飛躍

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲9年(2015年)
09月01日 12:59
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

日本の情技(IT)産業飛躍する時というのは,日本人が自らの感性思考最大限に活かして知的創造をする時だ。そこで母語である日本語軽視されていいわけはないので,希哲館訳語のようなものは必ず要請される。

=}{*}

よく,戦後焼け野原から日本奇跡的に立ち直った,と言われるが,焼け野原だったからこそ立ち直れた,という面もある。敗戦で多くの旧弊一掃され,社会合理化が進んだ。コロナ危機破滅のきっかけにするか飛躍のきっかけにするかは日本人次第。

=}{*}

消費税をどうするか,みたいな経済政策はもはや焼け石に水のようなもので,いま本当に必要なのは日本経済を大きく飛躍させる成長戦略。単純な話,日本が今の10倍成長したら大抵の問題は解決するわけで。それが希哲館ジパング計画

=}{*}

これは,悟空地球存続をかけた戦いわくわくしてしまうことと同じ日本知識産業がこのまま沈むか飛躍するか,全てがデライトにかかっている……。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha