発明

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲8年(2014年)
02月06日 14:52
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
この描出は「素描」です。

広告

一覧

=}{*}

日本人技術者は概して新し物好き勉強熱心忍耐強い。これは情技IT)の世界では裏目に出やすい。電球が無くても人生を楽しめるしかいなかったら,人類は電球を発明しなかっただろう。要は,米国の流行に追随して理不尽に耐えることを苦と感じない人が多いのだ。

=}{*}

=}{*}

iffy_ 型と iffy(),かなり前に実装したのだが,今になって凄い発明をしていた気がする。

=}{*}

希哲館事業発足から約12年,色々な発明があったが,一番の発明は,全ての発明の「」として継続蓄積を支えてきた希哲館という概念そのものかもしれない,と思うことがある。粘り抜くには考え抜かれた理念が必要。

=}{*}

私がツイストという発明マイクロブログ革命と呼んでいる理由がお分かり頂けただろうか。分散型マイクロブログに流しているのはツイストの貧弱な「平文版」に過ぎない。

=}{*}

良く言えば,常識や既成の枠組みにとらわれず物事を根源から捉えようとする,哲学発明にはよく向いた気質だったのかもしれない。

=}{*}

発工ハッキング)というのは小さく日常的・実用的な発明創意工夫のことだ。イメージとしては,サバイバル生活で適当なものを組み合せて合理的な道具をさっと作ることに近い。この,形よりも実用性,完成度よりも早さというのが日本人が不得意とするところ。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha