に「ログイン⤴」と書いてあるのに引っかかった人もいるかもしれないが,実はこれ,録落ちログアウト)を「」で表現するためのもので,録入りログイン)すると意味が分かるようになっているのだが……。

=}{*}

デライト柔品ソフトウェア)界の iPhone のようなものになるかもしれない,と言ってきたが,方向性には確信しかないので,あとは私の根性問題だな……。どこまで磨き上げることが出来るか。

=}{*}

私がデライトにここまで期待する理由は,端的に言えば,普遍的領域で,唯一無二技術を有する日本で初めてのサービスだからだ。これは GAFAM との戦いを始める最低条件と考えてきた。

=}{*}

残念ながら,ネットで効率的に稼ぐ,ということを考えた時に現状 GAFA から逃れる手は無い。ブロガーにせよ YouTuber にせよ。しかし,GAFA も元々はそんな先行企業を利用して下剋上したのだから,デライトも遠慮なく利用させてもらおう。

=}{*}

デライト広告,とりあえずは領当てレイアウト)完了。私は根っからの広告嫌いで,デライトでも人が集まって金を稼ぐ必要に迫られた時にと考えていたのだが,これだけ調和していれば最初から堂々と掲載して問題ないだろう。むしろ商品としての完成度の高さに見えてきた。

=}{*}

SNS感情の増幅装置として,世界衆愚政治に導いてしまった。デライトが牽引する KNS は,世界の知性取り戻す

=}{*}

で,それが SNS の限界なら,そこでデライトKNS を普及させる意義がある。

=}{*}

=}{*}

デライトも当然収益を上げなければいけないわけで,そうなると広告をどう扱うかという問題があるのだが,美観の問題であまり下品な配置にはしたくない。Twitter に似た感じで,個々の輪郭の間に邪魔にならない程度に挿入することになるだろう。

=}{*}

利用規約広告など,デライト開発外の検討のため,正式離立リリース)は1日ほど遅れる見込み。とはいえ,丸1日かかると思っていたことが3時間でまとまりそうだからやっておこう,という感じなので,全体としては極めて順調

=}{*}

デライトSNS から KNS(knowledge networking service)への転換を実現したい。

=}{*}

ちなみに,デライトでは「法律違反以外は何でも良し」という規約で行こうと思っている。結局のところ,仕組み解決出来ない問題はどうしようもない。社会的に有害なことは「書かせない」のではなく,「書く意味がない」仕組みにしていくことが重要

=}{*}

そんな努力の甲斐あってか,デライトへの反応は予想よりはずっと良い。手応え十分

=}{*}

アウトライナーとかマインドマップ関係で検索してみると,「自分の知識整理するために十分な道具が無い」と感じている人は少なからず存在することが分かる。彼らにデライト認知してもらうために何が必要か,ということ。

=}{*}

簡単に(?)言えば,ザナドゥ計画WinFSデライトが討つ,ということだ。

=}{*}

残るデライト課題は,「伝える努力」だ。人間,自分が伝わっていると思っていることの半分も実際には伝わっていないものなので,過剰なくらい何度も,分かりやすく伝えないといけない。学術的技術的高度製品失敗する原因は,たいてい開発者一般人感覚差にある。

=}{*}

デライト希哲社GAFAM 以上の存在にする可能性がある,と念仏のように唱えてきたが,実際に出来上がると現実的にそんな気がしてくるな。

=}{*}

いや,でも,やっぱり信じよう。自分とみんなを。デライトは必ず成功するだろう。

=}{*}

デライトリチウムイオン電池に近いものを感じるが,面白いことに,成功するまでの時間もちょっと似ている。吉野さんは悪魔の川死の谷ダーウィンの海5年ずつ費したらしいのだが,デライトも5年,7年,と来ている。だがあと数年も持たないぞ……。

=}{*}

そうか,デライトはいまダーウィンの海に入ったところなんだな……。短いか長いかはさておき。

=}{*}

何度か言っているが,デライト強いのは,他に無いということと,効果実証されていること。私は元々情報整理系の通類ツール)をよく研究していて,その上でデルンを開発しているので,代替が無いことは保証出来るし,希哲館訳語のように,従来の通類では不可能だったことも出来ている。開発者にとってこの確信ほど得難いものはない。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha