拡張

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲9年(2015年)
07月28日 21:31
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

デライトなら,これまで人類には扱えなかった量の知識も,まるでが無限に拡張されたように扱えます。あなたも知識産業革命体験してみませんか?近日サービス公開!

=}{*}

C++客体(オブジェクト)指向は,類型クラス)にとって本質的な機能のみを道手メソッド)として実装し,類型に対する便宜上の機能は補助函数拡張していく,というものだと思うのだが,C++ 以外の客体指向に不慣れ過ぎて似たようなことを他の言語でどう実現しているのか分からない。

=}{*}

=}{*}

そもそもデライトCMS であるデルン自体が7年前に実用化したもので,交度コード)も部分によってかなり年齢差があった。特に最初期に実装した中核部分は,当時の私の経験不足もあって「動くがごちゃごちゃ」という状態にあった。これに拡張を重ねていけば,まず間違いなく技術的負債に潰されるという直感的な判断で,理腑リファクタリング)に時間を割くことになった。

=}{*}

しかし,画表(グラフ)構造を利用して,誰でも簡単に頭脳を無限に拡張したような感覚で情報を扱えるようになる,というサービス開発するのがこんなに難しいことだとは思わなかった。大きなを越えた,と何十回思ったことか。ザナドゥ計画WinFS失敗するわけだ……。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha