不思議

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲9年(2015年)
06月26日 17:53
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

メカソクラテス」とはよく言ったもので(私が勝手に言ったのだが),今のデライトにはソクラテスが宿っているような気さえする。今でいう「インフルエンサー」のようなソフィスト跋扈し,衆愚政治蔓延するという状況までそっくりで,不思議気分だ。

=}{*}

=}{*}

振り返ってみると,自分でもなぜこういう翻訳語を次から次へと思いつくのか不思議だが,「世界初の実用的な知能増幅(IA)技術」であるデルンのおかげ,ということにしておこう。

=}{*}

新しい論組(プログラミング)言語を作ろうという時,「新しい文法」から作ろうとしてしまう人が多いことが不思議だった。どう考えても,C++ あたりでライブラリを蓄積してから文法を考えた方が合理的なのだが,誰も気付かなかったのか言えなかったのか。その結果,言語毎にライブラリ再発明されることに。

=}{*}

こうして毎日改善を積み重ねていて,いまだにデライト離立リリース)もままならないのは自分でも本当に不思議だ。知識産業革命なんて無茶苦茶な目標を掲げておいて,まださほど悲観的な状況にない,というのはそれだけ生産性を向上させ続けてきたからだと言えなくもないが。

=}{}

ビヘイビア駆動開発って,なんで「挙動(振る舞い)駆動開発」と言わないんだろう。こういうの見るたびに,日本の情技(IT)者って何を恐れているのだろう,と思う。そんなに翻訳語を使って何かを言われるのがこわいのか……。不思議といえば不思議。

=}{*}

=}{*}

開発上の収穫は溺れるほどあるのに,デライト正式離立リリース)は遅れているという不思議……食事の時間になってしまったので,現状説明は30分ほど後で。

=}{*}

=}{*}

デルン,なんでこんなに上手く動いているのかたまに自分でも不思議になる。C++ を無茶苦茶に改造して,記憶管理機構勒(ロック)機構みたいな割とデリケートな所から自作して,多糸マルチスレッドFastCGI記憶内隠しインメモリキャッシュ)とか,全部それなりに安定して動いている。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha