公開

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲9年(2015年)
01月19日 00:35
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
この描出は「素描」です。
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

悪しき完璧主義に悩んでいたこともあり,2月13日,思いきって「正式離立(リリース)」と銘打ちデライト公開してみたはいいものの,品質上の問題があり過ぎた。たまに匿名での書き込みがあったが,申し訳なさもあり宣伝は止めて「離立補完」に取り組み始めた。

=}{*}

=}{*}

半年前デライト正式離立(リリース)で,私は「どうせ誰も来ないだろう」と高をくくってかなりボロボロの状態でデライト公開したのだが,これが意外に来て頂いてしまった。この状態では,失望悪評が広まるだけだろうな,と宣伝停止に。

=}{*}

=}{*}

デライト APIKNEST)に関しては,優先順位を考えながら公開視野に入れて整備してみます。「使われ方」の意識で全く違ってくると思うので,無茶でも実験してくれるのは良い刺激になります。

何より,外部通類とか作られるのは結構感動しますね……。

=}{*}

確かに,K#9-D657 さんのおっしゃる通り,現時点ではデライト側も変更が激しいので,ちょっとした小細工便利なものを作る分にはともかく,厳密なことをやろうとすると泥沼ですね。実はこの辺,ずっと先の話だと思ってたんですが,K#9-EDD2 さんのおかげでちょっと目覚めた感があります。KNEST 仕様でも公開するか……。

=}{*}

でも,ごくたまに,翻訳語造り関心を示してくれる人はいて,非常に勇気付けられる。私もつい数ヶ月前に『希哲辞典』公開したばかりだし,普及のための十分な努力をしてきたとは言えない。悲観せず,粘り強く続けていく。

https://dict.kitetu.com/

=}{*}

分かりやすさ」でいうと,デライトは非常に手応えがあった。デルンを分かりやすくしようというのがライト版デルンことデライトだったのだが,半信半疑で,中途半端な出来のまま公開したら想像以上に食いつきが良くて宣伝停止することに。

=}{*}

=}{*}

デルンは,もともと「世界初の実用的な知能増幅(IA)技術」と位置付けていたものなのだが,知能増幅という概念自体がほとんど知られていないし,必要性理解されていないので,軽常カジュアル)なメモサービスとして公開したらどうか,という試みがライト版デルンことデライトだった。

=}{*}

そのデライト開発状況だが,私自身の完璧主義克服するために「正式離立(リリース)」と銘打って2月13日公開したものの,十分な品質ではなく「離立補完」という作業をしている。これを終えた時が実質離立になるだろう。

=}{*}

もう,私がいかに病的完璧主義者かということを踏まえると,これだけの独自かつ巨大構想を持った製品を,手定めテスト)とはいえ公開出来ただけでも感無量だ。いまだにちょっと信じられない。

=}{*}

いざそこで公開され動いているデライトを見ていると,こんなもの,どこかで割り切らないと一生世に出せないよな,とつくづく思う。

=}{*}

例えばいま私がここで,「世界初画期的製品公開出来た!これでみんなが一斉に注目してくれるに違いない!」と思ったらその時点でこの望事プロジェクト)は万が一にも成功しない。古典的。最近ようやく「製品市場適合」(PMF)という概念認知されてきたが,市場では売れやすいものが売れるのであって,凄いものが売れるわけではない。

=}{*}

長い間,私は一人デルンを使いながら,意味符号化だ,全知検索だ,頭脳配信ブレイン ストリーミング)だ,神経画表ニューラル グラフ)だ,とはしゃいでいた。傍から見たら「何言ってんだこいつ」という感じだったと思うのだが,デライト公開された今,これらが全く自然概念だったことに驚くだろう。

=}{*}

デライト,この2ヶ月延期後縁バックエンド)は理想的な状態に整理出来たものの,手が回らなかった前縁フロントエンド)の品質が想定水準に達していないため,本日中にも「手定め離立」(テストリリース)という形で公開する(かも)。登録不要で試用出来る実質的な公開 β

=}{*}

もちろん,ライブラリを選ぶ時は極力自由なライセンスのものを選んで,明らかに GPL 違反のようなことはないはずなのだが,万が一発覚した場合にいらぬ誤解を招くよりは,最初から公開してしまえばいいか,という気分になりつつある。希哲社技術の宣伝にもなるし。

=}{*}

これまではオープンβ的な公開を想定していたのだが,延期しているうちにそれなりの品質になってきてしまったので,もう正式離立リリース)でいいだろうということになった。完璧主義が結果的に功を奏したのかもしれない。

=}{*}

デライト再公開は急ぎたいのだが,本当に重要なのは再公開を収益化に結びつけられるかどうか。技術的負債を許容可能な範囲に抑えるための時間をかけつつ,収益化への助走をつけられる早さ公開をしたいところ。

=}{*}

今のデライトでも,長年デルンを使い込んできた私にとっては世界一使いやすい用合いUI)なのだが,公開するとなるとまだ不親切だったりする細かい部分が気になる。デライト再公開は今そんなせめぎ合いの最中。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha