ジパング計画

描主宇田川浩行K#F85E
上描き希哲13年(2019年)
05月13日 11:47
下描き希哲11年(2017年)
10月18日 00:29
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

Project Zipangu

希哲11年10月18日ザナドゥ計画に対し,デルンを中核にした体系的技術開発により「現代の壁」を突破する計画を「ジパング計画」と呼ぶことにした。これ以前から「ジパング」という語は使い始めていたが,より明確な定義と目標を与えた。仮にこの時点でジパング計画発足としておく。

考案当初,σ計画に対する位置付けは明確ではなかったが,希哲11年10月24日σ計画を世界的観点に普遍化し,日本の特性を活かしたジパング計画をその副計画として位置付けることにした。

希哲13年5月12日希哲日本における政策体系を兼ねることにした。

マルコ・ポーロが『東方見聞録』を著したのは奇しくも鎌倉時代である。

一覧

=}{*}

希哲館事業が世界史上最大にして最高の事業構想であると言えるのは,西洋最大の古典と現代最強の知識産業,そして東洋文化を結び付け,ジパング計画による希哲日本という国家模体(モデル)まで用意したからだ。

=}{*}

そういえば,ジパング計画が成功したら日本円米ドルに代わって基軸通貨になるのか……これは楽しみだな。

=}{*}

希哲館事業サブセットとして,日本を世界史上最大の極大国(ハイパーパワー)に成長させようという「ジパング計画」があるわけだ。

=}{*}

ここに日本未来がある。ジパング計画で日本は知識産業革命へ,そして世界史上最大の極大国(ハイパーパワー)へと突き進む。

=}{*}

日本を世界史上最大の極大国(ハイパーパワー)へと導く計画を「ジパング計画」と呼ぶ。

=}{*}

大衆の無知と欲望を利用する暗愚の枢軸と,それに飲み込まれつつある日本。そこに希哲館ジパング計画を引っ提げて現れ,日本極大国(ハイパーパワー)化を実現,希哲民主主義を世界に広める。筋書はもう完璧に出来上がってしまった。

=}{*}

トランプ政権を中心とする「暗愚の枢軸」との闘いも,小さくはないが,ある程度見通せるようになってしまったので以前ほどの危機感はない。米中が疲弊した頃に希哲日本ジパング計画で世界の頂点に躍り出るだろう。

=}{*}

ジパング計画」ってやっぱりいいな。日本極大国(ハイパーパワー)へ,という計画にこれほど相応しい名称はない。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha