資本主義

描主宇田川浩行K#F85E
上描き希哲14年(2020年)
01月06日 21:14
下描き希哲7年(2013年)
05月07日 13:24
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

ゲルマン人傭兵文化に由来か?

「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

要するに,「成り上がり」を経験すると人は自己責任論者になりやすい,ということなのだと思っている。一代で成り上がった人が資本主義の権化みたいなのに,その曾孫くらいの世代になると社会主義者になってたりする。

=}{*}

日本脱工業化に遅れを取ったことは,実はよかったのかもしれない。資本主義工業による事実上社会保障に依存する仕組みだった。脱工業化による格差拡大分断社会を招くのは英米をみれば明らか。彼らはアクセルの踏み所を見誤った。

=}{*}

アメリカ人ユダヤ人というのは,「安息の地」を持たない人々だ。彼らは時に帝国にとっての蛮族であり,時に傭兵であり,時に難民であり,時に移民だった。彼らにとってというのは心の拠り所であり,命綱だ。だから彼らは資本主義の担い手となったのだ。

=}{*}

「大きな企業が絶対的に強い」なら,大きな企業が大きな企業を吸収していけば無敵だし,それを政府管理すれば社会主義が完成する。もちろん,それが成り立たないことは歴史が証明していて,盛者必衰の前提で,多様性を生み出す資本主義が繁栄しているわけだ。

=}{*}

そもそも資本主義は,勤勉さ冒険心狡猾さ開拓されてきたもの。どれも持ち合わせず恩恵だけにあずかれるわけはない。

=}{*}

まあ,資本主義に参加した以上,衰退地域がすべきことは,いかに自分達の市場価値を高めていくか,ということ以外に無い。西側に入ったから豊かになるだろう,という考え方自体が西側的ではなかったのだな。

=}{*}

=}{*}

ちなみに今の希哲館事業の原型を閃いたのは17歳の頃。言語哲学と全体性の哲学を情報工学と融合させ輪郭法を生み出し,それが資本主義共産主義の対立を越えた経済体制の基礎になると確信した。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha