膨大

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲9年(2015年)
06月30日 01:09
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

とはいえ,私もデルンという知能増幅(IA)技術自由に使える膨大時間が無ければ希哲館訳語なんて出来なかったので,それ自体は無理もないことだと思うのだが。

=}{*}

で,なぜそんな問題が克服出来たのかというと,やはりデルンのおかげだった。デルンは,膨大管理出来るようにし,文章にそれらを埋め込めるようにした。「世界初の実用的な知能増幅(IA)技術」は伊達じゃない。

=}{*}

希哲館訳語も含めて,希哲館用語は恐らく2,000語はあるだろうというくらい膨大なものなのだが,これはいかに新しいことを語ってきたか,というある程度の弁値ベンチマーク)にはなっていると思う。

=}{*}

=}{*}

ぶっちゃけ,希哲館事業はその独創的かつ膨大献典コンテンツ)を死蔵してきたというか,デライト以前はこれらを世に出す余裕もなかったので,これから面白いことになりそうだな……。

=}{*}

デライト成功,というのは,私にとって単に「開発したサービスの成功」を意味するのではない。この 希哲館訳語がほんの小さな部分に過ぎないくらいの希哲館事業膨大蓄積が,堰を切ったように世界に流出するということを意味している。異世界への扉を開こうとしているわけだ。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha