実感

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲9年(2015年)
12月01日 04:20
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

希哲館訳語を造り始めてから,私は,日本人としての言葉を奪われていたことを初めて実感した。日本語って,こんなに借り物だらけだったのかと。

=}{*}

私はポモドーロ法調整した「進捗時限法」というのを進捗管理に使っていて,1歩2歩……と各時限を数えていく。デルン上で「○年○月○日○歩」として管理しているので,日々の進歩実感出来る。

=}{*}

でも,そんな無茶苦茶な仕事も,最近は組計スケジューリング)の精度が上がってきた実感がある。これまで数ヶ月の誤差を生んでいた見通しが数日くらいの誤差になってきた感じ。自分のやりたいことにようやく実力が追いついてきたんだろうな。

=}{*}

それでも,日に日にデライト完成に近付いていると実感出来ることだけで奇跡のようなものかもしれない。それだけが持ち辺モチベーション)。

=}{*}

理腑リファクタリング)の脅威実感している。画像は,デルン輪郭に付与される識別子「知番」(knumber)を整数配列引数から構築し,文字列を text 型として返すという PostgreSQL の外充て(ストアド)函数 kno() を定義している所。分かる者には震撼簡潔性

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha