必要

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲9年(2015年)
07月13日 05:18
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

最近よく思うが,大事を成すのに最終的必要なのは「」だ。憎悪は一時的な原動力になることもあるが,最後には邪魔になる。

=}{*}

製品開発していると,「この機能必要に違いない」という思い込みがいかに多いか思い知らされる。単純にするのは勇気がいる。「豪華さ」を捨てる恐れのようなもの。

=}{*}

Coinhive 問題,意外と Coinhive 批判派も多いな。勝手に計算資源を奪われる,という心証の問題なのだろうが,広告閲覧者を煩わせることなく献典コンテンツ)を提供出来る,というアイデア自体は悪くない。ブラウザ側で許可設定・使用率を設定出来るようにする必要があるだろうな。ウェブ標準案件な気がする。

=}{*}

=}{*}

結局のところ,言葉普及させるためには何らかの権威必要で,ただそこに言葉を置いておくだけでは,どんなに質が高かろうと素通りされてしまう。その言葉を使った大きな成果を示すことが出来てはじめて注目してもらえる。私にとってはそれがデライト

=}{*}

テッド・ネルソン集中力に問題があったらしく,それでハイパーテキスト必要としたらしいが,私にはそれがよく分かる。デルンが無かったら今頃どうなっているんだろうと思うくらい,意識が四方八方に拡散している。

=}{*}

要するに,「願望」と「必要」,「あったらいいな」と「なくてはならない」の間の溝は大きい。多くの人は,知能増幅技術に「必要」を感じていない。

=}{*}

前例の無い柔品(ソフトウェア)開発難しさは,とにかくあらゆる要素が予測不能ということにある。何が必要で,どういう壁があるのか,やってみないと何も分からない。だから計画破綻し続ける。それに挑み続けるのは,のようだ。

=}{*}

これは私がデライト開発しながら反面教師として意識し続けていることでもある。とにかく,まだ世界で誰もやっていないことに全力を注ぐ。失敗すれば何も残らない。だからといって恐る恐るでは何も成らない。今の日本には,そういう挑戦必要なのだと。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha