時間

描主宇田川浩行K#F85E
上描き希哲7年(2013年)
07月10日 17:32
下描き希哲7年(2013年)
07月10日 17:31
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

時間と人

時間を計るために,人は自然の周期的な運動を利用している。

振り子,地球公転自転,電気的な振動など。

この描出は「素描」です。
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

一覧

=}{*}

現状,自分の輪郭と他人の輪郭が区別し辛いというのは手抜きというか時間が取れていないだけで,本来ここではマイクロブログのようにアイコン名前が表示されることになっていた。ただしマイクロブログと異なり,アイコン・名前が表示されるのは他人のみ。一人称視点的に。

=}{*}

希哲館事業とか,本当によくこんなもん育ててきたな,と最近よく思う。その時間情熱があれば大抵のことは出来たはずなのだが,何より私はこれが欲しかった。そしてそれを曲がりなりにも許してくれた環境凄い。私が人の理解を越えたことを延々とやってこれたのは,理解もせずに支援してくれる人達がいたから。

=}{*}

とはいえ,私もデルンという知能増幅(IA)技術自由に使える膨大時間が無ければ希哲館訳語なんて出来なかったので,それ自体は無理もないことだと思うのだが。

=}{*}

振り返れば,この3週間くらい,とても良い時間を過ごした気がする。

=}{*}

真四角でみんな同じ大きさの石を積み上げるような意味での時間管理と,形も大きさもばらばらの石を積み上げるような意味での時間管理って全く違う。日本人得意なのは前者で,柔品(ソフトウェア)開発で求められるのは後者。確実なものを集めて確実なものを作り上げても,革新的なものは出来ない。

=}{*}

私はもともと他人が驚くくらい時間正確な人間だったのだが,この仕事を始めてから,びっくりするほど時間が測れなくなった。見通しは常に外れるし,遅延は当たり前。なぜかと考えてみたら,不確実性を抱え込み過ぎていた。でも,最近,デライト開発好調時間厳守野郎としての自信が戻ってきた気がする。

=}{*}

デライト,誰がみても分かる問題は午前中にでも直すとして,16日までには開発者として感じる不満点を全て解消したい。これはこれで,開発者としては幸福時間だな。

=}{*}

デライトリチウムイオン電池に近いものを感じるが,面白いことに,成功するまでの時間もちょっと似ている。吉野さんは悪魔の川死の谷ダーウィンの海5年ずつ費したらしいのだが,デライトも5年,7年,と来ている。だがあと数年も持たないぞ……。

=}{*}

デライト正式離立リリース)を延期してまで理腑リファクタリング)を続けて半月になるが,わずか半月で5年分の時間は稼いんだじゃないかと思うくらい交度コード)の保守性に差が出来て,ちょっと呆然としている。

=}{*}

徹夜は極力避けたいのだが,こういう興奮状態にある時期で,「眠る努力」に時間を費したくない。早く寝ようと思って数時間寝付けないとか最悪だし。

=}{*}

まあ,数学体系なんて辻褄合わせの問題なんで,時間がいくらでもあればやってやれないことは無いんだろうな。

=}{*}

日本には「三年寝太郎」という民話がある。仕事をせずに3年寝て過ごしていた男が,ある日突然起き上がって大仕事を成し遂げる,という話だ。寝太郎は,既定路線ではない新しい道を探すために時間を使っていたわけだ。

=}{*}

実際,時間に追われる生活の中であまり悠長なことが考えられないのは確か。時間があれば,目先のこと以外をあれこれ考えるようにはなる。誰かに使い方を規定されない時間が豊富にある,ということは多様性にもつながる。Google にあった20%ルールもその一種だろう。

=}{*}

現代日本でいうと,東京なんかは世界最大の都市圏なわけで,世界の文化的中心になってもおかしくない。ただ,都市部日本人にはそれを活かす時間が無い。

=}{*}

時間なんて,まだあると思っているとあっという間に溶ける。

=}{*}

=}{*}

古代ギリシャの例を持ち出すまでもなく,知的生産において最も重要なのは自由になる時間スコレー)だ。時間稼ぎの技術はもっと重要視されていい。

=}{*}

時間には寿命という上限があり,贅沢さえ言わなければそう高いものではない。1億円の貯金があれば死ぬまで働かずに食いつなげる人はいるだろうし,それが10億円だろうと100億円だろうと生活の質は変わっても時間が増えることはない。この飽和状態を維持しつつ,いかに「金を稼ぐ時間」を減らせるか。これが時間稼ぎである。

=}{*}

時間をかければを稼げるし,を使えば時間が作れる,という意味でも媒介物だ。よくいう「金はあるが時間が無い」というのは,金で稼げる時間よりも金を稼ぐ時間が多過ぎるという状態。

=}{*}

さえ注ぎ込めば良い柔品ソフトウェア)が出来るなら,大企業プロジェクト成功しているはずなので,一人で普通に働いて稼げる程度の優位に立つことは出来ない。時間だけがあなたの仕事差別化するのだ。

=}{*}

ただ,特に情報系の若い人に一つ助言しておくと,何か新しいものを作りたいならより時間を稼いだ方が良い。柔品(ソフトウェア)開発にかかる設備投資なんて高が知れているが,そのかわり膨大な時間が必要になる。金はあるが時間は無い,という状況では何も出来ない。

=}{*}

時間が無ければ出来ないこと」が少なくなってきたということか。

=}{*}

柔品(ソフトウェア)開発をなめていた,といえばそうだ。デライトをここまで持ってくるのにさえ,自分が思っていたよりはるかに時間がかかった。

=}{*}

やはり,デライト開発に消えていく時間の多さを実感していたのが大きいかもしれない。

=}{*}

結局,人間に複数の人生を演じる時間などない,ということに気付くまでに20年くらいかけたな。

=}{*}

その「単純便利なもの」を作るのにこれだけの時間労力が必要なのだから,本当に,人生何に時間を使うかの選択って大事だ。「つまみ食い」で出来ることは少ない。

=}{*}

というか,一つの柔品ソフトウェア)を製品としてまとめ上げるのにここまで時間がかかるものなのか。

=}{*}

アイデアあり,環境あり,時間あり,これ以上何が必要だと言うんだ……。能力と言われればそれまでだが。

=}{*}

下手に時間をかけた文章って本当に笑ってしまうくらい読まれないので,マイクロブログしかり,ネット献典コンテンツ)もどんどん短縮化されていくわけだな,と思う。

=}{*}

そういえばまだ5日か……。

=}{*}

希哲13年5月28日6歩,とか書いていると時間を完全に自分のものにした感がある。

=}{*}

湯水のように時間を使ってきた私が言うのだから間違いない。だらだら遊んでると本当に後悔する。

=}{*}

こんなに時間に恵まれていて,ここまで時間が無いかね。

=}{*}

時間を誰よりも有効に使ってきた気がするから言うことだが,人間に時間は無い。とにかく無い。ぶらぶらしていて良い時間は本当に無い。後悔しないように毎日最善の時間の使い方をしてほしい。

=}{*}

私の歴史を振り返ると,無駄といえるような時間は無かったし,驚くほど早く色々なことをやっているが,それでも時間があるかといえばない。とにかく人間には時間がない。

=}{*}

私ほど時間を効率的に使っている人間がいるのかとすら思うのに,それでも希哲館事業をやるには時間がない。

=}{*}

デルンはもちろん,SLFS といった基幹技術,日本語交度(コード)の記述性・可読性を飛躍的に向上させる希哲館訳語交度英語(Code English)……こうした希哲館事業の蓄積の数々が,不可能を可能にしている。恐らく,私が実質的に使える時間は平均的な技術者の10倍は長い。

=}{*}

時間の儚さを実感するたびに,いまこうしていることが奇跡のように思える。

=}{*}

時間というのは不思議なもので,学校仕事に束縛されている時は欲しくてしょうがないのに,いざ一日中好きなように過ごせる日々を与えられると,思ったより使いこなせない。むしろ,だるいと感じることすらある。

12
出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha