成立

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲9年(2015年)
12月19日 19:05
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

私が「第一次大翻訳時代」と呼ぶ江戸時代後期から明治時代頃にかけての翻訳文化成立した背景には,知識層の圧倒的権威があった。一握りの知識人外来語に触れ,それを翻訳して学界から人口に膾炙していく。その知識人もほぼ漢籍に通じていたので,漢語訳語が多数生まれた。

=}{*}

希哲館訳語は,もはや一つの技術かもしれない。デライト開発はこれがなければ成立していない。

=}{*}

そもそも,希哲館事業GAFAM の合計時価総額の3倍くらいは目指さないと成立しない構想。「GAFAM を目指せ」とかいうレベルではないくらい無茶な代物だったが,デライト成功すればそれもではない。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha