日本語

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲6年(2012年)
08月26日 00:42
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
日本語

一覧

=}{*}

英語を勉強して海外に出よう,みたいな風潮も凄く強かった頃だが,私は平然と,日本を世界最強の国にして日本語を世界中に普及させればいいのに,と思っていた。良くも悪くも,この神経でなければ希哲館事業は始められなかっただろう。

=}{*}

=}{*}

じゃあそういう機械翻訳系の情報が全く役に立たないかというと,これがそうでもなかったりするから困る。日本語こそおかしいが,論旨や回答が日本人が書いた文章より端的で分かりやすかったりする。これも面白い現象だなと思う。

=}{*}

しかし,言語の問題というのは明らかな問題であっても直視出来る人は少ない。誰がどう見たって今の日本語におけるカタカナ依存症は問題でしかないが,誰もまともに改善に取り組まなかった。

=}{*}{*}

=}{*}

私はよくカタカナ英語を批判しているが,見ての通りあくまでも日本語で表現することに拘っているし,英語で何かを書きたいとも思っていない。希哲館訳語が使える日本語が一番記述性が高いと思っている。

=}{*}

ただ,日本語の潜在能力は高いので,翻訳技法なども含めしっかり体系化すれば,世界で最も高機能な言語になる。日本知識産業革命を起こすなら,これは避けて通れない。

=}{*}

=}{*}

とはいっても,日本語の場合,あきらかに冗長なカタカナ外来語が蔓延し過ぎているので,それ以前の問題も多い。プログラミング論組サードパーティ参派ショートカット省割。どっちが読み書きしやすいかは考えるまでもないが,それだけでも訴求しなかったりする。

=}{*}

発工ハッキング)って,イメージはしっかりあるものの,それをいまいち上手く日本語で表現出来なかったのだが,簡単に言えば「小細工」のことなんだな,とさっき気付いた。

=}{*}

=}{*}

ただ,最近よく思うのは,希哲館事業はちょっと突き抜け過ぎている。私は基本的に日本という環境や日本語を重視しているが,日本人は基本的に「実力派」みたいなものを好まないので,愛嬌が無いというのは結構致命的な欠点になりうる。だから,ゆるキャラでも作るかという話になったのだが。

=}{*}{*}{*}

=}{*}

だし,私自身が一人でどんどん進んでいってしまう方で,そもそも日本人ウケしないタイプという自覚もある。みんなで手を繋いで行こう,という人じゃないと日本人は警戒する。でも私はあくまでも日本語での情報発信にこだわるので,外国人に発見してもらうのも難しいという。

=}{*}

特に数学論組なんかで,神秘的な論理美みたいなものに到達した時に感じるエレガンスに相応しい日本語は「麗厳」しかない。

=}{*}

日本人が長いあいだ失なっていた「日本語の力」を取り戻す力が希哲館訳語にはある。

=}{*}

英語は最初から国際語だったわけではない。これから日本語が世界標準になる可能性もある。

=}{*}

で,その小国の言語に過ぎなかった英語がいま国際語とされているわけで,日本語が将来国際語になっていたっておかしくはない。

=}{*}

ハリウッドシリコンバレーなんか目指さなくていい。それを越えるものを日本に作ればいい。日本語は国際的に通用しないというなら,日本語を英語以上に価値のある言語にして,世界中の人が学ぶようにすればいい。いまの日本人が必要としているのはこういう精神性なのだと思う。

=}{*}

これは情技(IT)の世界でも同じで,日本アメリカと対等以上の関係を目指すなら,やはり我々は日本語で堂々と勝負する必要がある。希哲館訳語はそのための武器でもある。

=}{*}

日本人がどれだけ英語を流暢に喋れたところで,英語圏の人間にとっては「普通のことを頑張ってやっている人」でしかない。反対に,外国人が日本語を上手く喋るからといって日本人が憧れることはない。よく考えてみれば分かりそうなものなのだが。

=}{*}

英語はもちろん出来るに越したことはないのだが,日本人の場合,「英語が出来ないと外国人に馬鹿にされる」みたいな観念を持ち過ぎている。その時点で精神的に負けてしまっているし,本当に外国で尊敬を勝ち取りたいなら三船敏郎さんとか近藤麻理恵さんのように「日本語を話す自分」に自信を持っている必要がある。

=}{*}

翻訳語造りに必要なのは,日本語外来語に関する知識もさることながら,やはり「思考力」なのだと思う。消化吸収に喩えるなら咀嚼力と言ってもいい。私が日本人カタカナ依存症を「思考停止」問題の一種として捉えている理由。

=}{*}

インドの言語事情には詳しくないが,中国語は間違いなくカタカナ語まみれの日本語よりは情技(IT)向きだと思う。この点,問題すら理解していない業界人が多いので頭を抱える。

=}{*}

日本の情技(IT)業界の病が「思考停止」にある,というのは,カタカナ語を咀嚼して日本語の概念にする力が無いということでもあるし,そうして出来た日本語ではカタカナ語を適当に組み合せたような思考しか出来ないということでもある。

=}{*}

翻訳語を考えるとき,当然中国語を参考にすることも多いが,そのたびに焦りを感じる。英語のみならず中国語と比較しても,日本人情技(IT)を理解し知識を蓄積する言語を持っていないという現実に。

=}{*}

カタカナ語はあくまでも補助的に使うべきものであって,それに依存してしまうと日本語の表現力を十分に活かせない。これをいわゆる技術者にどう理解してもらえるか,だと思う。

=}{*}

コンピューティングを「勘報」,プログラミングを「論組」,ソフトウェアを「想品」,ハードウェアを「剛品」と書けるだけでどれだけ日本語技術文書がマシになるか。多分あまりの世界の違いに全日本が泣くと思う。

=}{*}

中国語よりも日本語の方が漢字の抽象度が低い,つまり漢字から受ける具体的印象が強いというのは,近代日本語の場合仮名・大和言葉と使い分けをするから。例えば「論じる」とか「感じる」とか,漢字一字の表現を多用するのも実は日本語特有の文化。役割分担がある分,漢字の意味が重い。

=}{*}

ハードウェアソフトウェアを訳す上でちょっと気を付けたいのは,「」や「」のような具体的イメージの伴なう字は日本語では避けた方が良いということ。英語のハード・ソフト,中国語の硬軟よりも日本語の漢字は抽象度が低いので,例えば印象として「硬そうじゃないハード」を「硬品」と表現するのはちょっと違和感がある。

=}{*}

これは多くの日本人が自覚していないことなので,しつこいくらい言っていくが,いまの日本語を使っている限り,日本情技(IT)で勝つことは無い。記録するため,伝達するため,何より思考するための言語として貧弱過ぎるから。

=}{*}

何度も言ってきたし,これから何度でも言うが,外来語をしっかり噛み砕いて日本語に消化するという作業を怠ってきた全ての日本人,猛省してくれ。

=}{*}

カタカナ語を一つ翻訳するたびに,なぜ日本の情技(IT)業界の生産性が低かったのかが身にしみて分かるという恐怖体験をしている。こんな日本語使っててまともに思考出来るわけがない。

=}{*}

そういえば,日本の情技(IT)教育の障害にカタカナ語悪訳語の氾濫があったな。現状,情技関係の日本語とか最悪に近いし,正直子供に教えたいものではない。希哲館訳語の普及を急がなくてはならない。

=}{*}

技術者にはカタカナ語がなぜ駄目なのか分かりにくいかもしれないが,仮名はあくまでも日本語に合わせて単純化したもので,当然だが表音文字としてラテン文字と同格ではないし,どうしても漢字で表わしにくい語を表現する補完的な手段というのが合理的な位置付け。何でもカタカナ化するのは日本語の機能劣化でしかない。

=}{*}

日本の情技(IT)業界が停滞している大きな理由の一つに,「日本語の表現力不足」がある。これに関して私以上に意識して具体的な取り組みをしてきた者はいないと思うのだが,裏を返せば,非常に認識し辛い問題だということでもある。英語で考え英語で表現すればいい人間と,それをカタカナで模倣している人間,どちらが有利かは言うまでもない。昔の日本人がやったように,新しい時代において日本語が持つ潜在力を最大限に引き出すには大規模な翻訳運動が必要だ。

=}{*}

根本的なことを言えば,日本人論組(プログラミング)言語について考える前に日本語について考えるべきだ。カタカナ語まみれの貧相な文章を見ていれば,いかに日本語の表現力が時代に追いついていないかよく分かる。これでは英語で考え英語で表現出来るアメリカ人には永久に追いつけない。

=}{*}

私の文章を見ていれば分かることだが,基本的に私は自分で造った翻訳語を自分で使う。これが他の追随を許さない希哲館訳語の蓄積につながっているわけだが,いうまでもなく「協調性」にとらわれていると出来ないことで,つまり,日本人の苦手分野だ。日本語が日本人らしさでは守れないという皮肉な状況にある。

=}{*}

希哲館が世界の頂点を取ったら,世界共通語になるのは日本語なので,個人的には勉強しておくことを強くおすすめする。

=}{*}

最初から国際共通語である言語など存在しないし,国際共通語であり続けた言語も存在しない。全ての言語は元を辿れば小さな一民族言語だった。大企業でも同じだが,盛者必衰歴史事実であり,「大きなものには敵わない」と考えてしまうのは単なる無知だ。つまり,英語もやがて衰退し,次の言語に道を譲るときが来る。日本人日本語でそこを目指さなくてどうする。

=}{*}

よく挙げられる,英語を使うべき理由として,「世界中で通用する」というのがある。日本語日本の外ではほとんど通用しない。これを絶対的な利点欠点だと思い込んでいる人が多いのだが,私に言わせればそれこそ発想の貧困というもの。伝わらなければ,伝わらない性質を活かせばいい。つまり,「コード・トーカー」だ。私は,デルンに関する情報流通をゆるやかに制御するために,「暗号としての日本語」(JAC: Japanese as Code)という概念を提唱していた。

=}{*}

昔,デルンに関する技術文書英語で書こうとしたことがあるのだが,すぐにその非効率性に気付いた。普通の言語環境で育った日本人英語母語並に使えるようになるまでには数十年かかる。特に,論組プログラミング)なんて神経質な作業をしながら,母語の直感性を使えないというのは大きな足枷になる。だから私は,英語でもなく何となくの日本語でもなく,その可能性を最大限に引き出した「新しい日本語」を同時に開発することにした。この転換が無ければ,デルンの実用化は十年遅れていただろう。

=}{*}

希哲館において「世界に向けての日本語」という考え方を可能にしているのは,言うまでもなくデルンという次世代情報技術の存在。そして,人類史上最大の思想体系である希求主義の存在。希哲館には,日本語を「世界で最も価値ある情報記述言語」に出来るという確信がある。第二次大翻訳時代に向けての翻訳語研究というのは,ここまでのことを考えてようやく現実化した。

12
出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha