関心

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲9年(2015年)
07月13日 05:31
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

日本語カタカナ依存症危機感を持ち,翻訳語整備関心を抱く日本人は,私の感覚では1万人いるかどうか。決していないわけではないが,決して十分でもない。1万人の関心事を1億人の関心事にするにはと考えた時,やはりになるのはデライトとの相乗効果

=}{*}

こういう翻訳系の文章,実は定期的に書いてきたのだが,その度に関心の低さを実感する。書いてある内容の問題ではない。そもそも,多くの日本人カタカナ語に慣れ過ぎていて,それを問題視している人が極端に少ない。読んでもらう以前の問題。この経験から,希哲館訳語は事業の牽引役にはなりえないと考えるようになった。

=}{*}

SNSKNS の最大の違いは,関心の広さの違いかもしれない。SNS では,どうしても関心を狭くしないと「仲間」に受け入れてもらえないが,KNS ではいかに関心を広げて,世界のあらゆることを把握するか,ということに価値が生まれる。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha