デライト

描主宇田川浩行K#F85E
上描き希哲12年(2018年)
11月23日 16:59
下描き希哲12年(2018年)
11月23日 00:57
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

希哲12年11月23日,用語として正式採用。

デルンの機能を絞り込んだサービス。

情報の「輪郭」を組み合わせて記録する新感覚メモ。

「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

一覧

=}{*}

デライト,その名の通り軽常カジュアル)に使えることを主眼に置いて開発して,いまだにこれだけとっつきにくいのだから,本当に長い道程だったんだな……。

=}{*}

そこで「神経目線」になってみると,情報のやりとりは出来るだけ近場で済ませたい,ということになる。つまり,必要十分情報最短で辿り付けるように整理されている。これをどう再現するか,という問題への答え輪郭法でありデルンでありデライト

=}{*}

デルンデライト開発するために C++ を基礎にした という論組(プログラミング)言語開発し,Linux From Scratch を基礎に SLFS(セルフス)という応司(OS)を開発したという話もした方がいいんだろうな。

=}{*}

今のデライトにはページャーすらない。つまり,最新の10件より古い投稿が辿れない。常識で考えると不便そうなのだが,実際使っているとそうでもない。これは,輪郭がページャーのように機能しているからだろう。流石に,無限スクロールくらいは近いうちに実装するが。

=}{*}

デルンデライトのような司組システム)では,全文検索のような曖昧さを許容する検索機能がかえって邪魔になる,というのは大きな発見だった。検索語完全一致しない情報が非常に目障りだった。

=}{*}

今のデライトと異なり,最初期のデルンはかなりベタ実装だった。検索全文検索で,普通のページャーがあり,ブックマーク的なものもあった。ところが,弄っているうちに邪魔になり一旦削除,再実装後回しにし続け今にいたる。

=}{*}

Roam Research を触ってみてもう一つ感じたのは,やっぱりアウトライナーウィキキメラ的に共存させたような司組システム)なので,単純に保守性は低そう。それは遅い一因かもしれない。そこでデライトのような最小高機能主義必要

=}{*}

デライトFPS(first-person shooter)みたいな感じで,FPN(first-person networker)と言えるかもしれない。神経網一人称視点探索している感じ。

=}{*}

デライトならまだ勝てる……まだ勝てる……。

=}{*}

私も,Roam Research に対する優位性を保てているうちにデライト開発を頑張らないと,という気になった。これは大きな機会でもある。Roam のおかげでデライト意義理解してもらいやすくなっている。

=}{*}

とはいえ,Roam Research においてこの識別子はあくまでも裏方という感じで,用者はあくまでも名前ページを管理する設計だし,デルンデライトの「意味符号」こと知番(knumber)のようなものにはなっていない。

=}{*}

デライトのような個人知識管理サービス知能増幅(IA)につながり,SNSKNS(knowledge networking service)に変えるだろう。そして知識産業革命核心となる。

=}{*}

この辺でデライト周辺調査は終えたい。先の理由で,デライトは現在宣伝を控えている状態で,公式 @Dlt_jp も「正式離立」直後からツイート停止している。ここは裏話みたいなものなので積極的に言及しているが,興味のある方は工事中ビル見学するくらいの気持ちで覗いて頂ければ。

=}{*}

そのデライト開発状況だが,私自身の完璧主義克服するために「正式離立(リリース)」と銘打って2月13日公開したものの,十分な品質ではなく「離立補完」という作業をしている。これを終えた時が実質離立になるだろう。

=}{*}

デライト周辺調査を経て,Roam Researchデライトの仮想敵になった。Roam が順当に成長すると仮定すれば,Roam に勝った者が市場を制するという状況が必ず訪れる。そして Roam は構造上必ず限界直面する。そこにデライトをぶつける。

=}{*}

もう一つ,デライトが特殊なのは,「意味による輪結リンク)」を実現していること。Evernote はちょっと特殊だが,他は語句(キーワード)による輪結で,これは一定以上複雑情報を扱えない。最終的に,ここが Roam Research に対するデライトの優位性になってくるだろう。

=}{*}

デライトは,「輪郭」という概念ネットワーク構造階層的に閲覧操作することを可能にしている。この種の「統合過激派」は,新しい概念必要とすることから実装普及上の障害が大きく,世に知られているものはまだない。

=}{*}

ただ,Roam Research統合派といってもかなり穏健派印象を受ける。すでに知られているものを抱き合わせているので,理解しやすく開発しやすい。統合派の中には,独自の概念一本化してしまおうという過激派がある。これが他でもない,デライトだ。

=}{*}

デルンの実用化を果したのは,そんな時代,2012年だった。今のデライトとも比べ物にならない使い勝手の悪さ,遅さ。それでも,情報の組織化機能という点でデルンに勝るものがなく,これ以降,私は全ての情報蓄積発信をデルン上で行うようになる。

=}{*}

というか,数秒程度の GIF 動画ではなくて,私が日常的にどうデライトを使っているかが分かる動画を撮った方が良いんだろうな。

=}{*}

まだ書きかけなのだが,デライトにおける「輪郭」や「引き入れ」について少し説明。なぜ個人知識管理(PKM)において輪括リンクルージョン)が重要なのか。Roam Research にも通じる話。

https://kitetu.com/KNo.F85E/A-5B28-4CEB

=}{*}

K#9-D657 さん,気が向いたらでいいのですが,デライトで使いにくいと思っているところ,よく分からないところを,いくつでもいいのでざっと教えて頂けると有り難いです……。

=}{*}

デライトは,出し方さえ間違えなければ日本にとって「内の黒船」となるだろう。ただ,まだその時ではない(手抜き実装過ぎて)。

=}{*}

この文章は,階層構造ネットワーク構造双方の利点欠点を踏まえた上で,どう技術的解決するかという所まで踏み込んだ数少ない例。解決のアプローチデルンデライトとは異なるが面白い。

https://ubiteku.oinker.me/category/cotoami/

=}{*}

個人知識管理サービス理論設計面で最先端を行っているのはデライトだ,という自負は全く揺るがないが,いかんせん実装がひどくて売り込み時機を見極めるのが難しい。

=}{*}

もちろん,そこでデライトをどう売り込めるか,というのが私にとって最大の関心事ScrapboxRoam Research に食われかかっているところで登場,が理想的ではあるが……。

=}{*}

Roam Research熱狂的用者ユーザー)集団を指すらしい #roamcult,確かに勢いが凄いな。デライトが最も恐れるべき相手かもしれない。

=}{*}

実は Alexa Traffic Rank5桁というのは大した数字ではない(デライトkitetu.com ですら29,506位)のだが,4桁小細工で行ける域ではないので,実際に人気があるんだろうな。

=}{*}

これまで使ってきた「メモサービス」も簡単でいいのだが,ちょっと意味が軽く見える。個人知識を全体的に整理蓄積する用途で使えるメモサービス,という意味を強調したい場合に「個人知識管理サービス」が使えそう。もちろんデライトもここに入る。

=}{*}

構造は明らかに階層構造ではないが,人間ネットワーク構造漫然思考しているわけでもない。いわば「多重階層構造」が結果的にネットワーク構造になっている。これを捉えたのが輪郭法で,その実装デルンデライト

=}{*}

でも,デライト興味を持って適当にでも何か書き込んでくれるのは,本当に嬉しい有り難い長年,一人で掘り続けていたの向こうから,ようやく人の声が聴こえてきたような感動がある。ありがとう……

=}{*}

デルンデライトが普通のメモサービスと異なる大きな理由は,もともとこれが「(文字ではなく)意味を書きたい」という要求のために開発されたものだから。つまり,「意味符号化」のための「意味集合管理司組(システム)」をメモサービスとして提供している。

=}{*}

ちなみに,この @Hiro_twst でやっている「ツイスト」(デライト連動ツイート)というのは,デライト上の投稿マイクロブログに再投稿するという手法情報を紐付けて蓄積出来るデライトと,Twitter発信力を同時に活かせる。

=}{*}

デライト入門者向けに一つ分かりやすい使い道提示するなら,「意味に基く輪結リンク)を縦横無尽に張り巡らせることが出来る Twitter」として使うこと。要は風変りなマイクロブログ

=}{*}

何度も引き合いに出して悪いのだが,ウィキ的に理解しやすい Scrapbox ですらまだ難しいという人が多い中で,デライトが受け入れられるのか,不安が無いといえばになる。

=}{*}

デライトの「分かりにくさ」というのは確かに問題で,それは多分,文書用合い(UI)などの未整備による部分と,それを取り除いても残る部分があると思う。後者は,昔 Twitter使い方が分からない人が多かったように,文化的課題もある。

=}{*}

デライトは,基本的に頭の中のあれこれに知番(knumber)という「意味符号」を付けて互いに紐付けることが出来る,という司組システム)。思い浮かんだことを思い浮かんだままに書き出していくことで知識整理されていく。

=}{*}

デライト,まだまだ分かりにくいですよね……。もうちょっと文書を整備するなり UI改善しないと一般向けには売り込めないな,というところです。

=}{*}

Alexa Traffic Rank はいわば弁値ベンチマーク)みたいなもので,それが全てではないが,広く利用されているサイトはそれなりに上位に来る。まだ積極的に宣伝していないデライトが引き離されていないことから大体利用実態の察しは付く。

=}{*}

まだ個人知識管理(PKM)系サービストラフィックは文字中心とはいえ少ない。Alexa Traffic Rank でいうと,注目Roam Researchroamresearch.com)が20,740位,Scrapboxscrapbox.io)が20,772位。ちなみにデライトkitetu.com)は30,306位。これからの分野。

=}{*}

デルンデライトから私が離れられない大きな理由の一つは,とりあえず適当な名前を付けて概念を書き出し,それらを関連付けながらより良い名前にしていく,という作業がこれでしか出来ないから。

=}{*}

デライト周辺調査Cotoami試用根想コンセプト)は Scrapbox に負けず劣らず鋭いところを突いていると思う。というか,やりたいことはデライトに一番近い気もする。

=}{*}

デライト個人知識管理(PKM)の分野に革新をもたらす技術であることは間違いない。あとは実装市場戦略マーケティング)の両面でどこまで洗練させられるか。

=}{*}

私が GAFA を全社買い取れたら,全ての事業売却してデライト開発に集中させる,というほどデライトには期待している。

=}{*}

デライトは,デルン実用化した8年前には明らかに「早過ぎた発明」だったと思う。今やっとそろそろかな,まだちょっと早いかな,と思えるようになった。

=}{*}

これは昔から語っていることなのだが,ウィキ的な語句輪結(キーワードリンク)というのはいまだに乗り越えられていない。我々の思考語句名辞)だけで成り立っているわけではないので,概念そのものを掴む仕組みが必要なのだが,それを実用水準にしているのは今のところデライトだけだと思う。

=}{*}

デライト周辺調査をしていると,デライトが一見似ているサービスとは全く異質なものであることが分かる。もともとメモサービス擬態したようなものだから当然か。

=}{*}

デライトでも外部画像表示くらいは対応してもいいかもしれないな。

=}{*}

デライト周辺調査は道半ばだが,やはりデライト個人知識管理(PKM)・メモサービス系の製品としては,理論設計面で群を抜いているし,この市場環境なら間違いなく売れる。売れていないのは,一重に私の実装力問題

=}{*}

デライト周辺調査の一環として Scrapbox試用デルンデライトとの共通点検索から投稿までの流れくらいか。やはり語句輪結リンク)なので扱える情報には限りがある。ただ,単純アイデアを中心に上手くまとまっている。

=}{*}

=}{*}

今日からデライト上の体調記録に「音楽の聴こえ方」も記録していくことにした。

=}{*}

しかし,私のやってることの SNS ウケの悪さって何とかならないものか。言ってることがことごとく SNS サイズじゃない……。だからデライトがあるのだし,それで十分といえばそうなのだが……。

=}{*}

ウィキなどで「集合知」がバズワードになっていた頃も,私は「個人知」の重要性を常に訴えていたのだが,ここ数年でようやく「ネット個人知を発展させる」という発想共有出来るようになった感じがある。ただまだ決定的ツールは無いので,ここでデライト売り込みたい。

=}{*}

デルンデライトを「アウトライナー」として見ると,「輪郭」という概念を独立した情報単位として扱っているのが際立ってくるというか,もはや変態的とすら感じるな。

=}{*}

まだ頭一つ抜けたものが無いという印象なので,ここにデライトを上手く投入したい。

=}{*}

ただ,デライト初動手応えは良かったので,この新しさ市場戦略調和したところに爆発的イノベーションが生まれるだろうという確信はある。それもそろそろだ。

=}{*}

それから,かくかくしかじかあって,デライトが出来た。これは間違いなく,個人知識管理PKM)の分野では先頭を走る技術だが,それゆえに,「早過ぎた発明」になってしまう懸念が付きまとった。

=}{*}

デライトの大きな特徴は,「意味を書く」というところにある。もともと,デルンは「意味を書く」にはどうすればいいか,という問題意識から始まっている。すると,意味記述意味管理表裏一体のものであることに気付く。

=}{*}

こういうのを見ると,デライトが悪い意味で早すぎた可能性が頭をよぎってしまうので良くないな……。

=}{*}

Roam Researchデライトと登場時期も近いのでこの分野では最先端なのだと思うのだが,それでも語句輪結リンク)なのか。これって技術的限界なのだろうか思想的限界なのだろうか……。

=}{*}

=}{*}

まだ実装がガタガタですが,SNS の次の形,KNS(knowledge networking service)の片鱗は見えると思うので,是非デライトを覗いてみて下さい。

https://dlt.kitetu.com/

=}{*}

デライトは,少なくとも GAFA のうち G検索演心)と FSNS)を落とせる可能性がある。マーケティング面での手応えもある。ただ一つ,実装荒削り過ぎるのが問題

=}{*}

ウェブ上の雑多な情報ロボットが見つけてきて,理積みアルゴリズム)で評価して提供するという検索演心エンジン)の仕組みが,もはや時代遅れなのだと思う。デライトはその「次」の回答でもある。

1234567 ... 8
出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha